1978 Caedmon ‎– Caedmon

1978 Caedmon ‎– Caedmon
評価投稿数: 0
0

7世紀のアングロサクソンの詩人に因んで名付けられた「カイドモン(CAEDMON)」は1973年、エジンバラ大学の獣医学の学生によるトリオとして結成された。

このグループの初期のレパートリーは伝統的なフォークとスピリチュアル、カバー曲であった。

バンドはその次の年に人数を増やしてカルテットになり、ツアーを行っていった。

エジンバラで解散する1978年の、ほぼ6年前の話である。

このバンドの唯一のスタジオアルバムは、わずか500枚の自費制作、個人レーベルでの発表であった。

彼らは自分達の曲の長さについて計算違いをしてしまい、アナログのアルバムの付録となったシングルの販売が打ち切られた。

これには2002年発売の「キッシング・スペル(Kissing Spell)」による再発CDの6曲目と12曲目に収録された曲が含まれている、

このバンドはペンタングル(PENTANGLE)とフェアポート・コンヴェンション(FAIRPORT CONVENTION)、そして少なくとも一度コンサートに出演したことのある、熱狂的キリスト教信者としても知られるウォーター・イントゥ・ワイン・バンド(WATER INTO WINE BAND)に影響を受けていると言われている。

彼らの優しくスピリチュアルな詩は、同時代のラリー・モーガン(LARRY NORMAN)やパーチメント(PARCHMENT)、アフター・ザ・ファイアー(AFTER THE FIRE)といったミュージシャンから多くのインスピレーションを受けたものである。

新曲の制作や、彼らの未出版のスタジオ録音やライブ録音の曲がリリースされることへの期待を抱いて、カイドモンは2008年に再結成された。

このバンドのたったひとつのスタジオ作品は、クラシック・アコースティック・プログレッシヴ・フォーク・アルバムとして、また、70年代に起こった音楽のキリスト教へのムーブメントの確かな例として広く認知されている。

【曲目】

01. Ten Maidens Fair (Patterson) – 4:17
02. Maker Man (Patterson) – 3:15
03. Death Of A Fox (Bisset) – 4:18
04. Sea Song (Jaquet) – 5:35
05. Aslan (Jaquet) – 4:15
06. Beyond The Second Mile (Wilson) – 6:45
07. Living In The Sunshine (Bisset) – 3:27
08. Storm (Caedmon) – 6:06
09. Columbus’ Song (Bisset) – 2:21
10. Smile On Your Face (Jaquet) – 4:35
11. Caedmon’s Hymn (Bisset) – 4:15
12. Give Me (Traditional) – 4:15

1978 Caedmon ‎– Caedmon の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1978 Caedmon ‎– Caedmon のメンバー

Angela Naylor – ボーカル
Simon Jaquet – ボーカル、ギター、マンドリン
Jim Bisset – ボーカル、エレキギター
Ken Patterson – ボーカル、ピアノ、チェロ
Sam Wilson – ボーカル、ベース

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Bridget St John - Dandelion Albums

1969~1972「ブリジット・セント・ジョン」Bridget St Johnに...

1971 Steve Tilston - An Acoustic Confusion

1971 Steve Tilston - An Acoustic Confusi...