1970 Golden Kids – Golden Kids 1

1970 Golden Kids - Golden Kids 1
評価投稿数: 0
0

スタートリオ『ゴールデンキッズ(Golden Kids)』の次なるアルバムは、第一弾のアルバムが『Music box no.1』という題名だったことからして、次にだされることが準備されていたと考えられる。

曲は、全て、既にシングルとして世に出ていたが、60年代終わりの時代は、大半のアーティストはこういう方法を取っていたし、特別な事ではなかった。

1997年のCDの復刻版は、⑫“時間は変化する(Časy se mění)”⑬”Bungallow bill”や、4つのドイツ語で歌われた曲がボーナストラックとして収録されている。

“Bam bam biri biri bam”という題で1枚目のアルバムにも入っていた アンゲロ・ミハエル(Angelo Michajl)作⑱“ネアンデルタール人の歌(Píseň pračlověka)”も、含めドキュメンタリー性のある曲たちもあらたにレアリティとして収録曲に加わった。

ゴールデン・キッズと1969年について

彼らは短い活動期間で、2つのLPとシングルを出したが、どれだけゴールデン・キッズが一曲一曲に力を注いていたか、それはCDのライナーノーツにも記載されている。

今まで、彼らのコンサート映像が一枚もDVDとして出されていないのが、非常に残念である。もし、コンサート記録が残っているならの話ではあるのだが…

ゴールデン・キッズのメンバーの振り付けは、とても見ていて楽しい。“貴族(Šlechtici)”のMVクリップを見て欲しい。なんて可愛らしいことか。

このLPは、『Music boxu no. 1』のようにコンサート曲は入っていないのだが、これもチェコの初期ポップミュージックとして貴重な資料である。

バハラフ/ダヴィド(Bacharach/David)が作った④“どうして誰も私を好いてくれない(Proč mě nikdo nemá rád)”は、90年代に、イロナ・ツカーロヴァー(Ilona Csáková)が歌い、思い出させてくれた。

ヘレナ・ヴォンドラーチコヴァー(Helena Vondráčková)は、その歌の中で、彼女の一番の歌声を見せた。そして、⑧“小さなプリンス、君のバラはどうした(Malý princi, co s tvou růží) =A flower in my garden”をカバーして、その美しい声で、実力を示した。

両方とも、外国の歌を訳すプロであったズデニェク・ボロヴェツ(Zdeněk Borovec)が歌詞を付けた。

ゴールデン・キッズのLPは、全てヨゼフ・ヴォブルバ(Josef Vobruba )のオーケストラが手掛けていた。曲作りを仕切ってたボフスラヴァ・オンドラーチェク(Bohuslav Ondráček)は、たった2度しか自分では曲を作っていないが、彼の軽い感じのアレンジは、LPの全ての曲に通じている。

ここにある4曲で、マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)は、彼女の素晴らしい才能を見せた。

③“長い意地の悪い断食(Zlý dlouhý půst)”と⑥“期待しているのは君だけじゃない(Nejsi sám, kdo doufá)”という チェコ人の魂が最もこもった2曲は、イージー・ブラベツ(Jiří Brabec)の作った2曲と同じく、宝のような曲である。

ヴァシェク・ネチカージ(Vašek Neckář)は、楽しくて明るい2曲に加え、自分でも作詞し、オタ・ペトジナ(Ota Petřina)の作曲で、⑪“ノーチラス(Nautilus)”という曲を作った。

この曲は、彼の今後の曲の方向性を示していた。

1971年に作られた彼のアルバム『世の名声と、草原の草(Světská sláva, polní tráva)』でそれは明るみに出てきた。

1970年1月27日、あるコンサート会場で、チェコポップミュージックの大きなひと時代が終わった。この日が、ゴールデン・キッズの最後のコンサートの日だった。(アルバム『Music box. no. 2』が既に作り始められていた)

この日、私たちに最も親しみがあり、最も偉大であった歌手「マルタ・クビショバー」も、コンサート会場から、長い間姿を消すことになった。

悪意あるポルノ写真が並んだ「不名誉な事件」の後、この正常化時代の空気の中では、これ以上歌手生活を続けることはできなかった。

音楽の検閲は、1970年には一つの部門における物だったが、その後、チェコスロヴァキアの全ての文化活動に及んだ。

これは、60年代終わりに発達したチェコのビッグビートの、事実上の消滅を意味した。

作詞家や作曲家のトップは、悪い環境に置かれ、チェコのポップミュージックの暗黒時代となった。多くの曲が捨てられ、才能ある歌手も世に出ることはなかった。マルタ・クビショバーと同じように。

出典:cabik

【曲目】

1. Svět Je Místo K Radování
2. Horoskop
3. Zlý Dlouhý Půst
4. Proč Mě Nikdo Nemá Rád
5. Šel Sen Kolem Nás
6. Nejsi Sám, Kdo Doufá
7. Chci Právo Trubky Mít
8. Malý Princi, Co S Tvou Růží
9. Atlantis
10. Strejček Charlie
11. Nautilus

Bonusy
12. Časy Se Mění (Verze 2)
13. Bungalow Bill

Rarity
14. No
15. Was Vorbei Ist, Das Ist Vorbei
16. Wo Ist Der Clown
17. Wir Leben Mit Den Sonnenschein
18. Píseň Pračlověka (Bam-Bam-Biri-Biri-Bam)
19. Časy Se Mění (Verze 1)

1970 Golden Kids – Golden Kids 1の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 Golden Kids – Golden Kids 1のメンバー

Václav Neckář – Vocals
Helena Vondráčková – Vocals
Marta Kubišová – Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969 Golden Kids - Micro Magic Circus

1969 Golden Kids - Micro Magic Circus

Flamingo

マリエ・ロトロヴァー(Marie Rottrová)とフラミンゴ(Flaming...

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)について【チェコソロバキア】

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)について【チェコソロバキ...

Marie Rottrová ‎– Všechno Nejlepší

2003 Marie Rottrová - ご多幸を祈ります(Všechno n...

1970 Heleny Vondráčkové - Ostrov Heleny Vondráčkové

1970 Heleny Vondráčkové - Ostrov Heleny ...

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 祈り(Modlitba)シングル集4

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 祈り(Modlitba)...