アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)について【スウェーデン】

アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)について【スウェーデン】
評価投稿数: 0
0

スウェーデンの歌手「アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)」は、母国で十分成功した後、国際的な活動に目を向けた。

ドイツでシンプルにアナ・レナという名で、“Dein Herz, das muß aus Gold sein”のような料金の安いレコードでヒットを記録し、彼女に続くスカンジナビアのスターたちに、ドイツ市場での成功の道を示した。

アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)の生い立ち

1944年5月1日、スウェーデンの首都ストックホルム(Stockholm)に本名アナ・レナ・レフグレンとして生まれる。

赤ちゃんの頃にポリオにかかり、右足が変形してしまう。

これにより、学校ではスポーツの分野でクラスメートたちに後れを取り、彼女は多くの時間を音楽室で過ごすようになる。これを強みに変え、まず学校の聖歌隊へ、そして後にラジオ『Stockholm Radio』の聖歌隊に加わった。

熱心な歌手として、彼女は多くのタレントコンテストやクラブに出場。

歌手デビュー

1959年にストックホルムのレコード会社「Metronome」の関心を引くとすぐ、1961年にファーストレコードを発売した。彼女が躍進したのは、翌年にシングル“Regniga natt”を発売した時で、これは100,000枚以上も売れた。

さらにヒットが続き、シュー・マルムクヴィスト(Siw Malmkvist)のようなスウェーデンのスターたちがドイツで大きく成功していたことを受け、「Metronome」のドイツ支社は、アナ・レナのドイツ進出を決めた。彼女は学校でドイツ語を習っており、そしてドイツ語が好きだったので、この決定に異存はなかった。

1962年

1962年に発売された“Iwan Iwanowitsch”はスウェーデン語レコードの翻訳版なのだが、これが彼女のドイツ語での初のレコードとなった。しかしロシア風テーマのこの曲は、この頃政治的に東西ふたつに分かれていたドイツでは、うまくいかなかった。

続く“Schöner als es war”と“Sieben weissen Möwen”もまた失敗に終わる。

ちなみに後者のB面曲である“Abschiednehmen ist so schwer”はニール・セダカ(Neil Sedaka)“ Breaking up is hard to do”のカバー曲で、これは注目に値する。

1963年

それでも母国でのスターとして、1963年のコンテスト『Eurovision song contest』に参加するためのスウェーデン代表の座を“Säg varför”で狙うが、モニカ・ゼタールンド(Monica Zetterlund)に敗れてしまう。

1964年

1964年に“Morgen hast du keine Sorgen”を発売すると、彼女はようやくドイツで成功を収めることになる。アメリカのスター、リッキー・ネルソン(Ricky Nelson)の陽気な曲“ Today’s teardrops”のカバーであるこの曲は、4か月もの間チャート上に留まり、ピークは20位を記録した。

しかし、続く“Go tell it on the mountain”のカバーである“Oh, muß die Liebe schön sein”はこの勢いに乗ることに失敗し、跡形もなく消えてしまった。ネッド・ミラー(Ned Miller)の“Invisible tears”のカバーである“Wenn zwei sich wie wir gut versteh’n”が1965年に発売されるが、これも同様に多くの関心を集めることはできなかった。

またしても、B面の“Wein’ nicht um die And’re”が、時を超えてより人気となっている。これはコニー・フランシス(Connie Francis)“ Don’t cry on my shoulder”のカバーである。

ドイツ音楽界の最重要人物のひとりである、名声のあるソングライター、ハンズ・ブラム(Hans Blum)が彼女のキャリアを引き戻すために召集されたが、彼の書いた“Vergessen ist schwer”ですら売り上げを伸ばすことはできず、彼女はドイツでは1ヒットの奇跡で終わってしまうのではないかと思われた。

1967年

1967年春に発売された“Dein Herz, das muß aus Gold sein”が、彼女の救世主となる。この曲はネッド・ミラーの“Do what you do, do well”のカバーで、5か月間チャートに入ることに成功し、その間に17位を記録した。

同様にカントリーでウェスタンスタイルだがオリジナルの曲“Bleib doch steh’n”は、その年の後半にトップ40入りした。

この頃までに彼女は結婚していたが、その結婚生活は長くは続かなかった。彼女は後に再婚、そして再び離婚するのだが、健全なイメージを好むメディアから、プライベートを隠すことに成功した。

1968年

1968年に、今度は“Jag vill tro”でコンテスト『Eurovision song contest』にスウェーデン代表として参加しようという2度目の試みは再び失敗に終わるが、シュラガースタイルの曲“Dein Glück ist mein Glück”により、彼女のドイツでのスターとしての地位は確立する。この曲はその夏、トップ30を記録する。

