1969~1977 ザ・キャラクターズについて

1969~1977 ザ・キャラクターズについて
評価投稿数: 0
0

ザ・キャラクターズは、原田信夫(leader,vocal)、仲純子(vocal)、織田功三(Tenor Sax,vocal)、西条公彦(Tenor Sax,Flute,vocal)、須山邦明(Drums,vocal)、安野健二(Alto Sax,Guitar,vocal)のメンバーで、1969年に結成された男女混成コーラスグループである。

前身は、原田信夫とファイヴ・キャラクターズ。

1960年代後半、「原田信夫とファイヴ・キャラクターズ」は、ブームが下降していったムード歌謡路線を挽回するため、女性ボーカルに宝塚歌劇団で邦賀みつるとして活躍した、仲純子を加え、「ザ・キャラクターズ」と改名し、

コロンビアのDENONレーベルから、1965年”港町シャンソン”でデビュー。

作詞阿久悠・作曲高見弘・編曲三木たかしのこのシングルは、1960年代後半の暗いムード歌謡が1970年代へと向う、明るい日差しが差し込んだような楽曲だ。

サウンドは、歌謡曲だがコーラスは、アメリカのソフトロック・A&Mレコード系のさわやかなものなので、なんともいえない「ごった煮感」をかもしだしている。続いて、2ndシングルは、民謡チックな”甘えたいのに”を発売。

1970年1月には3rdシングル”夜霧のシャンソン”と、シャンソン路線(実際は歌謡曲)を推している。少し暗めなサウンドでいかにも高度成長期のムード歌謡といったところ。B面の”夜が来て朝が来て”は、一転カレッジ・フォークの趣の楽曲だ。

続く、4thシングル”秘密の朝”は、1970年代ヨーロッパ・ポップスの雰囲気で完全に洋楽化している。B面の”悪い夢みたい”は、ムード歌謡だが、女性ボーカル「仲純子」のソロでなかなかよい。続く5thシングル”みんな嘘”は、リズムがラテンテイストで、曲は歌謡曲。仲純子メインの唄となっていて、♪愛なんてみんな嘘~と歌うところと合いの掛け声が印象的。

1971年に発表された6thシングル”恋ねぐら”は、平尾昌晃作曲のポップスと歌謡曲が混ざったおもしろい楽曲。メロディが和洋折衷になっている。B面の”白い貝がら”はいかにも1970年代初期のコーラスポップ。

1972年には初レコード『パッパヤー!平尾昌晃を歌う』をキングレコードより発売。

1973年に発表された7thシングル”いろは恋唄”は、王道ムード歌謡、しかしB面は和田アキ子も真っ青のヤングソウル”好き、好き、好き”で、ブラスアレンジがイカしている。

8thシングル”ラブ・サウンズ”は、不協和音のイントロから一転バート・バカラック調となり、筒美京平が作りそうな洗練されたサウンド。

1973年に発表された9thシングル”恋の人魚姫”は作曲に藤本卓也を配し、古風なメロディを散りばめて歌謡曲の度合いを深めている。B面の”窓ぎわの女”は、ベースラインがリトル・リチャードの♪ルシールのリフを利用していて面白い。

10thシングル”白い羽根の勇士”は、初期ジャニーズか後期キャンディーズ路線の、ロック調のアップテンポの歌謡曲でシンセサイザーがいい味を出している。B面の”悲しい恋の物語”のエンヤットット風のミュージカルのような歌い方とみんなで歌っている感じが特徴がある。

11thシングル”天使の家”は、歌までの男のナレーションが違和感がありまたすぐMCに入るので、何かTVか番組とのコラボと考えられる。12thシングルは、”みなと町慕情”は、明るい旅情ポップソングでラストシングルとしては、キレイな終焉といえる。

【曲目】

1. 港町シャンソン
2. マイ・ダーリン (初CD化音源) 
3. 甘えたいのに (初CD化音源) 
4. おまえのいない世界 (初CD化音源) 
5. 夜霧のシャンソン
6. 夜が来て朝が来て (初CD化音源) 
7. 秘密の朝 (初CD化音源) 
8. 悪い夢みたい (初CD化音源) 
9. みんな嘘 (初CD化音源) 
10. あきらめのバラード (初CD化音源) 
11. 恋ねぐら
12. 白い貝がら
13. いろは恋唄
14. 好き、好き、好き
15. ラブ・サウンズ
16. 街のうわさ
17. 恋の人魚姫
18. 窓ぎわの女
19. 白い羽根の勇士 (初CD化音源) 
20. 悲しい恋の物語 (初CD化音源) 
21. 天使の家 (初CD化音源) 
22. 挽歌 (初CD化音源) 
23. みなと町慕情 (初CD化音源) 
24. 夕暮れに一人きりで (初CD化音源) 

Tr.01~10/日本コロムビア発売
Tr.11~18/キングレコード発売
Tr.19~22/キャニオン・レコード(ポニー・キャニオン)発売
Tr.23,24/徳間ジャパン発売

1969~1977 ザ・キャラクターズについての口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1969~1977 ザ・キャラクターズについてのメンバー

原田信夫(leader,vocal)
仲純子(vocal)
織田功三(Tenor Sax,vocal)
西条公彦(Tenor Sax,Flute,vocal)
須山邦明(Drums,vocal)
安野健二(Alto Sax,Guitar,vocal)

ザ・キャラクターズLP『パッ・パッ・ヤー! 平尾昌晃を歌う』

SIDE A:

1. いろは恋唄
2. 港町シャンソン
3. 恋ねぐら
4. 白い貝がら
5. めぐり逢うために
6. わかれ
7. 恋人よ、おやすみ

SIDE B:

1. よこはま・たそがれ
2. わたしの城下町
3. おもいで
4. 知らなかったの
5. 星は何でも知っている
6. 愛するってこわい
7. 恋のしずく

 

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1968 英亜里(はなぶさあり)について

1968 英亜里(はなぶさあり)について

1969~1970 カサノヴァ7(セッテ)について

1969~1970 カサノヴァ7(セッテ)について