1970 ヘロン(Heron) – Heron

1970 ヘロン(Heron) - Heron

評価投稿数: 0
0

ヘロン(Heron)は、1970年と1971年に2枚のアルバムを残した4人組ブリティッシュ・フォーク・ロックグループである。

彼らのサウンドは、フォーク・ロックでありながらメロディに秀でており、ザ・ビートルズの”Black Bird”、”Here Comes The Sun “タイプのアコースティック・ビートルズの幻想を抱かせてくれる。

今作1stアルバム『Heron』と次回作の2枚とも、屋外録音(フィールド・レコーディング)されており、小鳥のさえずり、空気感をそのままパッケージしたサウンドは、そのゆるさとほのぼのとした雰囲気から、「木漏れ日フォーク」と評されている。

なお、メンバーのG.T.Mooreは、ヘロン解散後、ブリティッシュ・レゲエの発展に寄与した。

メンバー
  • Roy Apps – ギター、ピアノ、ボーカル
  • Tony Pook – ボーカル
  • Steve Jones – ピアノ、オルガン、エレクトリック・ピアノ、アコーディオン、ボーカル
  • G.T.Moore – ギター、マンドリン、ハーモニカ、ボーカル、ピアノ

1970 ヘロン(Heron) – Heron の詳細

「ヘロン(Heron)」のセルフ・タイトルのデビューLPは、1970年代初期の多くのレコードに共通するスタイルである、田舎の牧歌的な雰囲気を持つ、ドラマーのいない穏やかなブリティッシュ・フォーク・ロックだ。

特にこのファーストアルバムについては、よく考えた上で、この牧歌的な雰囲気をメンバー自身が選んだのかもしれない。

実際にこのレコードはテムズ川(The River Thames)沿いの畑でレコーディングされたのだが、音質は非常に良い。また時々、鳥の声やうっすらと屋外の音が聴こえることがある。

音楽は非常にフレンドリーなアコースティック・ギター・ベースのもので、そのようなブレンドはありそうもないかもしれないが、サイモン・アンド・ガーファンクル(Simon & Garfunkel)とインクレディブル・ストリング・バンド(The Incredible String Band)を組み合わせたような感じが少しする。

ただし、後者の不気味な雰囲気はない。

また、彼らが受けたより小さな影響としては、最もアコースティックでフォーキーな、1960年代後半から1970年代初期の(”Blackbird”のような)ポール・マッカートニー(Paul McCartney)のバラードと、クロスビー・スティルス・アンド・ナッシュ(Crosby, Stills & Nash)のハーモニーを引き合いに出すことが出来るかもしれない。

オルガン、ピアノ、アコーディオンが、アコースティック・フォーク・ベースの楽曲に少しの深みをもたらしている。

 

この作品はフレッシュで若々しく、素朴な力作である。

”Upon Reflection”が最も記憶に残り、初期のサイモン・アンド・ガーファンクルを思い起こさせる楽曲だ。

【曲目】

01. Yellow Roses (R. Apps) – 4:13
02. Car Crash (T. Pook, R. Apps) – 2:57
03. Harlequin 2 (Moore) – 2:28
04. Smiling Ladies (R. Apps) – 2:31
05. Little Boy (Moore) – 3:13
06. Sally Goodin (Guthrie) – 0:43
07. Upon Reflection (R. Apps) – 2:38
08. Lord And Master (T. Pook, Collins) – 4:50
09. Little Angel (R. Apps) – 4:11
10. Goodbye (Moore) – 3:38
11. For You (R. Apps) – 2:45
12. Sally Goodin (Guthrie arr. by Moore) – 1:06
13. Carnival And Penitence (T. Pook, Moore) – 1:54
14. Bye And Bye – 2:25
15. Through Time – 3:28
16. Only A Hobo – 3:48
17. I’m Ready To Leave – 4:40

1970 ヘロン(Heron) – Heron の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 ヘロン(Heron) – Heron のメンバー

Roy Apps – ギター、ピアノ、ボーカル
Tony Pook – ボーカル
Steve Jones – ピアノ、オルガン、エレクトリック・ピアノ、アコーディオン、ボーカル
G.T.Moore – ギター、マンドリン、ハーモニカ、ボーカル、ピアノ

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう