1968 The Hook – Hooked

1968 The Hook - Hooked
評価投稿数: 0
0

「ザ・フック(The Hook)」は、米国のカリフォルニア州ロサンゼルスで、元「ザ・リーヴス(Leaves)1965~1967」のボーカル&ギタリストの、ボビー・アーリン(Bobby Arlin)とベースのバディー・スクラー(Buddy Sklar)、ドラムのクレイグ・ボイド(Craig Boyd)の3人によって、1967年に結成された。

ザ・フックの1967年に発表されたデビューアルバム『Will Grab You』は、以前のグループ「ザ・リーヴス」で特徴的だったフォーク/ロック・スタイルをほとんど見せずに、その代わりにパワートリオのヘヴィー・ロックに変貌している。

続いて、2ndアルバム『Hooked』制作中の1968年に、ドラムのクレイグ・ボイドがバンドを離れたことで、元グラス・ルーツ(Grass Roots)のキーボード奏者のダニー・プロヴァイザー(Danny Provisor)と新しいドラマーのデイル・ロヨラ(Dale Loyola)が新加入した。

その後、ザ・フックは1969年にシングル”In The”Beginning”で洗練されたスタイルを披露したが、商業的には成功せずに、ボビー・アーリンはバンドを解散した。

【曲目】

01. Go (Provisor) – 3:10
02. You’re Lookin’ Fine (Davies) – 3:50
03. There’s Magic In the Air (Arlin, Sklar) – 2:20
04. Son Of Fantasy II (Arlin, Sklar) – 6:00
05. Hook Can Cook (Arlin, Sklar) – 3:07
06. Love Theme In E Major (Arlin, Sklar) – 2:10
07. A Beautiful Tomorrow (Arlin, Sklar) – 2:21
08. You Need People (Arlin, Sklar) – 3:30
09. All Around The World (Turner) – 3:17
10. You Don’t Have To Stay (Arlin, Sklar) – 2:42

1968 The Hook – Hooked の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1968 The Hook – Hooked のメンバー

Buddy Sklar – ベース・ギター、ボーカル
Dale Loyola – ドラム、ボーカル
Bobby Arlin – ギター、ボーカル
Dennis Provisor – オルガン、ボーカル

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Juicy Lucy - Juicy Lucy

1969 Juicy Lucy - Juicy Lucy

1972 Road - Road

1972 Road - Road

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another...

1969 Al Kooper Introduces Shuggie Otis - Kooper Session

1969 Al Kooper Introduces Shuggie Otis -...

1970 Mr. Albert Show - Mr. Albert Show

1970 Mr. Albert Show - Mr. Albert Show

1969 Bliss - Return To Bliss

1969 Bliss - Return To Bliss