ザ・シャンテルズ(The Chantelles)について【イギリス】白人

ザ・シャンテルズ(The Chantelles)について【イギリス】白人
評価投稿数: 0
0

イギリスのガールズグループ「ザ・シャンテルズ(The Chantelles)」は、「ラナ・シスターズ(The Lana Sisters)」の残党メンバーで結成された。

リス・シャンテル(Riss Chantelle)=公式にはアイリス・ラナ(Iris Lana)として知られる、が率いたこのトリオ「ザ・シャンテルズ」は、1960年代中期にいくつかハイクオリティの作品を発売し、たくさんのテレビ出演をし、映画の主演も務めた。

1950年代後半に活躍した黒人コーラスグループ「The Chantels」とは、綴りにLがひとつ無い別グループである。

ザ・シャンテルズ(The Chantelles)のバイオグラフィ

1965年

このトリオは1965年に、リス・シャンテル(Riss Chantelle)=アイリス・ラナ(Iris Lana) 、サンドラ・オーレル(Sandra Orr)、ジェイ・アダムス(Jay Adams)で結成された。

リス・シャンテルがこのグループを率いていたが、これは1950年代後半にダスティ・スプリングフイールド(Dusty Springfield)がその活動を始めたグループ「ラナ・シスターズ」が発展したものだ。

ライブ活動で名前を売った後、ザ・シャンテルズはレコード会社「Parlophone」と契約を結び、1965年4月にファーストレコード“I want that boy”を発売した。

これはアメリカの歌手サディーナ(Sadina)の、あまり有名ではない曲のカバーで、素晴らしい出来であった。この自信作の正確なボーカルハーモニーに関心が集まり、ラジオ局「Radio London」の番組『pirate station』のチャートでトップ40入りを果たす。

続いて、その夏発売された“The secret of my success”ではがっかりする結果になったが、その後10月に発売された珠玉のポップス“Gonna get burned”で彼女たちは復活した。

B面の激しいビート曲“Gonna give him some love”もまたファンを喜ばせ、後にイギリスのノーザンソウルダンスシーンでのお気に入りとなる。

彼女たちは犯罪映画『Dateline diamonds』への出演依頼を受ける。この映画にはキキ・ディー(Kiki Dee)やグループ「スモール・フェイセス(The Small Faces)」も出演している。

この中で彼女たちはバラードの“I think of you”とダンサブルな“Please don’t kiss me”を披露しており、両曲とも映画の公開と同時に1966年にシングルとして発売された。

1966年

ザ・シャンテルズの知名度と作品の質の高さにより、チャート上で成功してもおかしくなかったのだが、そうはならなかった。

そのため彼女たちはレコード会社「Polydor」へと移り、1966年に“There’s something about you”を発売した。これもまたノーザンソウルダンスシーンで人気となり、彼女たちの中で最も需要のある曲となった。

1967年

しかしこの曲も失敗に終わり、1967年に再びレコード会社を「CBS」へと移った。

驚くべきことに、ガーシュウィン(Gerschwin)のカバー“ The man I love”がこのレコード会社からのファーストレコードとなった。

そしておそらくさらに驚くことに、この会社からの2番目でそして最後のシングルとなる“Out of my mind”は、イギリスで発売することができなかった。

1968年

しかし、1968年にこのシングルは、ドイツとアメリカでは発売された。

アメリカでは、アメリカのガールズグループ「シャンテルズ(The Chantels)」と区別するため「ロンドンのシャンテルズ(The Chantelles of London)」と広告された。

ジェイがグループを抜けた後、ノラ・ヨーク(Nola York)が加わった。

1968年にグループが解散すると、リス・シャンテルはノラ・ヨークのマネージャーとなり、ノラはロンドンのウエスト・エンド(West End)のステージで成功を収め、リス・シャンテルは自身の音楽出版社『Chantelle Music』を設立した。

出典:Ready Steady Girls

ザ・シャンテルズ(The Chantelles)について【イギリス】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ザ・シャンテルズ(The Chantelles)【イギリス】のディスコグラフィ

  1. I Want That Boy ‎(7″, Single)  1965
  2. The Secret Of My Success ‎(7″)  1965
  3. Gonna Get Burned ‎(7″)  1965
  4. There’s Something About You / Just Another Fool ‎(7″, Single, Mono) 1966
  5. I Think Of You / Please Don’t Kiss Me ‎(7″, Single) 1966
  6. The Man I Love / Blue Mood ‎(7″) 1967
  7. Out Of My Mind 1968

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

ザ・ブレイカウェイズ(The Breakaways)について【イギリス】

ザ・ブレイカウェイズ(The Breakaways)について【イギリス】

レディ・リー(Lady Lee)について【イギリス】

レディ・リー(Lady Lee)について【イギリス】

ヘレン・シャピロ(Helen Shapiro)について【イギリス】

ヘレン・シャピロ(Helen Shapiro)について【イギリス】

アドリアンヌ・ポスター(Adrienne Poster)について【イギリス】

エイドリアン・ポスタ(Adrienne Poster)について【イギリス】

ビリー・デイヴィス(Billie Davis)

ビリー・デイヴィス(Billie Davis)について【イギリス】

ペトゥラ・クラーク(Petula Clark)について【イギリス】

ペトゥラ・クラーク(Petula Clark)について【イギリス】