1970 She – Wants A Piece Of You

She - Wants A Piece Of You
評価投稿数: 0
0

She(シー)は1960年代では数少ない、メンバー全員が女子で、その全員が各々の楽器を演奏し、自分たちで作詞をしているアメリカのサイケバンドである。

ただし、彼女らの公式作品は1970年発表のあまり知られていないシングル、

“Boy Little Boy”ひとつに限られるのだが…

それにもかかわらず、短命と思われた女性ロックバンド「She(シー)」には、いくぶん複雑な長い歴史がある。

その歴史は1960年代中旬の始まりに、ギタリストで主要な作曲者であるナンシー・ロスが、カリフォルニアのサクラメントで(彼女の妹のサリーをオルガンに迎えて)10代のバンドを結成した頃に始まった。

元々はId(アイディー)というバンド名として知られていたのだが、彼女達はHairem(ハーレム)にバンド名を変更し、いくつかのレーベルからの関心を集めた。

ハーレムは1960年代にはひとつの作品も公式リリースしなかったが、レコーディングした5曲を、1999年に初CD化された編集盤Sheの『Wants a Piece of You』のCDの中に収録されている。

女性ガレージロックバンド、Shaggs(シャッグス)ほどではないにせよ、それらの作品の作風は一時期のアメリカのバンド達のように、非常に基本的で加工されていない生演奏のスタイルであった。

『Like a Snake.』の作品に明らかに現れているように、1966年頃に粗野な姿勢で音楽を演奏した、究極に稀な、メンバー全員が女性のグループという意味で、彼女達は実に一般的な、もしくはそれに準ずる、最も特異的な存在である。

ハーレムはサンフランシスコとサクラメントにて、クラブと空軍基地の両方で演奏し、何回かのメンバー変更の後、60年代にバンド名をShe(シー)に変更した。

この時点では彼女達の音楽はまだ全く洗練されてはいなかったが、そのハーモニーと、マイナーキーが強調されたサイケデリックなメロディーによって、より洗練されてきている。

彼女達は1970年にKentレーベルで、あまり知られていないシングル『Boy Little Boy/Outta Reach,』をレコーディングしたが、このA面はいつもとは違ってソフトでポップで、ほとんどバブルガム・ポップと呼べるような曲であった。

この時作曲してデモ録音した他のオリジナル曲は『Wants a Piece of You』のCDに収録されているが、これらの曲には無教育的な下品さはまだ現れてはいるけれども、DoorsやJefferson Airplaneといったバンドの影響を受けている。

パフォーマンスはエネルギッシュでボーカルはみだらではあるけれども、実際には彼女達の全ての曲が、才気に満ちていて記憶に残るというわけではない。

She(シー)は1971年に解散した。ナンシー・ロスと妹のサリー・ロス・ムーアだけが、Hairem(ハーレム)とShe(シー)の両方の時代においてずっとメンバーでい続けた存在である。

【曲目】

01. Outta Reach (2:27)
02. Like A Snake (2:21)
03. Piece Of You (2:25)
04. Roll On (3:04)
05. Bad Girl (2:29)
06. Hey You (2:38)
07. Don’t Leave Me Baby (3:16)
08. Braids Of Hair (2:13)
09. Don’t Go Home Tonight (3:39)
10. Not For Me (4:15)
11. When I Was A Little Girl (6:02)
12. Come On Along (2:19)
13. Bus Stop (2:08)
14. Lonely Boy Of Laughter (2:24)
15. Feel Like Giving Up (1:59)
16. You Came To Me (home demo) (2:38)
17. Outta Reach (demo) (2:46)
18. Satan’s Angel (home demo) (3:06)
19. Boy Little Boy (2:36)

1970 She – Wants A Piece Of You の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 She – Wants A Piece Of You のメンバー

Nancy Ross

Sally Ross-Moore

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1966 The Young Rascals - The Young Rascals

1966 The Young Rascals - The Young Rasca...

The Young Rascals ‎– Collections

1967 The Young Rascals - Collections