1972~1973 ニュー・キラーズについて

1972 ニュー・キラーズについて
評価投稿数: 0
0

ニュー・キラーズは、1968年に”恋の季節”で200万枚を越すビッグセールスをたたき上げた、ピンキーとキラーズが、主力女性ボーカルである今陽子(ピンキー)が独立するため、あらたにラブリーズとして女性2名を合体させた、男女混成グループである。

メンバーは、ドラムスのパンチョ加賀美、ギターのエンディ山口、ベースのルイス高野、オルガンのジョージ浜野に、

当時18歳だった、ラブリーズの小林美也子(1954年2月20日生まれ、名古屋出身)と、江口佐枝子(1954年5月29日生まれ、佐賀県出身)がメンバーである。

1972年に、リリース第一弾”太陽に愛されたい”でオリコン最高21位と、まずまずの成功を収めたが、その後ヒットに恵まれず、2年後の1974年3月31日に解散となった。

ニュー・キラーズはどんな音楽?女性の声質はどうなの?

ニュー・キラーズといえば、男女混成コーラスだが、

肝はやはり、作曲家のいずみたくだ。

いずみたくは、1963年坂本九の”見上げてごらん夜の星を”が大ヒットして稀代の作曲家として昭和歌謡を駆け抜けた人物で、1968年にピンキーとキラーズの”恋の季節”、1969年由紀さおりの”夜明けのスキャット”など、

常に、最先端の欧米の洗練されたサウンドを日本の歌謡曲と融合させた。

ニュー・キラーズは、すでに1970年代に突入していたもののムード歌謡に近い古いタイプのサウンドに停滞していた。

小林美也子と江口佐枝子も、個性を消されていて男性ボーカルが途中から、際立って混ざる、何ともファンがつきにくい、中途半端な歌謡曲である。

それとは裏腹にニュー・キラーズのデビューシングル”太陽に愛されたい”発売よりも数ヶ月前の1972年2月に、同じ作曲家のいずみたく作曲、山川啓介作詞で、『青い三角定規』という新人グループ(同じ男女混成!)の2ndシングル”太陽がくれた季節”で80万枚を越える大ヒットを飛ばしてしまったので、

ニューキラーズの存在も影に隠れた。

当時の風潮として、青春ドラマが全盛期の時代なので『飛び出せ!青春』に起用された青い三角定規の高揚感あふれるソフトロック、A&M系、和製ママス&パパスのサウンドは、一世を風靡した。

少し、時期はずれるが1976年の森田公一とトップギャラン”青春時代”も同系統だ。

ニュー・キラーズは、中古品(焼き直し)と見られたのか、同年9月25日に2ndシングル”朝日のメロディ”、1973年2月5日に3rdシングル”恋はくせもの”、同年6月25日には4thシングル”渚のハーモニー”、そしてラスト5thシングル”ゆらゆら”を同年12月10日に発売して、ヒットに恵まれず終了となった。

皮肉なことに、翌年1974年には、いずみたくシンガーズがまたもや、中村雅俊主演の青春ドラマ『われら青春』に主題歌として、”帰らざる日のために”が、爆発的にヒットした。

いずみたくチルドレンであった、ニュー・キラーズでさえ芸能界で再び成功することはできなかった。

いかに、ヒット曲を生み出すのには、当時の風潮と流行、そして歌っている人たちのカリスマ性や運が重要な鍵になっていることを、

このニュー・キラーズの失敗によって、思い知らされるのである。

なお、ラブリーズの小林美也子はその後引退、江口佐枝子は、今も六本木のショータイムがあるラウンジを経営して、今もガンガン歌っているという。

成功、失敗にかかわらず、当時の彼女たちの青春を彩ったニュー・キラーズの歌に、耳をかたむけてみようではないか。

ニュー・キラーズについての口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ニュー・キラーズについてのディスコグラフィ

ニューキラーズのアルバム(LP)

『ニュー・キラーズ誕生!そしてピンキー独立!』(1972)

『ニュー・キラーズ誕生!そしてピンキー独立!』(1972)

『 ニューキラーズ/太陽に愛されたい』(1972)
『 ニューキラーズ/太陽に愛されたい』(1972)

『ニュー・キラーズ・ファミリー・コンサート』(1973)
『ニュー・キラーズ・ファミリー・コンサート』(1973)

ニューキラーズのシングル(EP)

ニューキラーズのシングル(EP)
  1. 太陽に愛されたい / 地球を抱きしめよう (1972)
  2. 朝日のメロディ / 愛を求めて (1972)
  3. 恋はくせもの / 風に吹かれながら (1973)
  4. 渚のハーモニー / レモンのジュース (1973)
  5. ゆらゆらと / 恋のあそび (1973)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

北村優子とは、どのような女性歌手でしょう?口コミ評価を集計しました!

「北村優子」について

1975 池田ひろ子とは、どのような女性歌手でしょう?口コミ評価を集計しました!

「池田ひろ子」について

1973 速水栄子(はやみえいこ)について

1973~1974 速水栄子(はやみえいこ)について

1975 目黒ひとみとは、どのような女性歌手でしょう?目黒ひとみのその後は...口コミ評価を集計しました!

「目黒ひとみ」について

1974~1975 ドレミファンについて

1974~1975 ドレミファンについて

1975~1976 Z(ゼット)について

1975~1976 Z(ゼット)について