Marie Rottrová – To mám tak ráda(第2弾編集盤)

Marie Rottrová - To mám tak ráda
評価投稿数: 0
0

マリエ・ロトロヴァー (Marie Rottrová)の初CD化の楽曲を含む第2弾編集アルバム『とても好き(To mám tak ráda)』。

2枚目のマリエ・ロトロヴァー記念コレクション『とても好き(To mám tak ráda)』も、前回の初めてのCD化となった第1弾編集盤『恋しい人よ、雨の匂いがする(Lásko voníš deštěm)』と同じような形式で作られている。

今回のアルバムの曲は、前回よりも、様々な時代の曲が入り混じっている。

ランダムに、時代を無視て、1970年から1983年の曲を並べている。多くの曲は、先に発売されたシングル曲か、LPアルバム『周りを歩く人たち(Ty, kdo jdeš kolem)』(1979)や、『Rhythm &Romance』(1977)や『12×マリエ・ロトロヴァー(12x Marie Rottrová)』(1985)から抜き出された曲たちだ。

ソウルミュージックのレパートリーと並んで(少しではあるが)、“たった一週間(Mít pouhej tejden)”※

※このアルバムではカレル・ゴット(K. Gottem)とのデュエット

“恐怖の小屋(Bouda Na horroru)”や“私に聴かせて(Hrej mi)”というシャンソン曲たちが、アルバムを印象づけている。

大ヒット曲である“とても好き(To mám tak ráda)”や“真夜中の砂浜(Půlnoční pláž)”というG・ベツァウド( G. Becaud)の曲や、“教えて、何処に花は咲いているの(Řekni, kde ty kytky jsou)”など、全てイジナ・フィケイノヴァー(Jiřina Fikejzová)によって丁寧な歌詞がつけられていて、とても素晴らしい曲になっている。

外国から入ってきたシャンソン曲と共に、元々は1977年にアルバム『高速道路を歩く(Pěšky po dálnici)』のために作られた曲、ヤロスラフ・ウィクレント(Jaroslav Wykrent)の“周りを歩く人たち(Ty, kdo jdeš kolem)”を歌ったことで、マリエ・ロトロヴァーがシャンソンを歌える歌手であることが証明された。

彼女が信頼を置いていた作曲家「ヤロスラフ・ウィクレント」は、他にも“シャギーで、足が長い(Střapatá, nohatá)”や“有難う、アンデルセンさん(Díky pane Andersen)”や“手の平の傷(Jizva na dlani)”“何でもない(To nic)”などの曲も作り、それらも、この編集盤にも収録されている。

元は外国のポップ曲である、“あなたと(S tebou)”や“幸せ(Štěstí)”も、彼女が歌ってヒットした。

アルバムのハイライトは、上に書いたように“とても好き(To mám tak ráda)”や、1982年に「ブラチスラヴァの竪琴(Bratislavská lyra)※1」のためにイージー・ズモジェク(Jiří Zmožek)とズデニェク・ボロヴェツ(Zdeněk Borovec)が作り、その後大ヒットした“その車はもう行った(Ten vůz už jel)”という曲らである。

当時、これらの曲は、全く賞を受けなかったのだが、マリエ・ロトロヴァー は、コンサートプログラムにいれたり、20年もの間、チェコで人気を誇っていたピアニスト、P.フレウンド(P. Freund)とのリサイタルにも使うくらい、この曲らは人気があったのだ。

2曲とも、歌詞はどちらかというと悲観的で、悲しみに溢れているのだが、最後には前向きな結論を出す内容になっていて、聴き終わると、リスナーの心を潤わせてくれる。

(…ここであなたは私を苦しめない、誰が知っているの 私がこんなにあなたを好きなことを…; …その車は、幸せだった、私のもとへ帰ってくる…)

19曲入ったこのアルバムは、外国のパウル・シモン(Paul Simon)の曲に、再びチェコの偉大な作詞家イジナ・フィケイノヴァーが歌詞を付けた“時が経っても変わっていない(Jak málo někdy zmůže čas)” で締めくくられている。

この題名のように、まさに、マリエ・ロトロヴァー の曲の美しさは、25年経った今でも保たれている。

※1 Bratislavská lyra(ブラチスラヴァの竪琴) 

ブラチスラヴァの竪琴とは、1966年から1989年の間、毎年スロヴァキアの首都ブラチスラヴァで開かれていた、チェコとスロヴァキアでその年に一番人気のあった曲を選ぶ祭典である。

出典:marierottrova.cz

【曲目】

  1. “とても好き(To mám tak ráda)”
  2. “私の物をあげる(Co mám, to dám)”
  3. “シャギーで、足が長い(Střapatá, nohatá)”
  4. “たった一週間(Mít pouhej tejden)”
  5. “教えて、何処に花は咲いているの(Řekni, kde ty kytky jsou)”
  6. “恋には羽がある(Láska křídla má)”
  7. “どこにいるの(Kde jsi)”
  8. “幸せ(Štěstí )”
  9. “胡桃の殻(Skořápky ořechů)”
  10. “真夜中の浜辺(Půlnoční pláž)”
  11. “恐怖の小屋(Bouda na horroru)”
  12. “有難う、アンデルセンさん(Díky, pane Andersen)”
  13. “手の平の傷(Jizva na dlani)”
  14. “周りを歩く人たち(Ty, kdo jdeš kolem )”
  15. “何でもない(To nic)”
  16. “その車はもう行った(Ten vůz už jel)”
  17. “私に聴かせて(Hrej mi)”
  18. “時が経っても変わっていない(Jak málo někdy zmůže čas)”

Marie Rottrová – To mám tak ráda(第2弾編集盤)の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1979 Marie Rottrová - 周りを歩く人たち( Ty, kdo jdeš kolem)

1979 Marie Rottrová - 周りを歩く人たち( Ty, kdo ...

1970 Golden Kids - Golden Kids 1

1970 Golden Kids - Golden Kids 1

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について

ヤルミラ・ヴェセラー(Jarmila Veselá)について【チェコソロバキア】

ヤルミラ・ヴェセラー(Jarmila Veselá)について【チェコソロバキア】

1969 Golden Kids - Micro Magic Circus

1969 Golden Kids - Micro Magic Circus

Marie Rottrová - Čas Pro Mou Lásku

Marie Rottrová - 私の恋の時間(Čas pro mou lásk...