リー・モランテ(Li Morante)について【スペイン】

リー・モランテ(Li Morante)
評価投稿数: 0
0

スペイン・アンダルシア州グレナダ(Granada)生まれの歌手で女優の「リー・モランテ(Li Morante)」は、スペインで初めてのイエイエガールのひとりである。

しかし、5枚のリリースと1つの映画の後、キリスト教組織「Opus Dei」の布教活動に専念するためにエンタメ業界から引退した。映画『Objetivo las estrellas』からの曲“Guateque”が、彼女の中で最も有名となっている作品である。

1960~1970年代スペインの女性歌手

リー・モランテ(Li Morante)のバイオグラフィ

リー・モランテは、本名マリア・ドロレス・モランテ(María Dolores Morante)として、スペイン南部のグラナダに生まれる。

後にスペイン最初のイエイエガールのゲル(Gelu)として有名になる、マリア・デ・ロス・アンヘルスロ・ドリゲス・フェルナンデス(María de los Ángeles Rodríguez Fernández)と同じ学校で歌のレッスンを受けた。

リー・モランテは16歳の時に活動を始める。

ラジオ局「Radio Granada」のメルセデス・ドメネク(Mercedes Domenech)の助力により、レコード会社「Philips」のオーディションを受けた。ティーンの彼女の力強い歌声と、映画スターのような美しさに魅力を感じた会社はすぐにレコード契約をオファーした。

1962年

1962年、ファーストEP“Llámame”が発売されたが、曲の選択は明らかに貧相だった。

4曲すべてが古臭く、また先行シングルとなったのは、その年のコンテスト『Eurovision』で、ヴィクター・ベラグアー(Victor Balaguer)がポイントを取れずに最下位となったスペインのエントリー曲のカバーだった。

当然、このレコードは関心を集めることはできなかった。

1962年秋に発売された2枚目のEPでセクシーな“Tafetán”は、もちろんより素晴らしい作品となった。よりモダンでダンサブルなリードトラックと、きちんとしたカバー曲が数曲収録されたこのEPは、彼女の初ヒットとなった。

1963年

この曲の成功と美しい外見から、映画監督のチェザーレオ・ゴンザレス(Cesáreo González)が彼女に注目し、4つの映画契約を結んだ。

1963年の『Objetivo las estrellas』が初めての映画出演となった。

この評判がよく、彼女の知名度は上がり、結果、「Philips」からの3枚目のEPもうまく行った。リードトラックで、アメリカの歌手クラウディン・クラーク(Claudine Clark)“ Party time”のカバーである“Guateque”は、映画のサウンドトラックにも使用され、彼女の作品の中で最も有名なものとなっている。

1963年に発売されたこの作品は、スペインイエイエ界の先駆者となった。

これにより、リーは有名となった。しかしすぐに彼女は、支払わなければならない代償があることに気付く。

続く作品として、“Dame felicidad”が発売。これは、この時代の雰囲気を掴んだ力のある曲を収録した、均整の取れた作品だった。

唯一悪かった点は、他にもたくさんの歌手たちがこのリードトラックのカバーバージョンを発売し、この販売競争が誰にも利益をもたらさなかったということだ。

他にも有名な曲、グループ「エキサイターズ(The Exciters)」“Tell him”のカバー“Bienvenido amor, Dile”と「カスケーズ((The Cascades)」“Rhythm of the rain”のカバー“El ritmo de la lluvia”がこの作品に収録されている。多くのファンにとって、これが彼女のベスト作品となっている。

1964年

数々のライブ出演と、アメリカで小さなツアーも行い、彼女はトップであり続けた。

1964年に、ジリオラ・チンクエッティ(Gigliola Cinquetti)の『Eurovision』でのイタリア優勝曲“Non ho l’età”のカバー“No tengo edad para amarte”が発売され、これもよく売れた。ちなみにこれもまた、もちろん彼女だけでなく他のスペインの歌手、ゲルやロザリア(Rosalía)も彼女たちのバージョンを発売した。

しかしリーは、ロックンロールな生き方や、この世界での生活に幸せを感じなかった。

強い信仰心を持つ彼女には、居心地が悪かったのだ。そのため人気の絶頂で、すべて辞めてしまった。ちなみに後日父親が、映画契約の違約金を払うこととなった。

注目を浴びない生活を満喫し、リーは結婚し子供を持った。

後に「Opus Dei」についての教育を始め、現在もカトリック組織のボーカル支援を続けている。

出典:Ready Steady Girls

リー・モランテ(Li Morante)の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

リー・モランテ(Li Morante)のディスコグラフィ

リー・モランテ(Li Morante)のシングル(EP)

リー・モランテ(Li Morante)のシングル(EP)
  1. Llamame – Darling – No Me Digas Que No – Concierto De Amor  1962
  2. Tafetan / Un Viejo Amor / Por Tu Amor / Silbando Al Viento ‎(7″, EP, Mono)   1962
  3. Guateque / La Luna Y La Noche / Llamame / Silbame ‎(7″, EP, Mono)  1963
  4. Dame Felicidad ‎(7″, EP, Mono)  1963

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

キニタ(Kinita)について【スペイン】

キニタ(Kinita)について【スペイン】

ベティナ(Betina)について【スペイン】

ベティナ(Betina)について【スペイン】

エイドリアンジェラ(Adriángela)について【スペイン】

アリシア・グラナドス(Alicia Granados)について【スペイン】

アリシア・グラナドス(Alicia Granados)について【スペイン】

イヴァナ(Ivana)について【スペイン】

イヴァナ(Ivana)について【スペイン】

ゲル(Gelu)について【スペイン】

ゲル(Gelu)について【スペイン】