1964 Sandro – Sandro y los de Fuego

1964 Sandro - Sandro y los de Fuego
評価投稿数: 0
0

「サンドロ・イ・ロス・デ・フエゴ(Sandro y Los de Fuego)」はアルゼンチンロックンロール初期のバンドである。

サンドロ(Sandro)をリーダーに1960年に結成され、アルゼンチンロックのパイオニアだと称された。

バンド結成時、サンドロはギタリスト、そして数人いたボーカルの一人という形で活動をしていたが、その後ギターを置いてリードボーカルの座に付き、バンドのフロントマンとしての役割を果たすようになった。

「サンドロ・イ・ロス・デ・フエゴ(Sandro y Los de Fuego)」と名乗るようになったのは1963年のことであった。

同バンドはイギリスやアメリカのクラシックバンドの楽曲をスペイン語でカバーするため、ビートルズ(The Beatles)、エルビス(Elvis)、チャック・ベリー(Chuck Berry)、レイ・チャールズ(Ray Charles)、リトル・リチャード(Little Richard)、アニマルズ(The Animals)そしてボブ・ディラン(Bob Dylan)の楽曲を使った。

ここで最も重要なのは、カバーのみならず、サンドロ自身が作曲した曲”Los brazos en cruz”、”El trovador”、”Solo y sin ti”、”Queda poco tiempo”、”Ave de Paso”なども発表しているということである。

歌い方のみならず見た目も動き方も、サンドロがエルビスにインスパイアーされて真似していたことが一目瞭然であったが、後に彼はラテンアメリカ出身の歌手の一人として世界中に知られる事となる。

1964年に”Hay mucha agitación”をレコーディングし、アルゼンチンのテレビ番組で披露した。

その時もサンドロはまさにエルヴィス・プレスリーのような衣装を纏い振る舞っていた。

彼のステージでのパフォーマンスは物議を醸し出し、常にバッシング対象の境界線に立たされていた。

一方で彼はエルヴィス・プレスリーの初期の真似ごとをしたことにより「クリオーリョ・エルビス」、「ラテン・エルヴィス」などと呼ばれ、毎回ステージの端から端までを飛び回り、膝で床をスライドして番組が終わる頃には、オーディエンスは体を揺らし、叫び、泣き、当時の若いファンの中には失神する人もいた。

幸か不幸か批判的な意見が話題となり、ヒットチャートでの彼らのランキングと売上げはどんどん上がっていった。

1966年にサンドロがメロディックでロマンティックな音楽を求め、完全なソロ活動に向けて動き出した為、バンドは解散することとなった。

出典:La Nave Del Rock Argento

【曲目】

1. Te conseguiré
2. Peggy Peggy
3. Hay mucha agitación
4. Un mundo sin amor
5. Anochecer de un día agitado
6. No puedo esperarte más… nena
7. En mi mente
8. Lágrimas solitarias
9. Hippy Hippy Shake
10. Pintados por Dios
11. Sospecha
12. Los brazos en cruz
13. Alegría por todas partes
14. Niñito
ボーナストラック
15. My Bonnie
16. Chin Chin
17. El dinero no puede comprarme amor

1964 Sandro – Sandro y los de Fuegoの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1964 Sandro – Sandro y los de Fuegoのメンバー

Sandro(Vocal)
Juan José Sandri(Guitar)
Enrique Irigoytía(Rhythm guitar)
Héctor Centurión(Base)
Armando “Cacho” Quiroga(Drums)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1973 Jorge "Flaco" Barral - Chau+Bonus

1973 Jorge "Flaco" Barral - Chau

1972 Moonlights - Moonlights

1972 Moonlights - Moonlights

1978 Seru Giran & Billy Bond - Demos

1978 Seru Giran & Billy Bond - Demos

1972 Pescado Rabioso - Destormentandonos

1972 Pescado Rabioso - Destormentandonos

1973 David Lebon - David Lebon

1973 David Lebon - David Lebon

1973 Psiglo - Ideacion + Bonus

1973 Psiglo - Ideacion + Bonus