1975 Bobby Whitlock – One Of A Kind

1975 Bobby Whitlock - One Of A Kind
評価投稿数: 0
0

依然として真の南部らしさの代表であるゴスペル、R&B、ブルースどっぷりのソウルフルな声を持つメンフィス生まれでオースティンの住人、ボビー・ウィットロック(Bobby Whitlock)が弱冠16歳で白人初のアーティストとしてスタックス・レーベル(Stax Label)と契約した時、伝説ははじまった。

1975年に1stアルバム『One of a Kind』をリリース。この作品は彼の最盛期にも迫る多大なる進歩だ。ボビー・ウィットロックはピアノとオルガンをプレイし、これらはアルバムを支配する楽器となっている。

彼の歌はオリジナルのブルー・アイド・ソウルとそして彼自身がその先駆けを推し進めたサザン・ロックのミックスである。

Written by Marios

【曲目】

1. Movin’ On 
2. You Still On My Mind 
3. Rocky Mountain Blues 
4. Be Honest With Yourself 
5. Goin’ To California
6. Free And Easy (Way Of Lovin’ You)
7. The Right Road Back Home 
8. You Don’t Have To Be Alone 
9. Have You Ever Felt Like Leavin’ 
10.We Made It To The Moon 

1975 Bobby Whitlock – One Of A Kindの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1975 Bobby Whitlock – One Of A Kindのメンバー

Bobby Whitlock – Vocals, Organ, Piano, Leslie, Acoustic Guitar, Chimes, Percussion
T.J. Tindall – Lead Guitar, Banjo
Kenny Tibbetts – Bass
Rick Eckstein – Drums
Richard Betts – Slide Guitar
Chuck Leavell – Piano
Dru Lombar – Slide Guitar
Jaimoe (A.K.A Jai Johanny Johanson) – Congas
Johnny Sandlin – Tambourine
Sid Sharp And His Magic Violins – Strings

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1972 Audience - Lunch

1972 Audience - Lunch

1972 Leon Russell - Carney

1972 Leon Russell - Carney

1970 Gulliver - Gulliver

1970 Gulliver - Gulliver

1971 Crabby Appleton - Rotten To The Core

1971 Crabby Appleton - Rotten To The Cor...

1972 Juicy Lucy - Pieces

1972 Juicy Lucy - Pieces

1969~1970 Rhinoceros - Satin Chickens / Better Times Are Coming

1969~1970 Rhinoceros - Satin Chickens / ...