アレクサンドラ(Alexandra)について【ドイツ】

Alexandra
評価投稿数: 0
0

アレクサンドラは、他のドイツの歌手たちとはまったく異なるサウンドを提供した。

彼女のチャート上での成功は、一見大したことはないようだが、ドイツ音楽産業へ彼女がもたらした影響は、決して評価されすぎることはない。

チャートデビューしてからたった1年後の彼女の死により、彼女の人気は永遠となった。

アレクサンドラ(Alexandra)のバイオグラフィ

アレクサンドラは、1942年5月19日、本名ドリス・トライツ(Doris Treitz)として、かつてドイツの町であったハイデクルッグ(Heydekrug)で生まれた。

ここは現在はリトアニアの「シルテ(Silute)」である。家族が引っ越しをし、彼女は若き日を北ドイツの町キール(Kiel)とハンブルク(Hamburg)で過ごす。

彼女は歌手になることを夢見、ティーンの頃にピアノを習いはじめ、また自身で作曲もスタートさせた。

大学でデザインを学びながらアルバイトでお金をため、ギターも買い、20歳の時、両親の家へ下宿していたロシア移民のニコライ・ネフェドブ(Nikolai Nefedov)と結婚する。

しかし、2年のうちに離婚し、シングルマザーとして歌手の夢を追うこととなる。

まず初めに、彼女は本当の名を捨て、下の息子の名前アレクサンダー(Alexander)にちなみ、アレクサンドラと名乗った。

1965年

1965年からしばらく、彼女はハンブルクを拠点としたグループ、シティ・プリーチャーズ(The City Preachers)で活動を始める。

そのすぐ後、アレクサンドラはレコードプロデューサーのフレッド・ウェイリッチ(Fred Weyrich)に見初められる。

彼は彼女のメランコリックな声を好み、市場に彼女の入り込む隙間があると感じていた。すぐに彼女はフィリップス(Philips )レーベルと契約を結ぶ。

ウェイリッチは彼女の初めてのリリースを、通常とは違い、シングルではなくLPにすると決めた。

1967年

『Premiere mit Alexandra』というタイトルで1967年に発売されたこのアルバムは、“Sag mir was du denkst”とタイトルされたフランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)の“Parlami di te”のカバーや “Warum”とタイトルされたクローダ・ロジャーズ(Clodagh Rodgers)の“Every day is just the same”のカバーとオリジナル曲をミックスさせたアルバムだった。

曲の提供者にはミヒャエル・クンツェ(Michael Kunze)、チャーリー・ニーセン(Charly Niessen)、ラルフ・ジーゲル・ジュニア(Ralf Siegel Jnr)といった著名な作曲家たちを含む。

アレクサンドラ自身もまた、このLPのために“Die Andern waren schuld”という信頼のおける一曲を作った。

1968年

このアルバムとツアーは、彼女への関心を呼んだ。

すぐに、ジプシー少年との報われない恋を歌った“Zigeunerjunge”が彼女のデビューシングルとしてこのLPから選ばれた。

1968年に発売され、フォークと東ヨーロッパの魅力の組み合わせという、彼女のスタイルを確立させた。この曲はヒットし、ドイツチャート22位となった。

彼女の最大の成功は、次の“Sehnsucht”だった。

この曲を彼女は激しく嫌っていたが、マネージャーとプロデューサーに歌うよう強要された。少しずつトップ10からは落ちていったものの、1968年夏のドイツチャートに6か月以上も留まった。

ドラマチックな曲“Illusionen”は彼女にとっての3番目のヒットであり、最も愛さ続ける曲のひとつとなった(B面には“Auf dem Wege nach Odessa”を収録)。

これは彼女が、オーストリアのスター、ウド・ユルゲンス(Udo Jürgens)とともに作った曲で、後にシャーリー・バッシー(Shirley Bassey)によって“If I never sing another song”としてカバーされている。

1年以上に渡り、彼女は自身でたくさん作曲をしており、またユルゲンスやサルヴァトール・アダモ(Salvatore Adamo)といったスターと共同での作曲も行った。

