1979~1982 Tantor – Tantor/ Magico y Natural

Tantor - Tantor 1979
評価投稿数: 0
0

1978年後半、「アケラーレ(Aquelarre)」の解散後、エクトル・スタルク(Hector Starc)とロドルフォ・ガルシア(Rodolfo Garcia)の2人の元メンバーは新たなバンド『タントール(Tantor)』を結成し、元「インビシブレ(Invisible)」のマチ・ルフィノ(Machi Rufino)を同バンドに迎え入れた。

後のシングル候補となる2曲を、Phonogramスタジオでレコーディングした後、ライブデビューもしないまま同年11月から翌年3月に渡り、キーボード奏者であるレオ・スジャトビックとリット・ビターレ(Litto Vitale)とのコラボレーションで、初LP発表に向けてレコーディングを行った。

ボーカルが挿入されているのは2曲のみで、その他は全てインストゥルメンタルである。

エクトル・スタルクは音楽雑誌Expreso Imaginarioでのインタビュー内で同作品について次のように語っている。

「インストゥルメンタルな曲に適当に歌詞をつけるのが好きじゃないんだ。大抵こういうジャンルの音楽に付いてくる歌詞はみんなどうでもいいと思っているし、音楽がよければベイビー(nena)ってフレーズを3回程入れておけば万々歳。なんだけど僕はそんなことはしたくないんだ。」

1979年7月2日、アストラル劇場で初めてのコンサートを行い、レオ・スジャトビックもゲストとして参加、その後、様々なホールや小さな要塞でもライブを行った。

年に一度行われる雑誌Pelo内のアンケートで、1979年に輝かしいバンドとして選ばれた一方で、当時のマチとロドルフォの不仲が、バンド活動に支障をきたしていた。(その後ロドルフォは古巣のバンド「Almendra(アルメンドラ)」に戻っている)

出典:http://naveargenta.blogspot.jp/2017/01/tantor-tantor-magico-y-natural-1979-1982.html

【曲目】

1. Guarreras club
2. Niedervohren
3. Llama siempre
4. Oreja y vuelta al ruedo
5. Halitos
6. El sol de la pobreza
7. Carrera de chanchos

 

1982 『Mágico y Natural』

1982 『Mágico y Natural』

1981年中頃、ガルシアとスタルクは音楽シーンにカムバックし、マルセロ・トーレス(Marcelo Torres)をベースとして、またバブ・セルビニョ(Babu Cerviño)をキーボードとして迎え、4人組バンドを結成。

また、10月には「Tantor(タントール)」がセカンドアルバムのレコーディングを終了させ、年末前に発表する予定となっていた。

『Magico y natural』のプロモーション活動のため、様々なステージでのライブに加え、ObrasでのSolidaridad Americanaフェスティバルや第4回B.A Rockフェスティバルにも参加した。B.A Rockフェスティバルでは聴衆の間を象が歩くというサプライズもあった。(バンド名は映画『ターザン』の象が由来である)

さらに彼らの演奏力が発揮されたElectric Circus、Auditorio Buenos Aires、Teatro Astral、Tronadorでの公演も忘れてはならない。

1983年半ば、制作活動での意見の対立がメンバーの関係を徐々に蝕み、解散に至った。

【曲目】

1. Nildo el torpe
2. Siento el eco de tu voz
3. Toda la noche día
4. Después te explico
5. Mágico y natural
6. Albaricoque
7. No me cambies nunca

 

1979~1982 Tantor – Tantor/ Magico y Naturalの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1979~1982 Tantor – Tantor/ Magico y Naturalのメンバー

【『Tantor』(1979)メンバー】

Hector Starc(Guitar)
Rodolfo Garcia(Drums and percussion)
Carlos “Machi” Rufino(Bass and vocal)

ゲスト
Leo Sujatovich(Keyboard and electric piano)
Lito Vitale(Keyboard, synthesizer and string enssemble)

【『Magico y Natural』(1982)メンバー】

Hector Starc(Guitar)
Rodolfo Garcia(Drums, percussion and vocal)
Marcelo Torres(Bass and chorus)
Babu Cerviño(Keyboard and vocal)

 

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1973 Donna Caroll - Donna Caroll

1973 Donna Caroll - Donna Caroll

1970~1973 La Barra de Chocolate - La Barra de Chocolate + Singles

1969 La Barra de Chocolate - La Barra de...

1971 Miguel y el Comite - Para hacer musica, para hacer...

1971 Miguel y el Comite - Para hacer mus...

1970 El Sindykato - El Sindykato

1970 El Sindykato - El Sindykato

1976 Melimelum - Melimelum

1976 Melimelum - Melimelum

1978 Seru Giran & Billy Bond - Demos

1978 Seru Giran & Billy Bond - Demos