1971 Audience – House On The Hill

1971 Audience - House On The Hill
評価投稿数: 0
0

“The House on the Hill”は、シンプルに、エレガントにアレンジされたAudience(オーディエンス)の最強のアルバムだろう。イギリスのアートロックバンド、オーディエンスの3枚目のアルバムであり、ガス・ダッジョン(Gus Dudgeon)によってプロデュースされた。

ハワード・ワース(Howard Werth)のエレクトリッククラシックギターと、キース・ジェメル(Keith Gemmel)のテナーサックスとクラリネットにフォーカスしている”Jackdaw”は、ワースの幅広い音域と声量をたっぷり楽しめる。

“Raviole”は、インストルメンタルの作品で、このアルバムの傑作である。アコースティックギターが素敵に色付けをし、フルートと、ヴィブラフォンはこのアルバムに一種独特の感触をもたらしていて、おもしろい。

木管楽器が催眠効果を醸し出していて、予想に反してというか、良い意味でサプライズ。タイトル・トラックは、ジャズ・フュージョンのテイストで、豊かなサックス演奏がオーバーラップしている。楽曲を聞かせながら、楽曲を楽しむ方へと、ゆっくりと移りながら盛り上がっていく。全体的に雰囲気が良く快適で、とても心地良いプログレッシブ・ロックのアルバムだ。

Written by Marios

【曲目】

1. Jackdaw 
2. You’re Not Smiling
3. I Had a Dream
4. Raviole
5. Nancy
6. Eye to Eye
7. I Put a Spell on You
8. The House on the Hill
9. You’re Not Smiling (Single Mix)
10.Indian Summer (Single Edition)
11.You’re Not Smiling (Promotional Radio Version)

1971 Audience – House On The Hillの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1971 Audience – House On The Hillのメンバー

Audience

Howard Werth – Electric Guitar, Vocals
Tony Connor – Percussion, Drums, Vocals, Vibraphone
Gus Dudgeon – Percussion
Keith Gemmell – Clarinet, Flute, Saxophone
Trevor Williams – Bass Guitar, Keyboards, Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1973 Stephen Stills And Manassas - Down the Road

1973 Stephen Stills And Manassas - Down ...

1975 The Beau Brummels - The Beau Brummels

1975 The Beau Brummels - The Beau Brumme...

1975 Bobby Whitlock - One Of A Kind

1975 Bobby Whitlock - One Of A Kind

1972 Audience - Lunch

1972 Audience - Lunch

1972 Peter Kaukonen - Black Kangaroo

1972 Peter Kaukonen - Black Kangaroo

1970 Gulliver - Gulliver

1970 Gulliver - Gulliver