1971 Timber – Bring America Home

1971 Timber - Bring America Home
評価投稿数: 0
0

ウェイン・ベリー(Wayne Berry)は非常に多才なソングライターである。白人ボーイのブギー・ファンクと、田舎の長閑な素朴さをミックスしたりと、興味深い。レオン・ラッセル(Leon Russell)や、リトル・フィート(Little Feat)を連想させる。彼はファンキー・ポップな曲の他にも、どっぷりカントリー・ミュージックな曲”Canada”、ソフトなフォーク・バラード”Don’t Underestimate Your Friends”を作っている。

女性ボーカリストとして、ジュディ・エリオット(Judy Elliott)も参加している。ティンバー(Timber)と一緒に、アルバムを制作したジュディ・エリオットは、フォーク指向のシンガーだ。後にはホイト・アクストン(Hoyt Axton)とも仕事をしている。ジュディの音楽スタイルは、果たして、ブルース・ロックのボーカルに合うかどうか、違和感を覚えたが、ジュディは、ファンキーにコーラスを盛り上げている。

あの時代の、政治的側面も色濃く出ていて、印象深い。オープニング・トラックは、ベトナム戦争時代の社会の崩壊と、徴兵忌避者について。残りの曲は、霧に包まれたような先の見えない、曖昧な時代のなかで、人生や、精神性について反芻する内容となっている。カントリー・サウンドと、サイケ・ロックに、ファンキーを合わせたアルバムに仕上がっている。

Written by Marios

【曲目】

1. Bring America Home (George Clinton)
2. Canada
3. Pipe Dream
4. Remember (George Clinton)
5. Don’t Underestimate Your Friends
6. Witch Hunt
7. The Spirit Song
8. Caught In The Middle
9. Same Ole Story (George Clinton)
10.From The Time I Rise
11.Outlaw
12.Song For Two Signs
13.Splinters From Timber

1971 Timber – Bring America Homeの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1971 Timber – Bring America Homeのメンバー

The Timber

Wayne Berry – Vocals, Bass, Guitar
George Clinton – Vocals, Keyboards, Woodwinds, Autoharp
Warner Charles Davis – Drums, Percussion
Judy Elliott – Vocals
Roger Johnson – Lead Guitar, Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1971 Audience - House On The Hill

1971 Audience - House On The Hill

1970 Gulliver - Gulliver

1970 Gulliver - Gulliver

1971 Ian And Sylvia - The Beginning Of The End

1971 Ian And Sylvia - The Beginning Of T...

1969~1970 Rhinoceros - Satin Chickens / Better Times Are Coming

1969~1970 Rhinoceros - Satin Chickens / ...

Marc Benno - Marc Benno

1970 Marc Benno - Marc Benno

1972 Juicy Lucy - Pieces

1972 Juicy Lucy - Pieces