1970 Rock Workshop – Rock Workshop

1970 Rock Workshop - Rock Workshop
評価投稿数: 0
0

「ロック・ワークショップ(Rock Workshop)」は、1970年にギターのレイ・ラッセル(Ray Russell)がトランペット / フリューゲルホルン奏者のハリー・ベケット(Harry Beckett)、サックスのボブ・ダウンズ(Bob Downes)、トランペットのバッド・パークス(Bud Parkes)、トランペットと木管楽器のトニー・ロバーツ(Tony Roberts)、トロンボーンのデレク・ワズワース(Derek Wadsworth)、ボーカルのアラン・グリード(Alan Greed)、キーボードのブライアン・ミラー(Brian Miller)、ベースのダリル・ランズウィック(Daryl Runswick)、アラン・ラッシュトン(Alan Rushton)、ドラムのロビン・ジョーンズといったイギリスを牽引するジャズミュージシャンと結成したジャズ・ロック・バンドである。

ダウンズとラッセルによるソロアルバムや、当時のアルバムにおけるジャック・ブルース(Jack Bruce)、キーフ・ハートレイ(Keef Hartley)、アレックス・ハーヴェイ(Alex Harvey)によるセッションなど、同時に他の活動をしているメンバーもいた。

ワズワースとパークスは後のハーヴェイの初ソロアルバム『Roman Wall Blues』に参加している。ハーヴェイ自身は8曲中4曲のみに参加しているが、後に有名になる秀逸な曲と後のセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド(The Sensational Alex Harvey Band)のアルバム『Framed』や『Next』 に匹敵するボーカルで、彼の素晴らしいパフォーマンスの中でもきちんと存在感を放っている。

トラディショナルソングに荒々しいアレンジを加えた②”Wade In The Water”とレイ・ラッセルとの⑩”Hole In Her Stocking”は激しいR&Bで、うなるようなホルンとギターリフが効いている。

特に②”Wade In The Water”は、ブラッド・スウェット&ティアーズ(Blood, Sweat & Tears)を彷彿とさせ、当時流行っていた”Walk Don’t Run”のイメージを払拭できたはずである。

ハーヴェイ自身は”Vambo”で聴衆を引き付けていたときと同じく、息をのむような素晴らしいパフォーマンスを見せている。ひとつ残念なのは、彼がたった4曲しか担当していないことである。

ロック・ワークショップというバンドは、確かに激しいジャズ・ソウル・ブギウギを奏でていた一方、楽器をガンガンかき鳴らすイギリスの他のバンドの陰に埋もれ、注目されることなく世間から忘れ去られてしまったグループなのである。

確かに、素の楽曲よりもサウンドエフェクトで作られた曲の方が面白いというのも一理あるが。

それでもロック・ワークショップが、アレックス・ハーヴェイのキャリアの総まとめであることは間違いない。

2002年にCDとして生まれ変わった作品は特にそうである。

オリジナルLPに6曲のボーナストラックが追加されており、⑩”Hole In Her Stocking”や⑪”Born In The City”などのオルタナティブ・バージョンも含まれている。(トラックリストに疑問は残るが、ハーヴェイは⑬”Primrose Hill”のオルタナティブ・バージョンは歌っていない。)

Written by Marios

【曲目】

1. Ice Cold 
2. Wade In The Water 
3. Hole In Her Stocking
4. He Looks At Me / Mooncross Grove 
5. Spine Cop 
6. Born In The City 
7. Theme For Freedom 
8. You To Lose 
9. Spine Cop (Alt Version) 
10.Hole In Her Stocking (Alt Version) 
11.Born In The City (Alt Version) 
12.You To Lose (Alt Version) 
13.Primrose Hill 
14.Return Of The Goddess 

1970 Rock Workshop – Rock Workshopの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Rock Workshop – Rock Workshopのメンバー

Harry Beckett – Horn
Bob Downes – Wind
Alan Greed – Keyboards, Vocals
Alex Harvey – Vocals
Robin Jones – Drums
Brian Miller – Keyboards
Tony Roberts – Wind
Daryl Runswick – Bass
Alan Rushton – Drums
Ray Russell – Guitar
Derek Wadsworth – Trombone

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1970 Affinity ‎– Affinity

1970 Affinity ‎– Affinity