1973 Panta Rei – Panta Rei

1973 Panta Rei - Panta Rei
評価投稿数: 0
0

ハンガリー出身のロックバンド「パンタ・レイ(Panta Rei )」のパンタ・レイという意味は、古代ギリシャ哲学者ヘラクレイトス(Heraticlus)の思想に所以している。

パンタ・レイとは、古代ギリシャ語で「万物は流転する」という意味がある。

そしてそれこそが、このアルバムがまさに表現しようとしていることである。

1973年にハーヴェストレーベル(Harvest)からリリースされたこのアルバムは、フランク・ザッパ(Frank Zappa)のアルバム『Hot Rats』のような、激しいグルーヴ感を伴ったジャズロック&ファズ指向アプローチのスウェーデンプログレッシブロックで、興奮状態とも言える雰囲気と内に秘めるカンタベリー(Canterbury)的雰囲気をも醸し出している。

英語の歌詞とフルート、マラカス、ティンバレス(打楽器)、ハーモニカ、印象的なパーカッションなどの深みのある音楽構造がこのアルバムを壮麗なものにしているのに対し、ギターワークは支配的また威嚇的でもある。

Written by Marios

【曲目】

1. Five Steps
2. White Bells
3. Five O’Clock Freak
4. The Knight
5. The Turk

1973 Panta Rei – Panta Rei の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1973 Panta Rei – Panta Rei のメンバー

Thomas Arnesen – Guitar, Keyboard, Percussion, Accordion
Leif Östman – Guitar, Percussion
Cary Wihma – Bass, Percussion, Vocals
Tomo Wihma – Drums, Percussion
Georg Trolin – Vocals, Percussion, Tambourine, Harmonica, Siren
Göran Freese – Tenor Saxophone, Percussion
Gunnar Lindqvist – Flute

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1970 Apartment One - Open House

1970 Apartment One - Open House

1970 Tomorrow's Gift - Tomorrow's Gift

1970 Tomorrow's Gift - Tomorrow's Gift

1971 Second Hand ‎– Death May Be Your Santa Claus

1971 Second Hand ‎– Death May Be Your Sa...

1972 Triangle - Triangle

1972 Triangle - Triangle

1975 Gracious - This Is...Gracious!!

1975 Gracious - This Is...Gracious!!

1970 Gracious - Gracious!

1970 Gracious - Gracious!