シンプルに『Alexandra』とタイトルされた2枚目のLPがその年の終わりに発売され、売れ行きは好調だった。

この中でハイライトとなったのは、アダモの“Nombe la neige”のカバーである“Grau zieht der Nebel”と彼女自身が作曲した“Mein Freund, der Baum”で、両曲とも彼女の死後、シングルとして発売されている。

1969年

おそらく驚くことに、1969年の彼女のファーストシングル“Schwarze Balalaika”は完全に失敗に終わった。

彼女は、その年のユーロビジョン・ソング・コンテストのドイツ代表を選ぶ決勝にエントリーすることを熱望していたが、体調を崩し参加できなかった。

彼女が3曲のうちどれを歌うつもりだったかということさえ、知られていない。

ブラジルでのツアーがドイツのテレビスペシャルで放送され、彼女の知名度をさらに上げた。

彼女の最後のヒット曲は“Erstes Morgenrot”で、チャート17位となった。しかし1969年6月にこの曲が発売されてから2週間も経たないうちに、彼女は車の事故で亡くなった。

何年にも渡り、この事故をめぐって数々の推測がなされてきた。アメリカのスパイ、ピエール・ラファエル(Pierre Lafaire)と付き合っていたために、彼女の死には、東ドイツの秘密警察や国家保安省シュタージ(Stasi)が関わっている、という議論をする人もいる。

彼女の死後、たくさんのシングルやベストアルバムが発表された。

表面上、アレクサンドラの1960年代のドイツ音楽シーンに対する貢献は小さく感じるかもしれない。

しかし、彼女の成功により、新しいスターや、既存のスターたちなどによる、似たような曲の波が起こった。彼女の独特のスタイルは、他のどんなものとも異なり、またどんなものと比べても劣ることはない。

出典:Ready Steady Girls

アレクサンドラ(Alexandra)について【ドイツ】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

アレクサンドラ(Alexandra)のディスコグラフィ

1967年
①1967:Premiere Mit Alexandra

①1967:Premiere Mit Alexandra (LP)

1962年
②1968: Alexandra

②1968: Alexandra (LP)

アレクサンドラ(Alexandra)のSingles & EP

1967 Zigeunerjunge / Aus
1967 Tzigane ‎(7″, EP)
1967 Zigeunerjunge / Aus ‎(7″, Single, Mono)
1968 Sehnsucht
1968 Illusionen / Auf Dem Wege Nach Odessa
1968 Weißt Du Noch? / Mein Freund, Der Baum ‎(7″, Single, Mono)
1968 Weißt Du noch? / Mein Freund, der Baum ‎(7″, Single, Mono)
1969 Schwarze Balalaika
1969 Dorthe / Alexandra / Vicky / Manfred Mann – Aktuelle Hits
1969 Erstes Morgenrot
1969 Alexandra ‎(7″, EP, Club)
1969 Der Traum Vom Fliegen ‎(7″, Single, Mono)
1970 Das Glück Kam Zu Mir Wie Ein Traum ‎(7″, Single)
1974 Поёт Александра ‎(Flexi, 7″, Mono)
1975 Erstes Morgenrot / Illusionen ‎(7″, Single, RE)
1976 O Duscha, Duscha ‎(7″, Single)
1982 Alexandra ‎(7″, EP)
1984 Mein Freund, Der Baum ‎(7″, Single)
1999 Der Traum Vom Fliegen ‎(CD, Maxi, Promo, MP)
2010 Maskenball ‎(7″, Single, Ltd)

La Taïga / La Faute Du Monde Entier Unknown
Auf Dem Wege Nach Odessa ‎(7″) Unknown

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

ドミニク(Dominique)について【ドイツ】

ドミニク(Dominique)について【ドイツ】

クレイジー・ガールズ(Die Crazy Girls)について【ドイツ】

クレイジー・ガールズ(Die Crazy Girls)について【ドイツ】

オードリー・アーノ(Audrey Arno)について【ドイツ】

オードリー・アーノ(Audrey Arno)について【ドイツ】

ブリジット・ペトリー(Brigitt Petry)について【ドイツ】

ブリジット・ペトリー(Brigitt Petry)について【ドイツ】

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)について【ドイツ】

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)について【ドイツ】

ジェイコブ・シスターズ(The Jacob Sisters/Die Geschwister Jacob)について【ドイツ】

ジェイコブ・シスターズ(The Jacob Sisters/Die Geschw...