1973 Vivencia – Mi Cuarto

1973 Vivencia - Mi Cuarto
評価投稿数: 0
0

「ヴィヴィエンダ(Vivienda)」は、エドゥアルド・ファツィオ(Eduardo Fazio)とエクトル・アヤラ(Hector Ayala)がそれぞれボーカルとギターを担当するデュオだ。

1972年に、オペラ調で主人公セバスティアンの人生を語る1stアルバム『ビダ・イ・ラ・ビダ・デ・セバスティアン(Vida y vida de Sebastian)』でデビューした。

1973年に発売された今作2ndアルバム『ミ・クアルト(Mi Cuarto)』は、彼らの歴史の中で一番のヒットとなった作品であり、同作に収録されている”Los juguetes y los niños”や”Mi cuarto”は、現在アルゼンチンでは懐かしの名曲として親しまれている。

このアルバムでは、彼らが歌詞、演奏テクニック共に大きな進歩を遂げたことが見て取れ、細部まで洗練された作品であると評価されている。

3rdアルバム『Vivencia (1975)』、4thアルバム『Sensitivo(1977)』、5thアルバム『Azules De Otoño(1979)』を発売、

1980年にはオスカル・カルドソ・オカンポ(Oacar Cardoso Ocampo)やマチ・ルフィノ(Machi Rufino)、「スピネッタ・ジェイド(Spinetta Jade)」のディエゴ・ラポポルト(Diego Rapoporto)などがゲストとして参加したコンセプチュアルな1枚『Los Siete Pecados Capitales』を発表し、それから1983年に『パレ・イ・エスクチェ(Pare y Escuche)』をリリースした後に、ヴィヴィエンダは解散している。

出典:La Nave Del Rock Argento

【曲目】

01. Mi cuarto
02. La mañana me reclamó
03. La realidad en la calle
04. El amor que me faltaba
05. Los juguetes y los niños
06. Natalia y Juan Simón
07. Poeta de cartón
08. Pequeño pasajero
09. Chico se fue tu vida
10. Un hombre sin moral

1973 Vivencia – Mi Cuartoの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1973 Vivencia – Mi Cuartoのメンバー

Eduardo Fazio(Guitar and vocal)
Héctor Ayala(Guitar and vocal)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1970 Alta Tension - Alta Tension

1970 Alta Tension - Alta Tension

1972 Pappo's Blues - Volumen 2

1972 Pappo's Blues - Volumen 2

1975 Invisible - Durazno Sangrando

1975 Invisible - Durazno Sangrando

1973 Kubero Diaz - Kubero Diaz y La Pesada

1973 Kubero Diaz - Kubero Diaz y La Pesa...

1970 Los Gatos - Rock de la Mujer Perdida

1970 Los Gatos - Rock de la Mujer Perdid...

1975 Aquelerre - Siesta

1975 Aquelerre - Siesta