1974 Mott The Hoople ‎– The Hoople

1974 Mott The Hoople ‎– The Hoople
評価投稿数: 0
0

1972年、モット・ザ・フープル(Mott The Hoople)は移籍後、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)がプロデュースしたエキサイティングなアルバム『All the Young Dudes』でスタートを切り、バンドは新しい方向へ動いた。しかし、1973年セルフプロデュースした2枚目『Mott』は、非常に強烈だったためか、不当な批判にさらされた。

それから1973年、オルガニストのヴァーデン・アレン(Verden Allen) と、リードギターのミック・ラルフス(Mick Ralphs) がバンドを脱退。

彼らの代わりとして、ジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)、トミー・ボーリン(Tommy Bolin)、ロニー・モントローズ(Ronnie Montrose)が新メンバーとして検討された。

そして、ルーサー・グロヴナー(Luther Grosvenor)も選ばれたが、彼はアイランド・レコードとまだ契約中だったため、アリエル・ベンダー (Ariel Bender)という名前で参加した。

1974年に発表されたモット・ザ・フープルのアルバム『The Hoople』は、イギリスではCBSレコード(CBS Records)から、アメリカではコロンビア・レコード(Columbia Records)からリリースされたレコード会社移籍後、3枚目のアルバムである。

状況の変化は、バンドを変化させた。

まずボーカルのイアン・ハンターは、今や誰もが認めるバンドのリーダーである。グロヴナーはラルフスと違って曲は作らなかったため、ハンターが一人で曲作りをした。

イアン・ハンターは時代の先を行っていた。②“Marionette” は、ハンターの5分間のミニオペラで、企業としてのロックミュージックが、アーティストに与える影響について表現している。『The Hoople』に、なくてはならない楽曲だ。ちなみに『The Hoople』は イギリスでアルバムチャート11位(#11)のヒットとなった。

シングルも⑨“Roll Away the Stone” が、イギリスでトップテン入りした。① “The Golden Age Of Rock ‘n’ Roll” は16位( #16)のヒット。

ハンターは、驚異的に新しい曲を作り、モット・ザ・フープルは確かな進化を遂げる。多様性がもたらされ、パワーアップしたのだ。イアン・ハンターの功績は大きい。

Written by Marios

【曲目】

1. The Golden Age of Rock ‘n’ Roll
2. Marionette
3. Alice
4. Crash Street Kidds
5. Born Late ’58 (Overend Watts)
6. Trudi’s Song
7. Pearl ‘N’ Roy (England)
8. Through the Looking Glass
9. Roll Away the Stone
10.Where Do You All Come From (B-side)
11.Rest in Peace (B-side of “The Golden Age of Rock ‘n’ Roll” single)
12.Foxy, Foxy (Non-LP single A-side) 1
13.(Do You Remember The) Saturday Gigs (Non-LP single A-side)
14.The Saturday Kids (Work in progress mixes)
15.Lounge Lizzard (Aborted single b-side)
16.American Pie/The Golden Age of Rock ‘N’ Roll (Live from Broadway)

1974 Mott The Hoople ‎– The Hoopleの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1974 Mott The Hoople ‎– The Hoopleのメンバー

Ian Hunter – Vocals, Rhythm Guitar, Keyboards
Pete “Overend” Watts – Bass Guitar, Vocals, Riff Guitar, 12-String Guitar
Dale “Buffin” Griffin – Drums, Vocals, Percussion
Ariel Bender (Luther Grosvenor) – Lead Guitar, Vocals, Slide Guitar
Morgan Fisher – Organ, Synthesizer, Piano
Guest Musicians
Howie Casey – Tenor Saxophone
Jock McPherson – Baritone, Tenor Saxophone
Mike Hurwitz – Cello
Lynsey De Paul – Backing Vocals
Mick Ralphs – Backing Vocals, Rhythm Guitar
Graham Preskett – Violin, Tubular Bells
Sue Glover, Sunny Leslie – Backing Vocals
Barry St. John – Backing Vocals
Thunderthighs (Karen Friedman, Dari Lalou, Casey Synge) – Backing Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969~1972 Mott The Hoople - Two Miles From Heaven

1969~1972 Mott The Hoople - Two Miles Fr...

1972 Stackridge - Friendliness

1972 Stackridge - Friendliness

1969 Mott The Hoople - Mott The Hoople

1969 Mott The Hoople - Mott The Hoople

1972 Mott The Hoople - All The Young Dudes

1972 Mott The Hoople - All The Young Dud...