1972 Roque Narvaja – Octubre (mes de cambios)

1972 Roque Narvaja - Octubre (mes de cambios)
評価投稿数: 1
5

ロケ・ナルバハ(Roque Narvaja)は若い時から音楽とつながりを持ってきた。

1966年、17歳の時に彼はラ・ホベン・グアルディア(La Joven Guardia)のリーダーとして活動し、その後リット・ネビア(Litto Nebbia)のバンドの一員として参加した際、”Muerte en la catedral”をともに製作。

1972年、彼は卓越した作曲家として、また多才な演奏家として、アルゼンチン・フォークの最高峰と称される『Octubre (mes de cambios)』をかかげて、ソロ活動をはじめた。

このアルバムには”Revolución mi amor”や、”Camilo y Ernesto”[革命家のカミロ・シエンフエゴス(Camilo Cienfuegos)とエルネスト・チェ・ゲバラ(Ernesto Che Guevara)についての楽曲]、ナルバハ自身が「最初の喪失の一つであり、閉ざされた世界の革命を象徴している」と評した、ルイス・プハルス (Luis Pujals)[労働者革命党(PRT)の戦闘員]に捧げた”Balada para Luis”などに見られる、良質な音楽に社会的メッセージの強い内容と洗練された歌詞を融合させた楽曲が収められている。

ナルバハは、政権を脅かす左翼寄りのアーティストの一人として見なされたため、彼の作る楽曲は当時の政府からは歓迎されなかった。

その後、彼は”Primavera para un valle de lágrimas” (1973)、そして1974年には彼自身のサポートバンドを結成し、フォークの影響を色濃く受けたLPとなる”Chimango”をそれぞれリリース。

トリオのメンバーはベースにエルネスト・フランコ(Ernesto Franco)、ギターにはダニエル・ベラルディ(Daniel Berardi)、ドラムにトラパ(Trapa)を据えて結成された。

幾年もの政治紛争のさなか、ナルバハは”Amen”と呼ばれる楽曲の製作を行っていたが、政府の検閲のためその楽曲が発売されることはなかった。

1977年4月4日、アルゼンチンの軍事独裁政権による度重なる迫害を受けた後、彼は妻と息子を連れてマドリード(Madrid)へ亡命することを決め、その間よりポップでありながら歌詞の力強さを失うことなく、少しずつ音楽のスタイルを変え、さらなるキャリアを積むことになった。

この時期に、彼の作品のなかで最も人々に認識される楽曲となる”Menta y limón” と “Yo quería ser mayor”の二つが生まれることになった。

1989年、ナルバハは38歳の時にアルゼンチンに帰国し、1995年まで住むことになるフニン(Junín)へと移った。彼は2008年からはロサリオ市[Rosario(サンタフェ州)]に住み、機会があるごとに彼の音楽への解釈を人々に伝えている。

出典:http://naveargenta.blogspot.jp/2017/04/roque-narvaja-octubre-mes-de-cambios.html

【曲目】

01 – Traigan vino
02 – De leche y miel
03 – Balada para Luis
04 – Revolución mi amor
05 – Sobre la confusión
06 – Octubre (mes de cambios)
07 – Camilo y Ernesto
08 – A través de los Andes

1972 Roque Narvaja – Octubre (mes de cambios)の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972 Roque Narvaja – Octubre (mes de cambios) SKU UPC Model
ロケ・ナルバハのこのアルバムは、1970代フォークの明るさがつまった作品です。アメリカのようにカント
益子さん 

51歳  |  
奈良県  |  
建築士  |  
2017/5/07
5

ロケ・ナルバハのこのアルバムは、
1970代フォークの明るさがつまった作品です。

アメリカのようにカントリーに起因したものではなく
伝統音楽にもとずいた、民族性の強いもので、
それでいてポップでたまにロック、そして声は温かみのあるのが、
ロケ・ナルバハという歌手です。
雲間にさしこむ光にも似ています。

聴いたきっかけ:アルゼンチンフォークが好きだから
5.0 5.0 1 1 ロケ・ナルバハのこのアルバムは、1970代フォークの明るさがつまった作品です。アメリカのようにカントリーに起因したもので 1972 Roque Narvaja – Octubre (mes de cambios)

1972 Roque Narvaja – Octubre (mes de cambios)のメンバー

Roque Narvaja (Vocal, 6 and 12 string guitar, charango, harmonica, flute)
Litto Nebbia (Piano, vocals)
Cacho Arce (Drums)
Cacho Lafalce (Bass)
Domingo Cura (Percussion)
Uña Ramos (Quena)
Miguel Cantilo (Chorus)
Jorge Durietz (Chorus)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1972 Genesis - Genesis + Bonus

1972 Genesis - Genesis + Bonus

1974 Litto Nebbia - Melopea

1974 Litto Nebbia - Melopea

1970 Trio Galleta - Estoy Herido

1970 Trio Galleta - Estoy Herido

1972 Malon

1972 Malon(Juan Carlos Caceres)- El Cami...

1975 Aquelerre - Siesta

1975 Aquelerre - Siesta

1972 Gabriela - Single

1972 Gabriela - Single