ドース・コロ(Dorthe Kollo)について【デンマーク歌手】

ドース・コロ(Dorthe Kollo)について【デンマーク歌手】
評価投稿数: 0
0

デンマークの歌手ドース・コロ(Dorthe Kollo)としても知られる―は、1960年代にいくつか最高のシュラガー(ドイツ語ポップス)作品を残し、彼女の曲は今でもドイツのテレビやラジオで人気がある。ドイツでは彼女の“Sind Sie der Graf von Luxemburg?”が最も有名である。

ドース・コロ(Dorthe Kollo)の生い立ち

ドース・コロは、1947年7月17日、本名ドース・ラーセン(Dorthe Larsen)としてデンマークの首都、コペンハーゲン(Copenhagen)に生まれる。

1957年

12歳の時にファーストシングルのレコーディングを行い、デンマークで有名となった。その後、隣国ドイツへ挑戦する。

最初の試みである“Eine Menge Verehrer”では失敗に終わる。

1963年 15~16歳のころ

この曲でドース・コロは、1963年にバーデン=バーデン(Baden-Baden)で開催されたコンテスト『Deutsche Schlagerfestspielen』に出場するが、決勝へは進めなかった。B面の“Deiner Nase seh’ ich es an”は、ジョニー・クローフォード(Johnny Crawford)のアメリカでのヒット曲“Your nose is gonna grow”の、きちんとしたカバー曲である。

1964年 17歳のころ

翌年17歳のドースは、“Junger Mann mit rotten Rosen”でコンテスト『Schlager-Festspiele』で5位を獲得し、この曲はドイツで初めてトップ20入りを果たすヒットとなる。

1965年 18歳のころ

非常に元気のいいドース・コロの音楽スタイルは、1965年の“Dip-di-dip (du passt gut zu mir)”といった曲でも続いた。

この曲はアンジェラ・マーティン(Angela Martin)がアメリカでリリースした、あまり有名でない“Dip-da-dip (I want to be his girl)”のカバーであり、B面としてリリースされたにも関わらず、ドースの作品の中で最も永続的な人気があるもののひとつである。

コニー・フランシス(Connie Francis)“ Lipstick on your collar”の聴覚的コピーであり、別の年のコンテスト『Schlager-Festspiele』のエントリー曲でもある“Blondes Haar am Paletot”もまた、人気となった。

1966年 19歳のころ

ドース・コロは、数曲だけではあるがビートサウンドにも挑戦した。1966年のシングルでは、B面の素晴らしい“Sowas kann man nicht vergessen (Deine Küsse beim Goodbye)”が、 “Heut hab’ ich mein Herz verloren”と入れ替えられリードトラックとなるべきであっが、残念ながら、レコード会社は波風を立てることに注意深いので、こういったことはよくある出来事だった。

同様のことが続くシングルでも起こり、A面の“Glück und Glas”に比べて、B面の素晴らしい“Darauf fall’ ich nicht rein (Come on my boy)”は、ファンからの支持を受け続けている。

1967年 20歳のころ

翌年、ドース・コロはベストシングルのひとつと言える“Frag jedes Mädchen”を発売する。これはサンディ・ショウ(Sandie Shaw)がコンテスト『A song for Europe』にエントリーした曲のひとつ、“Ask any woman”のカバーである。

しかしその後、この頃にはオペラ歌手のルネ・コロ(René Kollo)と結婚していたドースは、“Sind Sie der Graf von Luxemburg?”で、より彼女に馴染みのスタイルへと戻る。

彼女の作品の中で、ドイツで最も大きなヒットとなるこの曲は、低地帯(今の ベルギー・オランダ・ルクセンブルクが占める地域)を回り、全くの見知らぬ人々に、有名なオペレッタ(軽い内容の喜歌劇)の責任者ではないかと尋ねて回る少女の、ありふれた物語である。

この曲は4か月間ドイツチャートのトップ10に留まり、ピークでは5位を記録した。また現在では、シュラガーの古典だと考えられている。この成功により同じタイトルのLPがすぐに発売され、また彼女の今後の方向性を示すものとなった。

1968年 21歳のころ

続く“Wärst du doch in Düsseldorf geblieben”を、名前の改められた1968年のコンテスト『Schlager-Wettbewerb』でパフォーマンスし、スウェーデンのシュー・マルムクヴィスト(Siw Malmkvist)に続く、2位となった。

この順位はフランスのイエイエガール、フランス・ギャル(France Gall)やドイツのイエイエガール、レナーテ・カーン(Renate Kern)を上回るものだった。

1960年代にさらに2枚のヒット、バグパイプのサウンド効果で完成された“Jeder Schotte”と、“Seine Hoheit der Herr Kronprinz”を発売した。これはどちらもシュラガーの性質を保っている。

ドース・コロはその後も数十年間、歌とパフォーマンスを特に故郷のデンマークで続けた。

出典:Ready Steady Girls

ドース・コロ(Dorthe Kollo)について【デンマーク歌手】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ドース・コロ(Dorthe Kollo)のディスコグラフィ

ドース・コロ(Dorthe Kollo)のシングル(EP)

