1973 Jorge “Flaco” Barral – Chau

1973 Jorge "Flaco" Barral - Chau+Bonus
評価投稿数: 0
0

ホルヘ・バラル(Jorge Barral)はウルグアイロック界にて非常に重要である2つのバンド「オプス・アルファ(Opus Alfa)」と「ディアス・デ・ブルース(Dias de Blues)」を結成したミュージシャンである。

これらのバンドでの活動とは別に、自国を後にする直前に見納めとして、何とも不可解なアルバムを一枚レコーディングしているが、同作は軍事クーデターによりリリースされることは無かった。

バラルの心の叫びは“Esto sigue igual” や“Corazón triste”で顕著に現れている。

また、“Se va muriendo mi aldea”や、別れの手紙である“Chau”にも見られるように、亡命をテーマにしたものも多い。

後者では「ディアス・デ・ブルースの存在を認めてくれた25人にさようなら/何も知らずにただ僕らを見るだけのために来て拍手をくれた1500人にありがとう/ばかな奴らめ」と歌い、最後はお決まりのフレーズ「最後に出る奴は電気を消せよ」でアルバムの終焉を飾っている。

出典:La Nave Del Rock Argento

【曲目】

1. Hoy el sol acaricia
2. No todo es blanco ni es negro
3. Esto sigue igual
4. Yo
5. Ya es tarde
6. No dejes de reír niño
7. Te veo en visiones
8. Se va muriendo mi aldea
9. Chau
ボーナストラック
10. Guachita mia
11. Perro flaco
12. No desesperes mama
13. Es pa tique comienza

1973 Jorge “Flaco” Barral – Chauの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1973 Jorge “Flaco” Barral – Chauのメンバー

Jorge “Flaco” Barral(All the instruments and vocal parts)
Hugo Manzini(Sound engineer)
Hamlet Faux, Estevan Leivas and J. Barral(Music Production)
De la Planta Label(Executive Producer)
.

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1975 Aquelerre - Siesta

1975 Aquelerre - Siesta

1972 Vivencia - Vida y Vida de Sebastian

1972 Vivencia - Vida y Vida de Sebastian

1972 Pedro y Pablo - Conesa

1972 Pedro y Pablo - Conesa

1965 Los Gatos Salvajes - Complete Recordings

1965 Los Gatos Salvajes - Complete Recor...

1970~1973 La Barra de Chocolate - La Barra de Chocolate + Singles

1969 La Barra de Chocolate - La Barra de...

1978 Moris - Fiebre de Vivir

1978 Moris - Fiebre de Vivir