1972 Road – Road

1972 Road - Road
評価投稿数: 0
0

アメリカン・ハード・ロックバンド「ロード(Road)」は、1970年に米国カルフォルニア州ロス・アンジェルスにて結成された。以前にジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(Jimi Hendrix Experience)に在籍していたベーシスト、ノエル・レディング(Noel Redding)が、この短命のパワー・トリオの中心だ。

それはノエル・レディングがフランク・ザッパ(Frank Zappa)の自宅で衰弱し倒れていたときのことだった。

このトリオは元レア・アース(Rare Earth)のギタリスト兼ボーカルの、ロッド・リチャーズ(Rod Richards)とレディングのファット・マットレス(Fat Mattress)でのバンドメンバーのレスリー・サンプソン(Leslie Sampson)をドラムにフィーチャーして結成。

彼らのたったひとつのアルバム『ロード(Road)』は、バリバリのハード・ロック作品で、1972年7月のリリース時に称賛されたが、このバンドはすぐに分裂し、ヘンドリックスのファンにとってのジグソーパズルの失われたピースとなった。

どこか、サイケデリックなアシッドフォーク感が漂うUK風味のハードロックで、このアルバムはプロトメタルの愛好家にとって必聴の作品だ。

【曲目】

1. I’m Trying (Rod Richards) – 6:33
2. I’m Going Down To The Country (Noel Redding) – 2:42
3. Mushroom Man (Rod Richards, Leslie Sampson) – 4:08
4. Man Dressed In Red (Noel Redding) – 7:00
5. Spaceship Earth (Rod Richards) – 3:28
6. My Friends (Noel Redding) – 6:17
7. Road (Rod Richards) – 9:29

1972 Road – Roadの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972 Road – Roadのメンバー

Noel Redding – ベース、ボーカル
Rod Richards – ギター、ボーカル
Leslie Sampson – ドラム、ボーカル、パーカッション

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1968 The Hook - Hooked

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another...

Juicy Lucy - Juicy Lucy

1969 Juicy Lucy - Juicy Lucy

1974 Wabash Resurrection - Get It Off!

1974 Wabash Resurrection - Get It Off!

Juicy Lucy - Lie Back And Enjoy It

1970 Juicy Lucy - Lie Back And Enjoy It

1969 Bliss - Return To Bliss

1969 Bliss - Return To Bliss