  1. Min Piphans / Lillegut ‎(7″)  1957
  2. Åh, Det Er Søndag ‎(7″, EP) 1960
  3. En Sørgelig Film / Færdig Med Dig ‎(7″, Single, Mono) 1961
  4. Soft Ice / Hvis Jeg Ku’ Få Lov ‎(7″, Single) 1961
  5. Jeg Er Så Fløjtende Glad / Renato ‎(7″) 1962
  6. Hva’ Hvis Johnny Si’r Nej? / Hva’ Mæ’ Mig? 1963
  7. Mondschein-Caballero ‎(7″, Single) 1963
  8. Eine Menge Verehrer ‎(7″, Single) 1963
  9. Du Ta’r Gas På Det Hele ‎(7″, Single) 1963
  10. Junger Mann Mit Roten Rosen ‎(7″, Single)  1964
  11. Junge Liebe / Rot Ist Die Liebe ‎(7″, Single) 1964
  12. Don Gaspar ‎(7″, Single, Mono)  1964
  13. 17 År Og Forelsket / Du Er Næsten Nitten ‎(7″, Single) 1965
  14. Blondes Haar Am Paletot / Eine Schwalbe Macht Noch Keinen Sommer ‎(7″) 1965
  15. Lass Doch Die Alten Geschichten / Dip-Di-Dip (Du Passt Gut Zu Mir) ‎(7″, Mono)  1965
  16. Dorthe Kollo, Bertrand Bech’s Kor Og Orkester – Sådan Er Du ‎(7″, Single, Mono)  1966
  17. Glück Und Glas / Darauf Fall’ Ich Nicht Rein ‎(7″, Single) 1966
  18. Heut Hab Ich Mein Herz Verloren / Sowas Kann Man Nicht Vergessen ‎(7″, Single, Mono)  1966
  19. Playboy / Herlige Søndag ‎(7″, Single) 1966
  20. Dorthe & Johnny – To På Kvisten ‎(7″, Single) 1967
  21. Sein Wahres Gesicht ‎(7″, Single, Mono) 1967
  22. Frag Jedes Mädchen / Du ‎(7″, Single)  1967
  23. Wärst Du Doch In Düsseldorf Geblieben 1968
  24. Jeder Schotte 1968
  25. Sind Sie Der Graf Von Luxemburg? / Was Ist Bloß Mit Dem Torero Los? 1968
  26. Gid Du Var I Skanderborg / Undskyld Hr. Betjent 1968
  27. Skotterne I Skotland / Alle Drenge ‎(7″, Single) 1968
  28. Johnny & Dorthe – Jeg Vil Aldrig Glemme Dig ‎(7″, Single) 1968
  29. Er De Greven Fra Luxemburg / Jeg Har Forelsket Mig Vildt ‎(7″, Single) 1968
  30. Seine Hoheit Der Herr Kronprinz 1969
  31. Dorthe / Alexandra (7) / Vicky* / Manfred Mann – Aktuelle Hits 1969
  32. Ein Ganz Schlauer War Herr Schopenhauer 1969
  33. Det Er I Vor Ungdoms Fagreste Vår 1969
  34. Skottarna I Skottland ‎(7″)  1969
  35. Det Er I Vor Ungdoms Fagreste Vår ‎(7″, Single, Mono, Gre) 1969
  36. Dorthe & Johnny – Du Er No’et For Mig ‎(7″, Single) 1969
  37. Ein Rosaroter Apfelbaum 1970
  38. Ding-dong, Der Er Bryllupsklokker! / Bag Harlekins Maske ‎(7″, Single) 1970
  39. Dorthe & Johnny – Vi Skal Leve Sammen ‎(7″, Single) 1970
  40. Flyv Op Og Be’ om Bedre Vejr ‎(7″, Single) 1970
  41. Velkommen Til Verden 1971
  42. Mini Hot Pants / Unser Wiedersehen Heißt Liebe 1971
  43. Heut Oder Nie / Es Ist Alles Okay ‎(7″, Single) 1971
  44. Chili-Pfeffer ‎(7″, Single) 1971
  45. Du Bringst Sonne In Mein Herz (Love Sweet Love) ‎(7″, Single) 1972
  46. Vi Er Allesammen Børn ‎(7″, Single) 1972
  47. Er War Student In Heidelberg 1974
  48. Wenn Du Mich Liebst, Dann Komm Zu Mir ‎(7″, Single)  1974
  49. Cumbaya Cumbayon 1975
  50. Doch Dann Kamst Ausgerechnet Du ‎(7″, Single) 1975
  51. Tobago-Helloh ‎(7″, Single) 1976
  52. Mein Gott, Das Dauert ‎(7″, Single)   1977
  53. Lieder Im Wind ‎(7″, Single)  1977
  54. Auch Ein Baum Fällt Mal Um / Ein Clown Mit Roten Ohren ‎(7″, Single) 1978
  55. Und Dann War Es Liebe ‎(7″, Single)  1978
  56. Papa Pinguin 1980
  57. Bei Nacht / Gemeinsam Sind Wir Stärker ‎(7″, Single) 1982
  58. Herzklopfen 1987
  59. Trine & Moonlighters / Dorthe Kollo & Johnny Reimar – Danse I Måneskin / Sig Mig Hva’ Du Ude På? ‎(7″) 1987
  60. Du Ka’ Gør’ Hva’ Du Vil ‎(7″, Single)  1988
  61. Spanische Nacht ‎(7″, Single) 1990
  62. Heimat Ist Nicht Bloß Ein Wort / Der Mond Über Dem Deich ‎(7″, Single)  1991

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

ギッテ(Gitte)について【デンマーク】

ギッテ(Gitte)について【デンマーク】