1970~1972 B.J.トーマス(B.J. Thomas) – Most Of All & Billy Joe Thomas

B.J. Thomas - Most Of All & Billy Joe Thomas

評価投稿数: 0
0

1970 B.J. Thomas – Most Of All について

1970 B.J. Thomas - Most Of All について先行する自身の2作品とは異なり、1970年の”Most Of All”はバカラック(Bacharach)/デイヴィッド(David)の曲から作られたものではない。

最近カーペンターズ(Carpenters)によってよく知られるようになった”(They Long To Be) Close To You”があるが、「B.J.トーマス(B.J. Thomas)」のために書かれた新曲は特にはない。

その代わりに、記憶に残る楽曲ではなく、時代に合ったサウンドを提供することが出来る、堅実で一般的なプロ作曲家へのシフトが見られる。

言うなれば、それらの楽曲は嫌な曲というわけではないが、その時点での「トーマス」のキャリアは喜ばしいものだった。そして、そういう意味で言うと『Most Of All』は『Everybody’s Out Of Town』よりもさらに大きな成功を収めている。

その成功のひとつは、楽しいソフト・ロックの曲が提供されていることだ。そこにはバカラック/デイヴィッドのネオボードビルはなく、代わりに、”No Love At All”で見られるジョー・サウス(Joe South)のシンフォニックで静かなソウル、チップ・テイラー(Chip Taylor)の”Circle Round The Sun”でのややトリッピーなポストヒッピー・ポップ、”I Don’t Know Any Better”のほとばしる感情によくフィットしているサウンドがある。

「トーマス」はその曲を決して前に出さず、シャグ・カーペットに落ち着けた。そのサウンドに大きな特徴がないとしても、我々はそのサウンドを聴くと少なくとも少しの間は心地よさを感じることが出来る。

1972 B.J. Thomas – Billy Joe Thomasについて

1972 B.J. Thomas - Billy Joe Thomasについて

1972年『Billy Joe Thomas』は、「B.J.トーマス」がセプター・レコード(Scepter Records)から出版した最後のLPであり、おそらくこのレーベルの彼の作品のなかで最も野心的な作品だ。

この作品には現在のヒット曲のカヴァーはなく、収録曲全てはへヴィー・ヒッター達の曲である。マーク・ジェイムズ(Mark James)、ジョン・セバスチャン(ohn Sebastian)、ジミー・ウェブ(Jimmy Webb)、バリー・マン・アンド・シンシア・ウェイル(Barry Mann & Cynthia Weil)、キャロル・キング(Carole King)、そして、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)といった面々である。

アレンジにはかなりの豪華さと物々しさだけではなく、大きな野心がある。そして作曲家が曲を演奏している例がわずかばかり見受けられる。ウェブは”A Song for My Brother”でピアノを演奏しており、スティーヴィー・ワンダーは”Happier Than the Morning Sun”でハープを吹いている。

プログレッシヴでトリッピーなロックのアクセントが大きい楽曲と、ソフトで落ち着く質感の楽曲とが併さって、他のどの「B.J.トーマス」のレコードよりも、このアルバムにはヘヴィーな雰囲気がある。このアルバムは、彼がエルトン・ジョン(Elton John)のようなシンガー/ソングライターのように見えるようにデザインされたアルバムだ。

たとえそれほど具体的ではないとしても、その野望は称賛に値する。楽曲はこのような豪華なアレンジやトーマスのスキルにはふさわしくなく、歌詞に頼りがちで、彼は曲の核心を掘り下げることのないままメロディの輪郭だけを売っている状態だ。

しかし、このずれがこのレコードを面白くしている。それはうまくいかないかもしれないが、「トーマス」の他のレコードの存在を小さなものにするかもしれない。この古い作品に見られるプログレッシヴ・ポップとMORの不完全なブレンドは、一度調べてみる価値がある。

1970~1972 B.J.トーマス(B.J. Thomas)- Most Of All & Billy Joe Thomas の曲目

曲目

The Stereo Mix:
1. Most Of All (2:54)
2. Rainy Day Man (1:52)
3. (They Long To Be)Close To You (3:15)
4. Table For Two For One (2:37)
5. Circle ‘Round The Sun (3:04)
6. No Love At All (2:54)
7. Rainy Night In Georgia (3:19)
8. Brown Eyed Woman (3:06)
9. I Don’t Know Any Better (3:20)
10. Hello Love (2:35)
11. Happier Than The Morning Sun (4:38)
12. Roads (3:00)
13. Sweet Cherry Wine (2:56)
14. A Song For My Brother (4:08)
15. A Fine Way To Go (3:45)
16. Just As Gone (3:28)
17. I Get Enthused (2:27)
18. Are We Losing Tough (3:34)
19. We Have Got To Get Our Ship Together (4:33)
20. The Stories We Could Tell (3:05)
21. Life (2:55)
22. Burnin’ A Hole In My Mind (3:44)
23. Mighty Clouds Of Joy (3:15)

1970~1972 B.J.トーマス(B.J. Thomas)- Most Of All & Billy Joe Thomas の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう