1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield – Steel Yard Blues

 1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield - Steel Yard Blues
評価投稿数: 0
0

魅力的なジェーン・フォンダ(Jane Fonda)と、ドナルド・サザーランド(Donald Sutherland)主演『コールガール』(原題:Klute 1971年公開)。映画のサウンド・トラック『Steel Yard Blues』は、1972年にリリースされた。エレクトリック・フラッグ(Electric Flag)のマイク・ブルームフィールド(Mike Bloomfield)と、ニック・グレイブナイツ(Nick Gravenites)を中心に、ポール・バターフィールド(Paul Butterfield)、マリア・マルダー(Maria Muldaur)が参加した一枚だ。

『コールガール』の監督は、アレン・J・パクラ(Alan J. Pakula)。ジェーン・フォンダはこの映画で、アカデミー賞 主演女優賞を受賞した。映画全体に、70年代初頭のカウンターカルチャーの雰囲気が漂っている。

ジェーン・フォンダはコールガールを演じ、ドナルド・サザーランドは失踪事件を追う探偵を演じている。ある日、サザーランドは失踪した男を探していたところ、フォンダへたどり着く。ところがフォンダは、無言電話や、誰かの気配に悩まされ、怯えていた……。そんな内容のサスペンスである。

残念なことに、映画自体はレビューが不適切であったり、大方の観客から忘れられている。それにも関わらず今なお、カルト・クラシックとして、映画のサウドトラックの根強いファンがいる。このアルバムで、ニック・グレイブナイツと再結成したが、マイク・ブルームフィールドにとっては、実に3年ぶりのアルバムであった。

ちなみにエレクトリック・フラッグは、ロジャー・コーマン監督(Roger Corman)のB級映画『白昼の幻想』(原題:The Trip)の音楽を担当したが、その際、ニック・グレイブナイツが曲を作っている

このアルバムでは、サイケデリック・ロックは影を潜め、ブルースロックがニューヨークの無秩序さを強調しているが、ブルースフィールドの刺すようなブルースロックに、勝るギターリストはいない。

他にも“Midnight at the Oasis”のマリア・マルダー、ブルームフィールドと一緒にバンドをしたポール・バターフィールド、キーボードはマール・サンダース(Merl Saunders)、アニー・サンプソン(Annie Sampson)、クリストファー・パーカー(Christopher Parker)、ジョン・カーン(John Kahn)といったメンバーが参加している。

Written by Marios

【曲目】

1. Swing With It
2. Brand New Family
3. Woman’s Love
4. Make The Headlines – 1:53)
5. Georgia Blues (Maria Muldaur, Mike Bloomfield, Nick Gravenites)
6. My Bag (The Oysters)
7. Common Ground
8. Being Different
9. I’ve Been Searching
10.Do I Care (Maria Muldaur, Merl Saunders)
11.Lonesome Star Blues (Maria Muldaur)
12.Here I Come (There She Goes)
13.If You Cared
14.Theme From Steelyard Blues (Drive Again)

 1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield – Steel Yard Blues の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

 1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield – Steel Yard Blues のメンバー

Mike Bloomfield – Vocals, Guitar
Nick Gravenites – Vocals, Guitar
Maria Muldaur – Vocals, Guitar, Handclaps
Paul Butterfield – Vocals, Harmonica
Annie Sampson – Vocals
Merle Saunders – Organ, Piano
Christopher Parker – Drums
John Kahn – Bass

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1972 Road - Road

1972 Road - Road

1971 John Entwistle - Smash Your Head Against The Wall

1971 John Entwistle - Smash Your Head Ag...

Juicy Lucy - Lie Back And Enjoy It

1970 Juicy Lucy - Lie Back And Enjoy It

1970 Mr. Albert Show - Mr. Albert Show

1970 Mr. Albert Show - Mr. Albert Show

1968 The Hook - Hooked

Juicy Lucy - Juicy Lucy

1969 Juicy Lucy - Juicy Lucy