1961 Brenda Lee – Emotions

1961 Brenda Lee - Emotions
評価投稿数: 0
0

1961年発表、ブレンダ・リーの4作目のアルバム『Emotions』は、前作のLP『This Is…Brenda』で使ったのと同じアプローチを使い、豪華にプロデュースされた総合的なナシュビルと少しのロックンロールと濃いポップバラードをミックスさせたものだった。

大人にも子供にも受けるタイプのレコードであったが、内容が薄いというわけではなかった。

なぜなら、ブレンダ・リーの(ティーンエイジャーとしては)信じられないほどの成熟した声の素晴らしさと合わさって、プロダクションそのものが、聞いていてとても楽しいものだからである。

A①”Emotions”はレコードの中の大ヒット曲で、B面には自らの力でトップ40に入ったB③”I’m Learning About Love”も収録されている。アルバム内のその他の曲は、リーの大ファンでないとほとんど知らないというものだが、素敵なバラードが何曲か収録されていて、特にA③”If You Love Me (Really Love Me)”はそのスタイルにおいて、彼女の大ヒット曲とほとんど同レベルとなっている。

ロックカバー(ザ・シュレルズ(The Shirelles)のB②”Will You Love Me Tomorrow”とレイ・チャールズのB④”Georgia On My Mind”とB①”Swanee River Rock”はフィラーサイド寄りではあったが、彼女はその一人一人にしっかりと心を注いで歌った。

ロックンロール寄りのものとして、真面目で陽気なナンバーA④”Crazy Talk”がある。これはメル・ティリス(Mel Tillis)と共同で書かれたもので、彼とは最初の何年かはロックンロールアーティストと時々共演していた。

出典:Music Archive

【曲目】

A1. Emotions
A2. Just Another Lie
A3. If You Love Me (Really Love Me)t
A4. Crazy Talk
A5. When I Fall In Love
A6. Around The World

B1. Swanee River Rock
B2. Will You Love Me Tomorrow
B3. I’m Learning About Love
B4. Georgia On My Mind
B5. Cry
B6. I’m In The Mood For Love

1961 Brenda Lee – Emotionsの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1962 The Crystals - Twist Uptown

1962 The Crystals - Twist Uptown

1960 Brenda Lee - This Is Brenda

1960 Brenda Lee - This Is Brenda

ブレンダ・リー(Brenda Lee)について【アメリカ】

ブレンダ・リー(Brenda Lee)について