1970 Mr. Albert Show – Mr. Albert Show

1970 Mr. Albert Show - Mr. Albert Show
評価投稿数: 0
0

1970年にデビューした、オランダのハード・プログレッシヴロックバンド「ミスター・アルバート・ショウ(Mr. Albert Show)」の結成のきっかけは、1969年に2つのグループ、モーゼス・アンド・ザ・スカウツ(Moses and the scouts)とダーティ・アンダーウェア(Dirty Underwear)がドイツのマンハイムで行われた共同コンサートに参加したことに起因する。

Bonki Bongaerts – キーボード
Roeland Boogaart – ドラム
Bertus Borgers – サキソフォン、フルート、ボーカル
Tom Fautubun – ベース
Eric Lintermans – ギター
Ines – コーラス
Floortje Klomp – ボーカル
Moses – ボーカル

その後、週末の広場での演奏にて、メンバー同士は音楽的に似ていると再確認。

バートゥス・ボージャース(Bertus Borgers)、ボンキ・ボンハールトス(Bonki Bongaerts)、エリック・リンターマンズ(Eric Lintermans)、トム・ファウツブン(Tom Fautubun)、ブルール・ボガート(Broer Bogaart)は新しいバンドを結成することになった。彼らのバンドローディーがグループ名をアルバート(Albert)と名づけた。

デビュー・アルバムのリリース後にグループを去ったシンガーとしても知られているアイネス(Inez)もそのメンバーだった。

バンドはオランダでのエネルギーに満ち溢れた演奏ですぐに注目を集め、レコーディングの契約を勝ち取るのは難しいことではなかった。

アルバート・ショウのセルフ・タイトルのデビュー作『Mr. Albert Show』は、1970年春に発表された。

アルバム収録曲”Wild Sensation”はかつてシングルとしてリリースされ、オランダのチャートで17位にランクインした。

ブルー・ベースのジャジーで複雑なプロトプログレ『Mr. Albert Show』は、サックスとギターの影響を受けたオルガンとソリストに、ボンハールトスが支配さているように聴こえる。

1970年代初期には良く似たスタイルのプログレバンドが共立し、デンマークのバンド(バーニン・レッド・アイヴァンホー(Burnin Red Ivanhoe)、ブラック・ファーネイス(Blast Furnace)、レインボウ・バンド(The Rainbow Band)、トゥールズ・ハンマー(Thor’s Hammer)=デンマークのサックスプログレ、だけではなくイギリスにおいても、デリバリー(Delivery)、アフィニティー・ウェブ(Affinity Web)、ホット・ダスト(Hot Dust)、コロッセウム(Colosseum)や、ブラック・ウィドウ(Black Widow)といったサウンドが似ているバンドがいた。

『Mr. Albert Show』は、1960年代スタイルのハードでブルージーなロック、時にはほとんどが攻撃的なセクションで複雑なジャズ・ロック、サックス、繊細なギター・ライン、エレクトリック・ピアノやオルガンの、眩いほどのミックスを聴くことが出来る。

アイネスとボージャースのボーカルは、ほとんどの部分がとてもパワフルである。

【曲目】

1.Act Of Love (Bertus Borgers, Roger McCough) – 5:29
2.Kings Of Galaxy (Bertus Borgers, Cees Schrama) – 4:07
3.King Horse (Bertus Borgers) – 3:20
4.Don´T Worry (Bertus Borgers) – 2:36
5.White Bear Skin Coat (Bertus Borgers) – 2:26
6.Wild Sensation (Bertus Borgers) – 3:09
7.There´S A Sad Song In The Air (Bertus Borgers, Cees Schrama) – 7:14
8.White (Bertus Borgers, V.D.Heyden, Eric Lintermans) – 4:23
9.Revolver (Bertus Borgers) – 4:31

1970 Mr. Albert Show – Mr. Albert Show の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Mr. Albert Show – Mr. Albert Show のメンバー

Bonki Bongaerts – キーボード
Roeland Boogaart – ドラム
Bertus Borgers – サキソフォン、フルート、ボーカル
Tom Fautubun – ベース
Eric Lintermans – ギター
Ines – コーラス
Floortje Klomp – ボーカル
Moses – ボーカル

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Juicy Lucy - Juicy Lucy

1969 Juicy Lucy - Juicy Lucy

1968 The Hook - Hooked

1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield - Steel Yard Blues

1972 Nick Gravenites And Mike Bloomfield...

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another...

1972 Road - Road

1972 Road - Road

1974 Wabash Resurrection - Get It Off!

1974 Wabash Resurrection - Get It Off!