1974 Sameti – Hungry For Love

1974 Sameti - Hungry For Love
評価投稿数: 0
0

サメチ(Sameti)は1971年にドイツのミュンヘン・ドイツで結成されたアモン・デュール(Amon Duul)のクリスティアン・ティーレ(Christian Thiele)とハリス・ジョンズ(Harris Johns)によって結成された、いわゆるジャーマン・アンダーグラウンド・バンドだ。

彼らはミュンヘンの伝説的なPNクラブと、ベルリンのスポーツパレスで行われた最初のハーズバーグフェスティバルやダス・エルステ・プログレッシヴズ・ポップ・フェスティバルといったいくつかのフェスティバルで演奏した。

数ヶ月後、シラットはバンドを離れた。残りのメンバーはトリオとして続けたが、それは数ヶ月間だけだった。

オリジナルのバンドは、不思議なアモン・デュール・II(Amon Duul II)とホークウィンド(Hawkwind)スタイルで音楽を制作した。

特に素晴らしい即興作品の”Another Way To See Improvisation”が有名である。

シラットのボーカルはアモン・デュール・IIではまれにしか聴く事が出来ないが、最も奇妙なものとして出てきており、クラウトロック・スタイルの高い次元の派生的なブレンドにユニークなタッチを加えている。

【曲目】

01. Intro – 1:25
02. Do You Really Love Me – 2:57
03. We’re Gonna Make You Feel Allright – 3:27
04. Sweet Angel – 5:43
05. Peppermint Bar – 2:49
06. Ain’t Got No Peace – 4:16
07. Save Me – 3:43
08. I’m Not A Looser – 3:49
09. Baby Please Love Me – 4:15
10. More And More – 8:41

1974 Sameti – Hungry For Love の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1974 Sameti – Hungry For Love のメンバー

Christian Thiele (Shrat) – リード・ボーカル
Daniel Alumno – ドラム
Jorg Evers – ギター、ボーカル
Robby Heibl – ベース、ボーカル
Bernd Weber – ギター、ボーカル

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1974 Epsilon

1974 Epsilon - Epsilon Off

1970 Orange Peel - Orange Peel

1970 Orange Peel - Orange Peel