1968 タイム(T.I.M.E.) – T.I.M.E.

1968 T.I.M.E. - T.I.M.E.

評価投稿数: 0
0

タイム(T.I.M.E.)はTrust In Me Everywhereの頭文字をとったアメリカのサイケデリックロックバンドである。

洗練されたガレージポップサイケバンドであるハードタイムス(Hardtimes)から派生したグループ。

あまり評価されなかった彼らのデビューアルバムは、1968年にリバティ・レコード(Liberty Records)からダイカットの見開きカバーでリリースされた。

このアルバムには、深いボーカルのハーモニーと力強いギターとオルガンのプレイを基調とし、ガレージロックとサイケポップの間に位置づけされる、キャッチーで覚えやすい曲が盛り込まれている。

暗く独特の雰囲気を持つ重めのトラックから、軽い感じのトラックまで、音楽そのものは多様である。

ザ・ビートルズ(The Beatles)、ザ・バーズ(The Byrds)、ザ・ホリーズ(The Hollies)、バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)といったバンドの影響を受けていることは間違いない。

Written by Marios

【曲目】

1. Tripping Into Sunshine
2. Label It Love
3. Finder’s Keepers
4. Love You, Cherish You
5. Make It Alright
6. Let The Colors Keep On
7. You Changed It All
8. I Really Love You
9. Make Love To You
10.I Can’t Find It
11.What Can It Be
12.Take Me Along
13.What Would Life Be Without It (Single)

1968 タイム(T.I.M.E.) – T.I.M.E.の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1968 タイム(T.I.M.E.) – T.I.M.E.のメンバー

Larry Byrom – Guitar
Bill Richardson – Guitar
Nick St. Nicholas – Bass
Steve Rumph – Drums.

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう