シンディ・ワイス(Cindy Weiss)について【ドイツ】

シンディ・ワイス(Cindy Weiss)について【ドイツ】
評価投稿数: 0
0

ドイツの歌手シンディ・ワイス(Cindy Weiss)は、質の高い作品と共に音楽業界に乗り込んだのだが、本名アネリ・ワイス(Anneli Weiss)という名での活動も含め、チャート上で成功することはできなかった。

彼女の本名はアネリ・ワイス、ドイツ中部ヘッセ(Hesse)のナンツェンバッハ(Nanzenbach)出身である。

田舎であり音楽産業が栄えていなかったことは、若い13歳の彼女に歌手になる夢を踏み留まらせる理由にはならなかった。

1965年、レコード会社「Hansa」から、本名でファーストシングル“Winnetou’s Schwester”を発売。

「Winnetou」とは、カール・マイ(Karl May)のフィクション小説に登場する、ネイティブアメリカンのヒーローである。

1960年代中盤、このキャラクターが登場する映画シリーズがドイツで大人気となり、しばらくの間、カウボーイとインディアンのブームを巻き起こした。

この曲のテーマに合わせるため彼女は、黒髪のかつらと赤いフェイスペイントというネイティブアメリカンのスタイルでジャケットを飾った。しかしサウンドとしては、幸運にも、インディアンのテーマは取り入れていなかった。

この曲はミリー・スモール(Millie Small)“ Chilly kisses”のカバーである。B面にはもうひとつのキラートラック“Sugar candy”が収録されており、この曲によりこのレコードは成功するべきであったと言えるのだが、ポップス界はいつも公平とは行かず、このレコードは埋もれてしまう。

シンディ・ワイスは学校へ戻ったが、わずか2年後に再び音楽業界へと戻る。

今後彼女のすべての作品を監修することになるプロデューサー、ラルフ・ミルコ(Ralph Milko)と契約を結んだのだ。

このコンビの最初の成果は、レコード会社「Hansa」から1967年に発売されたシングル、悲し気なバラード“Ich kann dich nicht ändern”である。彼女の声はこの曲に完璧に合っていて、確立されたスター、マリオン(Marion)と比較されるまでとなった。

ちなみにB面はミドルテンポの“Komm ich heut nicht, komm ich morgen”である。

この期間、彼女はコンテスト『Belgian European music festival』へ参加し、そこでゴールドメダルを獲得する。

ミルコが1968年に自身のレコード会社「Alpha」を立ち上げると、彼女も彼に付いていった。そこから彼女は2枚のシングルと1枚のLPを発売する。

“Ich bin nicht zu jung für die Liebe”が最初のシングルだったが、またしてもより力を持つ曲はB面に留まった。活気のある曲“Mein Herz kann kein Computer sein”である。

この曲は、あまりにもたくさんのデートの約束があり、現代テクノロジーを駆使しないとそれを整理できないという少女について歌っている。

2枚目のレコードには“Oh Monsieur”とB面に“Schwarz auf weiss”が収録されている。
どちらのレコードも成功はしなかったが、ミルコは愛弟子のためにアルバムをプロデュースすることを決め、『Musik ist meine Welt』がその年に発売された。

彼がこのLPのほとんどの曲を作ったが、シンディ自身も3曲貢献しており、ティーンの少女がパーティへ行くために両親と戦うというドラマを歌った“Du bleibst noch hier”は最高の出来の1つとなった。

しかし「Alpha」のような小さい会社が生き残るのは難しく、1969年に会社を畳むこととなった。

彼らはレコード会社「Philips」と契約すると、その年に2枚のシングルを発売した。しかし“Ade, goodbye, auf Wiederseh’n”と、弾力のある曲“Rot, grün, gelb”は共に失敗に終わり、彼女は会社を去ることになった。

その後の彼女についてははっきりしないが、完全に音楽業界からは去ったようだ。彼女のシングルのうち何枚かは、時を超えてコレクターアイテムとなり、インターネットオークションでは高値で取引されている。

出典:Ready Steady Girls

シンディ・ワイス(Cindy Weiss)について【ドイツ】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

シンディ・ワイス(Cindy Weiss)について【ドイツ】のディスコグラフィ

シンディ・ワイズのLP(アルバム)

1968年

①Musik Ist Meine Welt ‎(LP, Album)
①Musik Ist Meine Welt ‎(LP, Album)

シンディ・ワイズのEP(シングル)

1967年

②Ich Kann Dich Nicht Ändern ‎(7", Single)
②Ich Kann Dich Nicht Ändern ‎(7″, Single)

1968年

③Oh Monsieur / Schwarz Auf Weiss
③Oh Monsieur / Schwarz Auf Weiss

④Ich Bin Nicht Zu Jung Für Die Liebe / Mein Herz Kann Kein Computer Sein ‎(7", Single)
④Ich Bin Nicht Zu Jung Für Die Liebe / Mein Herz Kann Kein Computer Sein ‎(7″, Single)

1969年

⑤Ade, Goodbye, Auf Wiederseh'n / Glück In Der Liebe
⑤Ade, Goodbye, Auf Wiederseh’n / Glück In Der Liebe

⑥Rot, Grün, Gelb / Der Wind In Den Bäumen ‎(7", Single, Mono)
⑥Rot, Grün, Gelb / Der Wind In Den Bäumen ‎(7″, Single, Mono)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

オードリー・アーノ(Audrey Arno)について【ドイツ】

オードリー・アーノ(Audrey Arno)について【ドイツ】

ハイディ・バチャート(Heidi Bachert)について【ドイツ】

ハイディ・バチャート(Heidi Bachert)について【ドイツ】

コニー・フロベス(Conny Froboess)について【ドイツ】

コニー・フロベス(Conny Froboess)について【ドイツ】

ジェイコブ・シスターズ(The Jacob Sisters/Die Geschwister Jacob)について【ドイツ】

ジェイコブ・シスターズ(The Jacob Sisters/Die Geschw...

カーチャ・エプシュタイン(Katja Ebstein)について【ドイツ】

カーチャ・エプシュタイン(Katja Ebstein)について【ドイツ】

カーチャ・ホーランダー(Katja Holländer)について【アメリカ・ドイツ】

カーチャ・ホーランダー(Katja Holländer)について【アメリカ・ドイ...