1969 Curt Boettcher – Another Time

1969 Curt Boettcher - Another Time
評価投稿数: 0
0

カート・ベッチャー(Curt Boettcher)の未発表曲集『Another Time』は、親友でもあり競作者でもあるゲイリー・アッシャー(Gary Usher)とキース・オルセン(Keith Olsen)との共同経営レーベル、「トゥギャザー・レコード(Together Records)」にて、1969年前後に製作された作品がベースとなっている。

『Another Time』は、おそらくカート・ベッチャーの実際のアルバムに一番近いものだと思われる。

※すぐにこの後オフィシャルなアルバムがリリースされるのだが…

① ”Baby It’s Real”は、かつてカート・ベッチャーが所属していたバンド、ミレニアム(the Millennium)時代の曲であり、タイトルトラックでもある②”Another Time”は、サジタリウス(the Sagittarius)時代の曲にアコースティックアレンジが加わっている。

ハーディ・ガーディ(弦楽器の一種)が印象的な③”Lament Of The Astral Cowboy“は、ボールルーム(the Ballroom)のメンバーであったミッチェル・オマリー(Michele O’Malley)に譲られた曲で、彼の最高傑作とも言われる⑪”Misty Mirage”と似通ったサイケ・ポップ・バラードとなっている。

リー・マロリー(Lee Mallory)の⑨”That’s The Way It’s Gonna Be”は、ご存じのとおりフィル・オックス(Phil Ochs)とボブ・ギブソン(Bob Gibson)による曲で、カート・ベッチャーによる2度目のカバーで、バブルガムロックでありながら、サイケデリックでもありジャズの要素も備えている。

⑭”Tumbling Tumbleweeds”もまたきらびやかなカバー曲である。

ソフトで洗練されたカントリー調の⑥”Share With Me”は、⑧”Sometimes”とカップリングされトゥギャザー・レコードからシングルリリースされている。

1973年の未発表アルバム『Chicken Little Was Right』(ソニック・パスト・ミュージック(Sonic Past Music)から再リリース)も秀逸で、中でも⑤”Louise”は、おそらくゴールドブライアーズ(the GoldeBriars)時代以降もっともトラディショナルなフォークサウンドであろう。

⑬”Rest In Peace”は、完璧なカントリー・バブルガムロックの1曲である。

当時の音楽に浸りたいという人にはミレニアム、サジタリウス、サンシャイン・カンパニー(the Sunshine Company)やエタニティーズ・チルドレン(Eternity’s Children)などによるグルーヴィーで上質な1967年のデモ曲が良いだろう。

収録曲のなかには、オフィシャルリリース版に匹敵するだけでなく、さらにその上をいく仕上がりの曲(”If You Only Knew”)もあり、またスペシャルボーナストラックの1965年のデモ⑦”Along Comes Mary”(ボーカル:カート、タンディン・アルマー(Tandyn Almer):ピアノ、アソシエイション(The Association)のゲイリー・アレクサンダー(Gary Alexander):ギター)もおすすめである。

近年また注目されているカート・ベッチャーの未発表の作品を想うと、『Another Time』(「また今度」、「またいつか」という意味)というアルバム名は、それらの曲が再評価される日を表している暗示のようにも見える。

Written by Marios

【曲目】

1. Baby It’s Real 
2. Another Time 
3. Lament Of The Astral Cowboy 
4. I Just Want To Be Your Friend 
5. Louise 
6. Share With Me
7. Along Comes Mary 
8. Sometimes 
9. That’s The Way It’s Gonna Be
10. The Know It All 
11. Misty Mirage
12. If You Only Knew
13. Rest In Peace 
14. Tumbling Tumbleweeds
15. You Know I’ve Found A Way 
16. Another Time
17. Meanwhile Back At The World 

1969 Curt Boettcher – Another Timeの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1969 Curt Boettcher – Another Timeのメンバー

Curt Boettcher – Guitars, Vocals, Bass, Harmony Vocals
Lee Mallory – Acoustic Guitar, Vocals
Doug Rhodes – Piano
Sandy Salisbury – Vocals
Ron Edgar – Drums
Jerry Scheff – Bass
Ben Benay – Guitar
Mike Melvoin – Piano, Organ
Toxie French – Percussion, Vibes, Marimba
Red Rhodes – Pedal Steel
Waddy Wachtel – Electric Guitar

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1979 Andy Armstrong - Before I Forget

1979 Andy Armstrong - Before I Forget

1979 J.J. Cale - In Session At The Paradise Los Angels Featuring Leon Russell

1979 J.J. Cale - In Session At The Parad...

1970~1971 Curt Boettcher - Chicken Little Was Right

1970~1971 Curt Boettcher - Chicken Littl...