1971 Steve Tilston – An Acoustic Confusion

1971 Steve Tilston - An Acoustic Confusion
評価投稿数: 0
0

スティーブ・ティルストン(Steve Tilston)は1950年5月26日生まれのイギリス、リバプール出身、ニック・ドレイク(Nick Drake)タイプのSSWでトラッド・フォーク歌手である。

1971年にファースト・アルバム『An Acoustic Confusion 』を発表。

今回、CDとして再発された『Acoustic Confusion』は、オリジナルの10曲にくわえ、未発表の1978年頃録音された2曲がボーナストラックとして収録されている。

スティーブ・ティルストンと仲間たちは、ボーカルやギターソロから、全て完璧なハーモニカ、ストリング・ベース、ヴァイオリン、極上のギター、そしてボーカルに至るまでの、それぞれの演奏パートにおいて、『An Acoustic Confusion』で驚くべき成熟した演奏を聴かせてくれる。

曲には真の詩的な洞察があり、歌唱は確かなもので、さらに加えて、ギター演奏は驚くべきものだ。

⑨”Normandy Day”がボブ・ディラン(Bob Dylan)とニック・ドレイク(Nick Drake)から受ける影響をなんとか小さくし、それらを全て蒸留してティルストンの純粋なエッセンスを抽出している一方で、②”Simplicity”はティルストンの今の作品として気持ちよく独り立ちしている。

この作品を発表後、スティーブの作品はどんどん進化して、創造性、発想力、完全性を証明し続けている。

【曲目】

01. I Really Wanted You – 3:54
02. Simplicity – 3:43
03. Time Has Shown Me Your Face – 3:44
04. It’s Not My Place To Fail – 3:59
05. Train Time – 3:33
06. Sleepy Time On Peel Street – 3:44
07. Prospect Of Love – 2:24
08. Green Toothed Gardener – 3:22
09. Normandy Day – 3:06
10. Rock & Roll Star – 4:50
11. The Price Of Life – 4:10
12. Show A Little Kindness – 5:00

1971 Steve Tilston – An Acoustic Confusion の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1971 Steve Tilston – An Acoustic Confusion のメンバー

Steve Tilston – ギター、ボーカル
Keith Warmington – ハーモニカ、ボーカル
John Turner – ストリングベース
Pete Finch – ヴァイオリン
Dave Evans – ギター、ボーカル

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Bridget St John - Dandelion Albums

1969~1972「ブリジット・セント・ジョン」Bridget St Johnに...

1978 Caedmon ‎– Caedmon

1978 Caedmon ‎– Caedmon