1970 El Sindykato – El Sindykato

1970 El Sindykato - El Sindykato
評価投稿数: 1
4

エル・シンディカト(El Sindicato)は、いくつかの点があの60年代のイギリスのグループを思い出させるサイケデリックな傾向によって、彼らの音楽スタイルはより60年代風に見えるが、あの時代に生まれたプシグロ(Psiglo)とともに、60年代終わりから70年代前半にかけてのウルグアイのグループである。

彼らの音楽は、特にファーストアルバムにおいて、ロックとサイケデリックが混ざり合ったカンドンベのスタイルであった。

グループの最初のリハーサルは4人の創立メンバーの参加で、1969年9月1日に行われた。

フアン・デル・クレスセンシオ(Fuan Del Crescrnzio)、ミゲル・A・リビチッチ(Miguel Livichichi)、オスカル・リアル(Oscar Rial)、カルロス・テイツイ(Carlos Tizzi)、
オスカル・リアル(Oscar Rial)、カルロス・テイツイ(Carlos Tizzi)、

その何週間後かに、サンティアゴ・ポッジ(santiago Pggi)がグループに加わった。

1969年のピリアポリス・ビートミュージックフェステイバルにおいて、1931年に起きた有名なペナル・デル・プンタ・カレンタス(Penal Del Punta Carrentas)の逃亡を題材にした、リーダー、ミゲルの作曲による”La fuga de la carbonería”という歌で一位となった(その歌は、犯罪への賛美であるとして、いくつかのメデイアから批判された)。

この時期に、彼らの初LPに含まれる”Montevideo”のテーマの録音に参加した、チチートことカブラル(Cabral)がグループの一員となった。

2枚目のアルバムを出すまでに、ミゲル・リビチッチは『Miguel y el Comite』を結成するためにグループから抜けたため、その代わりにマリオ・ポッジ(MarioPoggi)がリコーダーとして、エクトル・テヘラ(HectorTejera)がコンゴ担当で加わった。

フアン・デ・クレスセンシオはソロシンガーとなった。

彼らの音楽は、カンドンベとメランコリーな歌の間で揺れ動き、バロックに似たものもあった。

だらだらとした音楽編成の中に、もっとアコースティックなフォーカスを強調しなければならない。

結果は、ルビチッチのエネルギーが抜けたものの、最高に入念な仕上げのよりゆったりとしたアルバムになった。

”Vuelve a tu país”はグループによる3枚目、そして最後のレコードとなり、そしてクレスセンシオ、テイツイ、リアルとの別れに耐えなければならないのだ。

エレキギターのミンゴ・ロベルチーノ(Mingo Rovertino)、ブッビー・パオリージョ、ワーテル・ベナンシオがベース、ホルヘ・ガレミーレ(Jorge Garemile)がギターとしてグループに入ることになった。

それはさらに顕著なアコースティックへの傾倒である。

そしてカンドンベだけではなく、さらにまたフォルクローレのリズムも前にもまして混在している。

打楽器のセクションは、キーボードと同じく主役としての時期を迎えているが、常に存在するのは魅力的なパッセージと共に、フルートである。

出典:http://naveargenta.blogspot.jp/2017/04/el-sindykato-el-sindykato-uruguay-1970.html

【曲目】

01- Tren De Ratones
02- Mira Por Mí
03- Señor Dolor
04- Los Pañuelos
05- Haz De Luz
06- Ciudad De Los Muertos
07- Montevideo
08- Adivina
09- Nunca Pude
10- Tu Nombre Y La Calle
11- Rimándote Con La I
12- La Fuga De La Carbonería
13- Graf Spee – Bonus Track (Simple-1970)

1970 El Sindykato – El Sindykatoの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 El Sindykato – El Sindykato SKU UPC Model
El Sindicatoは、ブルースやロックンロールを主体にしながら、サイケデリックな要素もある、しっちゃかめっち
せいじさん 

47歳  |  
群馬県  |  
会社員  |  
2017/4/28
4

El Sindicatoは、ブルースやロックンロールを主体にしながら、
サイケデリックな要素もある、しっちゃかめっちゃかのサウンドです。
ハモンドオルガンがあるので、ガレージバンドの雰囲気もあります。

聴いたきっかけ:サイケデリックが好きだから
4.0 4.0 1 1 El Sindicatoは、ブルースやロックンロールを主体にしながら、サイケデリックな要素もある、しっちゃかめっちゃかのサウンドです。 1970 El Sindykato – El Sindykato

1970 El Sindykato – El Sindykatoのメンバー

Carlos Tizzi : Bajo, voces
Miguel Livichich : Guitarra, voz
Juan Des Crescenzio : Guitarra, voz
Oscar Rial : Bateria, percusion, voces
Santiago Poggi : Teclados, organo, piano

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1976 Plofemo - Polifemo I + Simples

1976 Plofemo - Polifemo I + Simples

1973 Vivencia - Mi Cuarto

1973 Vivencia - Mi Cuarto

1972 Carola - Simple

1972 Carola - Simple

1972 Piel de Pueblo - Rock de las Heridas

1972 Piel de Pueblo - Rock de las Herida...

1973 David Lebon - David Lebon

1973 David Lebon - David Lebon

1965 Los Gatos Salvajes - Complete Recordings

1965 Los Gatos Salvajes - Complete Recor...