1970 Gulliver – Gulliver

1970 Gulliver - Gulliver
評価投稿数: 0
0

マネージャー兼プロデューサーでもあるジョン・マダラ(John Madara)によって結成された「ガリバー(Gulliver)」は、いわゆる商業音楽の先駆けであった。

アメリカ・テンプル大学(Temple University)の学生であったボーカルのダリル・ホール(Daryl Hall)、ドラムスのジム・ヘルマー(Jim Helmer)、ベースのトーマス・セラーズ(Thomas Sellers)、ギターのティム・ムーア(Tim Moore)からなり、彼らの才能はすぐにエレクトラ・レコード(Elektra Records)の目を引くこととなった。

アルバムの作品のほとんどはギターのティム・ムーアが手がけており、②”I’m Really Smokin’”や⑦”Flo Gene”などの昔ながらのロックと①”Everyday’s A Lovely Day”や”Over The Mountain”(未収録)などのブルー・アイド・ソウルにおける新しい試みとの間の道を模索する4人の姿が見てとれる。

またホールのボーカルは、すぐに彼とわかる魅力的な声であり、⑧”Lemon Road”でわかるようにほとんどの曲で魅力的なメロディが楽しめる。

しかし、このアルバムは商業的に失敗し、バンドはすぐに解散してしまう(ギタリストのジョン・オーツとのデモ曲をいくつかレコーディングした後だったが…)。ホールはその後、ホール&オーツ(Hall and Oates)のメンバーとして大きな成功を収めることになる。

Written by Marios

【曲目】

1. Everyday’s A Lovely Day 
2. I’m Really Smokin’ 
3. Christine 
4. Rose Come Home
5. Enough / Over The Mountain 
6. Angelina 
7. Flo Gene
8. Lemon Road 
9. Seventy
10.A Truly Good Song 

1970 Gulliver – Gulliverの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Gulliver – Gulliverのメンバー

Tom Sellers – Bass, Keyboards
Jim Helmer – Drums
Tim Moore – Guitar, Vocals
Daryl Hall – Keyboards, Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1970 Stone The Crows

1970 Stone The Crows - Stone The Crows /...

1971 Ian And Sylvia - The Beginning Of The End

1971 Ian And Sylvia - The Beginning Of T...

1971 Crabby Appleton - Rotten To The Core

1971 Crabby Appleton - Rotten To The Cor...

1972 Audience - Lunch

1972 Audience - Lunch

1973 Stephen Stills And Manassas - Down the Road

1973 Stephen Stills And Manassas - Down ...

1975 Bobby Whitlock - One Of A Kind

1975 Bobby Whitlock - One Of A Kind