しかしこのリリースで恐らく一番驚くべきことは、“Immer am Sonntag”がB面でくすぶっていたということだろう。この曲のオリジナルである“Il ragazzo della Via Gluck”はイタリアのスター、アドリアーノ・チェレンターノ(Adriano Celentano)により大きなヒットとなっていたし、フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)も“La maison où j’ai grandi”として成功していた。

そして何よりアナ・レナ自身も“Lyckliga gatan”としてスウェーデンチャートのトップを記録し、母国での活動の中で彼女最大のヒットとなっていたのである。

当時ドイツで活躍していたスカンジナビアのスターたちの多く、例えばヴェンケ・ミューレ(Wencke Myhre)、ドルテェ(Dorthe)、キルスティ(Kirsti)らのように、アナ・レナもアップビートでシュラガースタイルの曲を与えられていた。

しかし他の何人かの歌手たちとは異なり、彼女は与えられた曲に不満を言うことはなかった。単純に、生活のために歌えることに満足していたのだ。

次のシングル“Alle Blumen wollen blühen”は1968年のコンテスト『Deutsche Schlagerwettbewerb』にエントリーされ、彼女はジョゼフ(Joseph)のミュージカル『amazing technicolour dreamcoat』を取り入れて登場した。コンテストではシュー・マルムクヴィスト、ドルテェ、フランス・ギャル(France Gall)に続く4位とはなったものの、この陽気な曲はチャートヒットとなった。

1969年以降

1969年に発売されたシングル“Rot ist die Liebe”と“Zum Weinen kein Talent”も共にヒットとなる。

時代の変化に合わせ、彼女の活動の方向性にも変化を試みた。しかし、1970年に発売したメリー・ホプキン(Mary Hopkin)“ Temma Harbour”のカバー曲“Eine Hütte in den Bäumen”が失敗すると、彼女は“Arm oder reich”で、慌てて元の慣れているスタイルへと戻る。

この頃までには、彼女のドイツチャートでの活躍は終わっていた。1971年に発売された、ジュディ・コリンズ(Judy Collins)“ Amazing Grace”のスタイルを取り入れた“Das Lied vom Glück”や1973年に発売された、スーザン・レイ(Susan Raye)“ LA International Airport”のカバー“Jedes Herz braucht eine Heimat”、そしてマリー・オズモンド(Marie Osmond)“ Paper roses”のカバー“Rosen aus Papier”といったシングルでは人気を復活させることはできなかった。

彼女は母国へ戻り、ラジオプレゼンターとして第二のキャリアをスタートさせた。時々彼女はスタジオへ戻りレコーディングを行った。ドイツ語の新しいディスク“Irgendwann nimmt das Glück dich in den Arm”が2001年に発売され、2005年にはスウェーデン語のアルバム『På begäran』が発売された。しかし徐々にスピリチュアルミュージックに活動を制限していった。

彼女は2010年に66歳でこの世を去った。

出典:Ready Steady Girls

アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)について【スウェーデン】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)について【スウェーデン】のディスコグラフィ

アナ・レナ・レフグレン(Anna-Lena Löfgren)のアルバム(LP)

1963年

①Anna-Lena ‎(LP)
①Anna-Lena ‎(LP) 

1967年

②Lyckliga Gatan
②Lyckliga Gatan

1968年
③Anna-Lena ‎(LP, Album)

③Anna-Lena ‎(LP, Album) 

1969年

④Anna-Lena Löfgren, Artur Erikson - Jul Jul Strålande Jul
④Anna-Lena Löfgren, Artur Erikson – Jul Jul Strålande Jul 

1970年

⑤Festliche Weihnacht
⑤Festliche Weihnacht 

⑥Artur Erikson, Anna-Lena Löfgren
⑥Artur Erikson, Anna-Lena Löfgren 

1972年

⑦Som En Sång
⑦Som En Sång 

⑧Nu Tändas Tusen Juleljus ‎(LP, Album)
⑧Nu Tändas Tusen Juleljus ‎(LP, Album) 

1973年

⑨Anna-Lena Löfgren, Artur Erikson - Ovan Där ‎(LP, Album)
⑨Anna-Lena Löfgren, Artur Erikson – Ovan Där ‎(LP, Album) 

1977年

⑩Anna-Lena Löfgren & Poliskören Stockholm - Vi Möts Igen
⑩Anna-Lena Löfgren & Poliskören Stockholm – Vi Möts Igen 

1979年

⑪Lev Som Du Lär ‎(LP)
⑪Lev Som Du Lär ‎(LP) Polydor 2379 171 1979

1985年

⑫Anna-Lena Löfgren & Ray Adams - Skattkisten ‎(LP)
⑫Anna-Lena Löfgren & Ray Adams – Skattkisten ‎(LP)

⑬Sånger Från Hjärtat ‎(LP, Album)
⑬Sånger Från Hjärtat ‎(LP, Album) 

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

グニラ・ソーン(Gunilla Thorn)について【スウェーデン】

グニラ・ソーン(Gunilla Thorn)について【スウェーデン】