1966 The Bachelors ‎– Bachelors’ Girls

1966 The Bachelors ‎– Bachelors' Girls
評価投稿数: 0
0

「ザ・バチェラーズ(The Bachelors)」は、コンレス・クラスキー(Conleth Clusky)=1941年3月3日生まれ、デクレン・クラスキー(Declan Clusky)=1942年12月12日生まれ、ジョン・ストークス(John Stokes)=1940年8月13日生まれ、からなる1960年代のアイルランドの人気バンドである。

1958年、彼らのキャリアは、ハーモニカやハーモニコードと呼ばれる楽器奏者としてはじまったが、1959年のイギリスツアーの後には、歌手として活躍することに。

1962年、彼らはイギリスの「デッカ・レコード(Decca Records)」と契約して、名称を変え、初めてのヒット”Charmaine” (number six, 1963) を生んだ。

ザ・バチェラーズの最大のヒットは、1964年に全英1位に、全米10位にランクインした”Diane”である。

彼らはそれから、1984年のストークスとクラスキーの悲しい分裂まで、新しい楽曲を作り続け、キャバレー界の原点的なグループで在り続けた。

出典:Old Melodies

【曲目】

A1 Once In Love With Amy
A2 Rosalie
A3 Margie
A4 Hello Dolly
A5 Marcheta
A6 Marie
B1 Linda
B2 Sweet Sue
B3 Cecilia
B4 Rose Marie
B5 Ida
B6 Trouble With Angels

1966 The Bachelors ‎– Bachelors’ Girlsの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1966 The Bachelors ‎– Bachelors’ Girlsのメンバー

Con and Dec Cluskey: Guitar, keyboards, banjo, ukulele, harmonica
John Stokes: Bass, harmonica

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1967~68 Gene And Debbe - Playboy The Best Of Gene And Debbe

1967~1968 Gene And Debbe - Playboy The B...

1969 The Peppermint Rainbow - Will You Be Staying After Sunday

1969 The Peppermint Rainbow - Will You B...

1968 The Parade - The Parade

1968 The Parade - The Parade

1969 Tony Hazzard - Tony Hazzard Sings

1969 Tony Hazzard - Tony Hazzard Sings

1965~1968 The Millennium - Voices Of The Millennium

1965~1968 The Millennium - Voices Of The...

1971 Autumn - Comes...Autumn