1971 Miguel y el Comite – Para hacer musica, para hacer…

1971 Miguel y el Comite - Para hacer musica, para hacer...
評価投稿数: 0
0

活動期間中に一枚のみアルバムを発表したウルグアイのバンド「ミゲル・イ・コミテ(Miguel y Comite)」。

エル・シンディカト(El Sindykato)」の初期メンバーだったミゲル・リビチック(Miguel Livichich)は同バンドを去り、1971年に「ミゲル・イ・コミテ」を結成し、ロックビートとカンドンベを融合させたこのバンドのマネージャー兼リーダーを務めた。

“El Chofer”からも読み取れるように、政治や社会に反発した歌詞で、海外から入ってきた音楽を否定していた為、アンチヒッピーを謳っていると取られてもおかしくはなかった。

1972年、Sondorスタジオでアルバム『パラ・アセ−ル・ムシカ・パラ・アセール(Para hacer musica, para hacer 訳:音楽をする為に、音楽を‥)』をレコーディングした。

ギターが主張する中、パーカッションも全面にでてくるように仕上がっており、時折メロディックに、そしてアルバムのタイトルになった曲のようにハードでアシッドなものもある。

⑤”Que me importa”はルーベン・ラダ(Rada)が「エル・キント(El Kinto)」の為に作曲したものであるが、同アルバムでは何とも味わい深い形にリメイクされている。アルバムの締めくくりは「ロス・シェイカーズ(Los Shakers)」に敬意を表し⑪”Rompan Todo (divague)”で終わっている。

本作品は短い活動期間の中でリリースした素晴らしい一枚である。

出典:http://naveargenta.blogspot.jp/2016/08/miguel-y-el-comite-para-hacer-musica.html

【曲目】

1. Para hacer música, para hacer…
2. No va más (ya)
3. Choro del “Caboca”
4. Mi sol
5. Qué me importa
6. Junto al mar
7. No ves que no cabe
8. El chofer
9. Candombe triste
10. Hiroshima (1945)
11. Rompan todo (divague)

ボーナストラック

12.Mala-Mala (Simple Lado B – 1972)

1971 Miguel y el Comite – Para hacer musica, para hacer…の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1971 Miguel y el Comite – Para hacer musica, para hacer…のメンバー

Miguel A. Livichich(Vocal, guitar, bongos)
Washington Pechetto(Drums)
Cacho Bengoechea:(Lead Guitar)
Josá M. Sanguinetti(Rhythm Guitar)
Gustavo Luján(Bass)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1972 Piel de Pueblo - Rock de las Heridas

1972 Piel de Pueblo - Rock de las Herida...

1973 Psiglo - Ideacion + Bonus

1973 Psiglo - Ideacion + Bonus

1973 David Lebon - David Lebon

1973 David Lebon - David Lebon

1970~1973 La Barra de Chocolate - La Barra de Chocolate + Singles

1969 La Barra de Chocolate - La Barra de...

1978 Moris - Fiebre de Vivir

1978 Moris - Fiebre de Vivir

1978 Raíces - B.O.V Dombe

1978 Raíces - B.O.V Dombe