1970 Tomorrow’s Gift – Tomorrow’s Gift

1970 Tomorrow's Gift - Tomorrow's Gift
評価投稿数: 0
0

最初は音楽性のよく似たバンド「フランピー・アンド・ジョイ・アンリミテッド(Frumpy and Joy Unlimited)」と同時に活動していたメンバーで、ブルース、ソウルロックバンド「トゥモロウズ・ギフト(Tomorrow’s Gift)」が結成された。

1960年代の終わりにはプログレッシヴ・ロックにも展開を見せたが、それでも彼らのルーツに対しては忠実な姿勢を見せ続けた。

そのラインナップは、女性ボーカルのエレン・メイヤー(Ellen Meyer)、ギター・パーカッションのカルロ・カージス(Carlo Karges)、オルガンのマンフレッド・ルラップ(Manfred Rurup)、フルートのウォルフガング・トレスチェル(Wolfgang Trescher)、ベースのベルント・キーファー(Bernd Kiefer)、そしてドラムのオラフ・カサリッヒ(Olaf Casalich)だった。

ドラマーのオラフ・カサリッヒは後にゲルト・パエツケ(Gerd Paetzke)に替わった。

1970年に、この若いバンド(メンバーのうち3人はまだ10代だった)はデビュー作なのに2枚組みのというボリュームのあるアルバム『Tomorrow’s Gift 』をリリースした。

予想どおり、荒く磨かれていないエッジを見せるこの作品は、典型的なヴィンテージ・プログレッシヴ・サウンドをもたらした。

このアルバムはジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)になぞらえられる、紅一点のエレン・メイヤーのボーカルと一緒になった多くのギター、オルガン、フルート、ドラムのソロが特徴的な作品である。

このセルフ・タイトルの作品をリリースした後、1971年にこのバンドは解散した。

今ではマンフレッド・ルラップとベルント・キーファーだけが情熱を保っている状態だ。

「ザッバ」リンダー(”Zabba” Linder)をドラマーとして新メンバーに加えてバンドはスリー・ピースになり、『Goodbye Future』(1972年)をリリースした。

バンドのサウンドは完全に変わり、より技術的にエッジが利いて進化したサウンドを披露した。

ジャズのマインドをより多くスタジオに取り入れ、キーボードとベースの強烈な相互作用に焦点を当てたインストゥルメンタルの曲がメインとなる、ジャズロック・アルバムを制作した。

全体的なサウンドはかなり変化した。軽いカンタベリージャズとほとんどザッパ風のユーモアを合体させたサウンドになっている。

この作品がトゥモロウズ・ギフトとしての最後のレコードとなった。

1973年にギタリストのウリ・トレプテ(Uli Trepte)=元グル・グル(Guru Guru)が加わったが、彼はわずか半年後に脱退し、すぐにサックス、クラリネット奏者のノーベルト・ヤコブセン(Norbert Jacobsen)に替わった。

このバンドは今はリリース・ミュージック・オーケストラ(Release Music Orchestra)にバンド名を変更して、そのバンド名で5枚のレコードをリリースした。

【曲目】

01. Riddle In A Swamp (Carlo Karges, Manfred Rurup) – 8:02
02. Prayin’ To Satan (Manfred Rurup) – 5:09
03. One Of The Narrow Minded Thoughts (Manfred Rurup) – 3:28
04. Tenakel Gnag (Wolfgang Trescher) – 2:55
05. The First Seasons After The Destruction (Carlo Karges, Manfred Rurup) – 13:02
06. How You Want To Live (Manfred Rurup) – 7:32
07. Grey Aurora (Manfred Rurup) – 1:40
08. Ants (Wolfgang Trescher) – 2:51
09. Breeds There A Man (Carlo Karges, Manfred Rurup) – 3:21
10. King In A Nook (Carlo Karges) – 4:21
11. Sandy Concert (Manfred Rurup) – 8:08
12. Enough To Write A Song About Or Two (Carlo Karges) – 2:00
13. Second Song (Carlo Karges, Wolfgang Trescher) – 0:27

1970 Tomorrow’s Gift – Tomorrow’s Gift の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Tomorrow’s Gift – Tomorrow’s Gift のメンバー

Carlo Karges – ギター、パーカッション
Bernd Kiefer – ベース
Ellen Meyer – リード・ボーカル
Gerd Paetzke – ドラム
Manfred Rurup – キーボード
Wolfgang Trescher – フルート
Guest Musician:
Jochen Petersen – アルト・サキソフォン (tr.11)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1975 Gracious - This Is...Gracious!!

1975 Gracious - This Is...Gracious!!

1972 Triangle - Triangle

1972 Triangle - Triangle

1970 Apartment One - Open House

1970 Apartment One - Open House

1971 Second Hand ‎– Death May Be Your Santa Claus

1971 Second Hand ‎– Death May Be Your Sa...

1970 Gracious - Gracious!

1970 Gracious - Gracious!

1973 Panta Rei - Panta Rei

1973 Panta Rei - Panta Rei