「森田つぐみ」について

森田つぐみ「愛のスケッチブック」
評価投稿数: 1
5

【曲目リスト】

  1. 少女期
  2. 心の似顔絵
  3. おろしたての放課後
  4. お嬢さんお手をどうぞ
  5. ウィークエンド
  6. さよならは似合わない
  7. もうひとつの時間割り
  8. 恋の伝言板
  9. 風の匂い
  10. シャボン玉
  11. めざめる頃
  12. 恋して海岸通り
  13. 冬の哲学

1976 森田つぐみの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

「森田つぐみ」について SKU UPC Model
森田つぐみさんは、藤原嗣美として音楽教室を開かれて、活動されています。
横山さん 

38歳  |  
大阪府  |  
自営業  |  
2016/11/12
5

森田つぐみさんは、藤原嗣美として

音楽教室を開かれて、活動されています。

5.0 5.0 1 1 森田つぐみさんは、藤原嗣美として音楽教室を開かれて、活動されています。 「森田つぐみ」について

1976 森田つぐみ / 愛のスケッチブックは、どういうアルバム?

森田つぐみさんの「愛のスケッチ」は、1976年11月5日に発売されたファーストLP。

当時のディスコブームや、ロックンロール、演歌調ポップスではなく

良質のメロディポップスが聴ける。冒頭の①”少女期”から、彼氏・愛する人へのメッセージが、かわいい歌声のなかにビシビシ力強さも感じるアルバム。

全体的にも、聞き手が彼氏と想定して、語り口調から歌に導入するタイプが多いので1枚でまるごと「擬似恋愛」を錯覚してしまう、純愛作品群だ。

①”少女期”は、好きな男性に出会えたことで女の子に生まれたことを誇りに思うという設定が秀逸。

②”心の似顔絵”は、片思いの自分が意気地なしだと責めながら、心の中のキャンバスで、もう一度好きな人の似顔絵を書くということで勇気をふりしぼっているシナリオ。

③”おろしたての放課後”は、カントリータッチの軽快な伴奏に合わせて、雨上がりの放課後に別の街に自転車で旅をするストーリー。

④”お嬢さんお手をどうぞ”は、シングルカットされてもおかしくないほど、すばらしいメロディと詞で構成されている。「少しお化粧しています。胸にカトレアつけてます。古いピアノが鳴っています。ここは小さなお店です。わたしいつもと違います。なぜか心が揺れてます。ほほに涙がかかります。ここは小さなお店です。待っています、あなたの言葉、待っています、あなたの愛を。お嬢さんお手をどうぞ」という女性が男性のリードを待っているけな気な状況をうまく表現している。

⑤”ウィークエンド”は、少しニューミュージック・シティミュージックスタイルのバックに放課後のカップルの恋愛の行方を淡い思いで歌っている。

⑥”さよならは似合わない”イントロから、風変わりな音と森田つぐみのセリフがかわいい、こちらも名曲。けんかをしたカップルが仲直りをどういう風にしようかな?というこちらも胸キュンのストーリー展開で、情景が浮かぶ作詞に思わず妄想がふくらんでしまう。

⑦”もうひとつの時間割り”クラシカルなイントロからピアノが躍動感が加わる軽快なラブソング。

⑧”恋の伝言板”はミディアムバラードタイプの楽曲で内容は喧嘩中のカップルが、ひどりで寂しくいる状況を表現している。

⑨”風の匂い”は編みかけのセーターをほどいて失恋した恋を忘れていくという歌。ラストの

⑩”シャボン玉”は、秋風に飛ばしたしゃぼんだまに自分の夢と幸せを乗せるという前向きな内容。

これほど、きれいにひとつの物語のようにまとまっているアルバムもめずらしい。

トータルアルバムとしても高い評価を出せるだろう。

森田つぐみさんの他の作品は?

森田つぐみさんのアルバムは1976年に発売された「愛のスケッチ」しかない。

シングルは、以下の作品を発売している。

少女期 (1976年4月25日) 作詞:千家和也/作曲:大野克夫/編曲:竜崎孝路
C/W めざめる頃 作詞:千家和也/作曲:大野克夫/編曲:竜崎孝路

さよならは似合わない (1976年9月5日) 作詞:森雪之丞/作曲:宮本光雄/編曲:竜崎孝路
C/W おろしたての放課後 作詞:森雪之丞/作曲:大野克夫/編曲:佐藤準

恋して海岸通り (1976年12月20日) 作詞:なかにし礼/作曲:竹田賢/編曲:竜崎孝路
C/W 冬の哲学 作詞:佐々木守/作曲:服部克久/編曲:竜崎孝路
※TBS系『笑って!笑って!!60分』番組内コーナー『哀愁学園』主題歌

上記のなかで、アルバム未収録だった、”めざめる頃”、”恋して海岸通り”、”冬の哲学”

は2014年に「愛のスケッチブック」が初CD化された際に、ボーナストラックとして衆力されている。

森田つぐみさんは、どういう歌手?

豊中市出身で身長158cm、NETテレビ系の「あなたをスターに!」の第2回グランドチャンピオン大会で優勝して、渡辺プロダクションからスカウトを受けている。

書道は3段、珠算は3級という資格を持っていた。

森田つぐみさんの声はどういう声質?

森田つぐみさんの声質は、そのお嬢様ていとした風貌から、発せられる可愛らしい歌い方の中に、どこか女性の力強さも感じるタイプ。

実力派のばりばりのボーカルではなく、男性から好かれる可愛らしい声質。

少し鼻にかかったように歌いながら、サビではしっかりと強くうたう思春期を歌わせるにはピッタリの歌手だ。

森田つぐみさんの現在の活動は?

森田つぐみさんは、ヒットにめぐまれず、その後は地元(関西)に帰り

藤原嗣美として、音楽教室を開いている。(西宮のカフェ「アリーズ」は閉店)

 

Powered by amaprop.net

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1978~1979 ラブリーズについて

1978~1979 ラブリーズ(Lovelies)について

1967~1972 沢知美について

1967~1972 沢知美(さわともみ)について

1973 速水栄子(はやみえいこ)について

1973~1974 速水栄子(はやみえいこ)について

1976 吉田真梨とは、どのような女性歌手でしょう?吉田真梨のその後は...口コミ評価を集計しました!

「吉田真梨」について

1973 里美ゆり について

1973 里美ゆり について

1965 ミッチー・サハラについて

1965 ミッチー・サハラについて