1972 ビリー・ホールクイスト(Billy Hallquist)- Persephone

1972 Billy Hallquist - Persephone

評価投稿数: 0
0

ビリー・ホールクイスト(Billy Hallquist)は、米国サウスダコタ州スーフォールズ出身。1967年に「サンダーツリー(Thundertree)」というキリスト教をロックソングで書く面白いコンセプトのバンドを、ミネソタ州で結成し、1970年に同名アルバムを1枚のみ発表したあと、1971年半ばに解散

今回紹介するLP『Persephone』は、1972年にビリーのインディペントレーベル「Orion」から2000枚だけ自主制作されたファーストアルバムで、UKアシッドフォーク感ただよう、メランコリックなフォークロックサウンドだ。

メンバー
  • Billy Hallquist – ギター、ボーカル
  • Tom Hatcher – アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター
  • Neil Iverson – ギター、ボーカル
  • Jerry Johnson – ギター、ボーカル
  • Rick LiaBraaten – ドラム、ボーカル
  • Rich Miller – ベース
  • Karl Ausland, Beckey Borchardt, Debbie Barton – ボーカル
  • Steve Crawford, Kim Hines, Dan Melford, Lee Sterner – ボーカル
  • Kathy Weingarden, John Holmquist, Tom Byrd – ボーカル

ビリー・ホールクイスト(Billy Hallquist)のバンド、「サンダー・ツリー(Thundertree)」は、解散する前の1970年代初めにルーレットレーベルから1枚のアルバムをリリースしたあと解散。

1971年、バンドの解散の勢いにのって、ビリー・ホールクイストは、ファースト・ソロ・アルバム『Persephone』のセッションの資金を得るために、アルバイトをすることになった。

1972年に発売された、このアルバムは『2000枚という限定的な自費出版』のリリースで、タイトル・トラックと関係していると思われる奇抜でかなり凶暴な、白黒のイラストで装飾されていた。

ファーストアルバム『Persephone』は、ビリー・ホールクイストの強くクリアな声と、アコースティック・ギターを中心とした、あまりアレンジされすぎていない、ナチュラルな作品だ。

最大の効果を得るために、クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング(Crosby, Stills & Nash)風のハーモニーの要素が完璧に組み込まれ、そして、フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)に近いリズム・セクションとなって表れている。

ちなみに、⑤”Smiling Lady”の終わりでは、CSNの影響がアコースティック・ギターにまで及んでおり、そこでビリー・ホールクイストは、CSNの”Suite: Judy Blue Eyes”と”Love The One You’re With”を引用している。

そしてこのアルバムは、タイトル・トラックとなっている、地獄の悪夢に囚われた魂の物語である、8分半の大作⑩”Persephone”で幕を閉じる。

ビリー・ホールクイストの声は、不安定さを演出する不気味な穏やかさを保っているが、鮮やかで示唆に富んだ歌詞には、彼の苦悩の全て込められている。

クライマックスでは合唱が曲を取り囲み、ビリー・ホールクイストはドノヴァン(Donovan)の”Atlantis”とビートルズ(The Beatles)の”Hey Jude”を合体させようと試みている。

ボブ・ディランが『Blood On The Tracks』を制作したのと同じ、ミネソタのスタジオで制作されたビリー・ホールクイストの1stアルバム『Persephone』は、謙虚な始まり方で音のキャンバスも薄っぺらいのにも関わらず、間違いなくプロフェッショナルのサウンドである。

リリース時に大々的に販売されていたなら、レコード・コレクターにとってのレアな作品ではなく、フォーク・ロックの名作になっていたかもしれない。

しかし、長い間見落とされてきたこの作品にとっては、少なくともこの再発は、世界中で知られる大きな機会となるだろう。

ビリー・ホールクイストは、この後1975年に2ndアルバム『Travelin’』を発表後、正式なリリースはない。

【曲目】

01. Desert Rats – 2:07
02. For The First Time – 2:40
03. You And I – 4:20
04. Blanche – 4:54
05. Smiling Lady – 7:05
06. Help You Now – 2:54
07. Buddah’s Rosary – 3:22
08. Smiley – 5:23
09. Middle Lothian Folk Ballad – 1:45
10. Persephone – 8:36

1972 ビリー・ホールクイスト(Billy Hallquist)- Persephone の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972 ビリー・ホールクイスト(Billy Hallquist)- Persephone のメンバー

Billy Hallquist – ギター、ボーカル
Tom Hatcher – アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター
Neil Iverson – ギター、ボーカル
Jerry Johnson – ギター、ボーカル
Rick LiaBraaten – ドラム、ボーカル
Rich Miller – ベース
Karl Ausland, Beckey Borchardt, Debbie Barton – ボーカル
Steve Crawford, Kim Hines, Dan Melford, Lee Sterner – ボーカル
Kathy Weingarden, John Holmquist, Tom Byrd – ボーカル

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう