1970 Sweet Stavin Chain – Sweet Stavin Chain

1970 Sweet Stavin Chain - Sweet Stavin Chain
評価投稿数: 1
4

1960年後半の音楽業界において、いったい、どれくらいのホーン・バンドがレコードを出すチャンスに恵まれただろうか。

そのなかでブレイクスルーした8人組がいる。

彼らはフィラデルフィア出身のスウィート・スタヴィン・チェイン(Sweet Stavin Chain)。1960年代後半から1970年代初頭にかけて活躍した。

バンドは1970年にデビューした。

プロデューサーのシェル・ケーガン(Shel Kagan)が、ニューヨークで録音。

正確には全てがオリジナルだったわけではなく、オリジナル、カバー、ミックスとなっている。クールなメルトダウンとギターがフェードアウトするトラック“Take a Minute”、“I Need Love”、“I’m Tore Down”は、同世代のホーン・バンドよりもブルース色が強い。

“I Need Love”では、リードシンガーのジョン・バッセル(John Bussell)がフラットに歌い、リードギターのダニー・スタロビン(Danny Starobin)が、鋭いソロを披露している。

特に素晴らしいトラックを選ぶとしたら、T-ボーン・ウォーカー(T-Bone Walker)のカバー曲 “Stormy Monday Blues”。

今も愛され続けている巨匠キング・カーティス(King Curtis)が、テナーサックスで参加していたりと凄い。サイケデリック・ブルース、ブラス・ロックのセンセーショナルなアルバムだ。

Written by Marios

【曲目】

1. Danny’s Rock Song: Intro
2. Are You Lonely For Me Baby
3. Take A Minute
4. I Need Love
5. I’m Tore Down
6. Stormy Monday Blues
7. Teddy Bear’s Picnic
8. Danny’s Rock Song: Finale

1970 Sweet Stavin Chain – Sweet Stavin Chainの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Sweet Stavin Chain – Sweet Stavin Chain SKU UPC Model
スウィート・スタヴィン・チェインは、遅れてきたブルースロックバンドといってよい。時代はもうハード
ジーザス神辺さん 

48歳  |  
東京都  |  
医師  |  
2017/5/06
4

スウィート・スタヴィン・チェインは、
遅れてきたブルースロックバンドといってよい。
時代はもうハードロックとシンガー・ソング・ライターに向かっていた。
多分、メンバーでブルースをしたい連中がいたのだろう。
8人もメンバーがいるので、ホーンセクションが豪快に鳴っていたり
女性コーラスが味わいを添える曲もある。
ボーカルは、カントリー出といった感じのTony Joe White に近く
同年発売された'Polk Salad Annie'にも共通点を感じるし、
エルヴィス・プレスリーに影響を与えられているといっても否定できないだろう。
向かっている方向性は、いまいちつかめないが
女性コーラス、ホーンセクション、ボーカルの声がしぶい、ブルースが加味
されたら、自然とデラニー&ボニー、サザンロックスタイルとなっていた
という感じのグループだ。ちょっと、スタックス・ソウル的なブラスアレンジもある。

聴いたきっかけ:ジャケ買い
4.0 4.0 1 1 スウィート・スタヴィン・チェインは、遅れてきたブルースロックバンドといってよい。時代はもうハードロックとシンガー・ソ 1970 Sweet Stavin Chain – Sweet Stavin Chain

1970 Sweet Stavin Chain – Sweet Stavin Chainのメンバー

The Sweet Stavin Chain

Mike McCarthy – Bass
Bobby Blumenthal – Drums
Greg Scott – Horns
John Brunner – Horns
Sheldon Ginsburg – Keyboards, Horns
Steve Bernstein – Horns
Dave Maxwell – Keyboards
Vic Rose – Keyboards
Danny Starobin – Lead Guitar, Vocals
John Bussell – Lead Vocals, Guitar
Steve Sykes – Rhythm Guitar
With
King Curtis – Tenor Sax

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969 Moby Grape - Wow

1968 Moby Grape - Wow

1969 William R. Strickland - Is Only The Name

1969 William R. Strickland - Is Only The...

1967 Art - Supernatural Fairy Tales

1967 Art - Supernatural Fairy Tales

1969 T.I.M.E. - Smooth Ball

1969 T.I.M.E. - Smooth Ball

1969 Stone Country - Stone Country

1968 Stone Country - Stone Country

The Moon - Without Earth

1968 The Moon - Without Earth