1965~1968 The Millennium – Voices Of The Millennium

1965~1968 The Millennium - Voices Of The Millennium
評価投稿数: 0
0

  『The Voices Of The Millennium』は、ミレニアム(The Millennium)のメンバーが解散後どのように過ごしてきたかを表しているような、未発表コンピレーションアルバムである。

結成当初のような大胆さはないかもしれないが、このアルバムを聞く限り、彼らがまだ一緒に時を過ごしているかのような感覚を覚える。

②”I Still Can See Your Face”や⑤”Will You Ever See Me”、ゲイリー・アッシャー(Gary Usher)のバンド、サジタリウス(Sagittarius)の2枚目のアルバムのタイトルにもなっている⑥”The Blue Marble”、また⑧”Share With Me”などはバロック・カントリー調となっており、カート・ベッチャーのレーベル、トゥギャザー(Together Records)のシングル曲の優れた面をさらに輝かせているトラックである。

①”Come To Me Baby”で始まるこのアルバムのトラックは、サンディー・サリスベリー(Sandy Salisbury)のよる曲(彼一人による作品もコラボ作品も)がほとんどである。

サンディーの③”Measure Of A Man”は、素朴で純粋なサウンドのカントリーで、ハーマンズ・ハミッツ(Herman’s Hermits)を彷彿とさせる。

⑪”Navajo Girl”にはバブルガムロックのテイストも少し加わっており、さらにシタール(インドの弦楽器)のソロで東洋の響きも感じられる。

グレアム・グールドマン(Graham Gouldman)を彷彿とさせる魅力的なサウンドの⑦”Together In The End”や⑩”Little Lost & Found”は似たような雰囲気があり、⑨”Midnight Sun”はモンキーズ(The Monkees)的なサウンドが感じられる。

このアルバムを聞いて、60年代70年代のサンシャイン・ポップやサイケ・ポップ全盛期をもう一度思い出してほしい。

Written by Marios

【曲目】

1. Come To Me Baby
2. I Still Can See Your Face 
3. Measure Of A Man   
4. Magic Island  
5. Will You Ever See Me
6. The Blue Marble
7. Together In The End  
8. Share With Me
9. Midnight Sun 
10. Little Lost And Found 
11. Navajo Girl 
12. Keep On Dreamin’ (AKA There Is Nothing More To Say) 

1965~1968 The Millennium – Voices Of The Millenniumの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1965~1968 The Millennium – Voices Of The Millenniumのメンバー

Curt Boettcher – Vocals, Acoustic Guitar
Lee Mallory – Vocals, Acoustic Guitar
Sandy Salisbury – Guitar, Vocals
Ben Benay – Lead Guitar
Chuck Girard – Vocals
Jerry Scheff – Bass
Gary Usher – Vocals
Skip – Drums

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969 Tony Hazzard - Tony Hazzard Sings

1969 Tony Hazzard - Tony Hazzard Sings

Chad & Jeremy - 3 In The Attic

1969 Chad & Jeremy - 3 In The Attic

1967~1968 The Millennium - Pieces

1967~1968 The Millennium - Pieces

1967~68 Gene And Debbe - Playboy The Best Of Gene And Debbe

1967~1968 Gene And Debbe - Playboy The B...

1966 The Bachelors ‎– Bachelors' Girls

1966 The Bachelors ‎– Bachelors' Girls

1969 The Peppermint Rainbow - Will You Be Staying After Sunday

1969 The Peppermint Rainbow - Will You B...