1970 Trio Galleta – Estoy Herido

1970 Trio Galleta - Estoy Herido
評価投稿数: 0
0

「トリオ・ガジェタ(Trio Galleta)」は、カルロス・イトゥルベ(Carlos Iturbe)、フアン・カルロス・サポリティ(Juan Carlos Saporiti)、アニバル・コンテ(Anibal Conte)の三人によって結成された、アルゼンチンのロック&ソウルバンド。

アニバル・コンテのブラジルへの旅の間はダニエル・ポサス(Daniel Pozas)がライブで代わりを務めていた。

1970年、英語での歌詞が受け入れられなくなっていた頃に、彼らは英語歌詞の1stアルバム『エストイ・エリド(Estoy Herido)』をOderon Recordsレーベルより発表。

このアルバムでは、タイトルにもなった「ビル・ディール・アンド・ザ・ロンデルズ(Bill Deal and the Rhondels)」の”I’ve Been Hurt”から、米国のバンド「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)」のカバー”Río Verde”、「ザ・ドアーズ(The Doors)」のカバー”Enciende Mi Fuego”(Light My Fire)といった、あらゆるロック&ソウルの楽曲をカバーしており、どの曲もカルロス・イトゥルベのしゃがれ声がいい味を出している。

1971年にはアルバム2ndアルバム『ガジェタ・ソウル(Galleta Soul)』を発表。

トリオ・ガジェタは、セカンドアルバムでもオーティス・レディング(Otis Tedding)、ジェームス・ブラウン(James Brown)、レイ・チャールズ(Rey Charles)、「スタックス(Stax)レーベル」、ウィルソン・ピケット(Wilson Pickett)、ジョニー・テイラー(Johnny Taylor)、「モータウン(Motown)」、「ジェフ・ベック・グループ(Jeff Beck Group)」、「ビル・ディール・アンド・ザ・ロンデルズ」、スティーブ・クルーパー(Steve Crooper)、「スモール・フェイスィズ(Small Faces)」の影響を多いに受けているが、

前作のようにカバー曲のみに留まらず、全12曲の内の8曲はカルロス・イトゥルベが作曲、コンテが作詞したものであった。

ジャケットの裏面には「LSDから人種差別までをテーマとして取り上げている」と書かれている。

同アルバム発表と同時に、「トリオ・ガジェタ(Trio Galleta)」は、海外でも人気を博すようになり、特にブラジルでは14週連続売上げ1位の座を獲得したり、テレビ局Rede Globoと契約したりもした。

1972年にはイトゥルベとコンテによる楽曲”Estoy tan feliz” (I Am So Happy)がブラジルのヒットチャート100の内、37位にランクイン。(1986年にはEMI-Odeonからリリースされたブラジルのゴールデンディスク集全14曲中の1曲として収録もされている。)

1975年、イトゥルベはエドゥアルド・サンツ(Eduardo Sanz)をギターに、そしてリト・オルモス(Lito Ormos)をベース、ホセ・マリア(Jose Maria)をドラムに迎え、バンドを4人に再編成した後、アルバム『ガジェタ(Galleta)』を1975年にリリースした。

バンドの根底であるソウルスタイルは崩さず、今度は「テン・イヤーズ・アフター(Ten Years After)」のようなイギリスのハードロックバンドのカバーをした。

しかしながら、当時ラテンアメリカは混乱の時代に入っており、売れ行きは伸び悩んだ。

尚、ブラジルにおいてカルロス・イトゥルベはアルゼンチン出身のロックスターの代表格であり、「トリオ・ガジェタ」の音楽は「ザ・フィーバーズ(The Fevers)」などのブラジルのロックバンドに、今でも多大な影響を与え続けている。

出典:La Nave Del Rock Argento

【曲目】

1. Estoy herido
2. Golpes diferentes
3. Río verde
4. La rueca
5. Sentado sobre el muelle de la bahia
6. Estoy obsesionado
7. Lodi
8. Enciende mi fuego
9. Nosotros conseguiremos más almas
10. Nena, nosotros podemos alcanzarlo
11. Has visto sus ojos
12. Jambalaya

1970 Trio Galleta – Estoy Heridoの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Trio Galleta – Estoy Heridoのメンバー

Carlos Iturbide(Vocal, guitar)
Anibal Conte(Bass)
Juan Carlos Saporiti(Drums)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1970 El Sindykato - El Sindykato

1970 El Sindykato - El Sindykato

1973 Jesús Figueroa - Jesús Con Todos

1973 Jesús Figueroa - Jesús Con Todos

1973 David Lebon - David Lebon

1973 David Lebon - David Lebon

1972 Pescado Rabioso - Destormentandonos

1972 Pescado Rabioso - Destormentandonos

1970~1973 La Barra de Chocolate - La Barra de Chocolate + Singles

1969 La Barra de Chocolate - La Barra de...

1976 Plofemo - Polifemo I + Simples

1976 Plofemo - Polifemo I + Simples