ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)について【チェコソロバキア】

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)について【チェコソロバキア】
評価投稿数: 0
0

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)の生い立ち

「ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)」は、1951年12月22日に生まれ、幼少期は、ブルノ郊外のポホジェリツェ(Pohořelice)で家族と過ごした。

7歳の時に、家族でオストラバ(Ostrava)に引っ越し、音楽を始めたのは6歳の頃で、バイオリンを習い始めた。

その後、数人の友達と一緒に、キャンプでひくギターに憧れる。

1966年 16歳のとき

16歳の時に、ヴェラ・シュピナロヴァーに最初のチャンスがやって来た。

バンド『フラミンゴ(Flamingo)』で歌わないかと誘われ、その後、定期的に出演しロイヤル・ビート(Royal Beat)で歌った曲“お茶(čaje)”や、曲“Music Box”は、その後すぐにヒットした。

後に、バンド「マイェスチク(Majestic)」に移り、そこでマリエ・ロトロヴァー(Marie Rottrová)と交代で歌った。

1970年代 その後…

このバンド「マイェスチク」で、彼女は最初のシングル『Music Box』を出し、当時のチェコのポップミュージック界でスターの仲間入りをした。

ここで初めて、彼女の将来のパートナーとなるイボ・パヴリーク(Ivo Pavlík)と出会い、1972年に結婚した。

1974年12月14日に、彼女の愛する息子アダム(Adam)が生まれた。1984年に結婚生活は終わったが、ヴィーケジュスラフ・ヴァーブラ(Vítězslav Vávra)と再婚。この頃、ヴェラは、グループ、スペチアール(Speciál)で活動を開始した。

1988年、スペチアールを去り、今度はグループ、マインド(Notabene)に入った。

ミュージカル『ベンジーン(Benzín)』、メイクアップや、氷のパフォーマンス『霜(Mrazík)』に出演した。そしてその頃に、ヴァーブラと離婚。

コンサートには、息子のアダムが自分のグループを引き連れて参加するようになり、ヴァーツラフ・フィシャ(Václav Fischer)がマネージャーとなった。

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)のソロ活動

ヴェラ・シュピナロヴァーの最初のアルバムは『アンドロメダ(Andromeda)』で、パントン社(Panton)から1972年に出た。

その次のアルバムは、スプラフォン社(Supraphon)から発売。

数年前の12月に、彼女はゾフィーナ(Žofína)でコンサートを開催し、チケットは完売、そしてその会場で、前年に国内で一番売れたレコードを発売したアーチストに渡される、プラチナデスク賞も受賞。

「お分かりでしょうが、私は、このコンサートの前に、とてもナーバスでした。どれだけお客さんが来てくれるかも分かりませんでした。そして私は自分に言いました。私はここで何をしているの?この壇上では、カレル・ゴット(Karel Gott)やヘレナ・ヴォンドラーチコヴァー(Helena Vondráčková)が歌っている…そして、私は公演中に聴衆の皆さんの方を向いて、お教えしなくてはいけなかった。私も同じく、40年も歌い続けてきたのと。」

と、多くのオペラソリストが妬むほどの、今も美しいその声で、彼女は微笑みながら言った。

ヴェラ・シュピナロヴァーは、自分のプライバシーを公開したがらなかった。

それは、以前、タブロイド紙に何度か傷つけられたからだ。ヴェラ・シュピナロヴァーは、チェコのポップロックにおける、一番素晴らしく、一番印象的な個性の持ち主の一人だ。多くの賞を受賞しただけではなく、過去10年間に、一番売り上げが良かったチェコのアーチスト5人に渡される、ゴールド、プラチナデスク賞も受賞。

彼女の独特の声、生き生きした、重要なコンサートでの演出、彼女は、チェコスロヴァキアで最も人気のある歌手として、長年に渡って活躍し続けた。

コンサートは、年中開催され、チケットはいつも売り切れである。“流星愛(Meteor lásky)”、“Music box”、“ホワイトジャワ250(Bílá jawa 250)”火星へロケットで(Raketou na Mars)そして、“私を好きでいて(Měj mě rád)”など、常に美しいヒット曲を飛ばした。一番のヒット曲は、昔の曲ではあるが、映画『昔々、西の国では(Tenkrát na západě)』に使われた、“いつの日か、あなたは戻って来る(Jednoho dne se vrátíš)”だ。

彼女がどれだけ信頼されていたかということは、誰も自分のコンサートに、オープニングアクトにすら招待しないジョー・コッカー(Joe Cocker)が、2007年の自分のコンサートに、ヴェラ・シュピナロヴァーを招いた事で分かる。

彼女は、オストラヴァのコンサートに、ゲストとして招かれた。チェコのロックとポップ界で常に求められ、その独特な声、コンサートにおける活動的で重要な演出力で、今も人気が衰えない歌手の一人である。

出典:spinarova.cz

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)について【チェコソロバキア】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)のディスコグラフィ

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)のアルバム(LP)

ヴェラ・シュピナロヴァー(Věra Špinarová)のアルバム(LP)
  1. Andromeda  1972
  2. Životopis ‎(LP, Album)  1976
  3. 3 ‎(LP, Album)  1979
  4. Hard Rockin’ Heart   1981
  5. Meteor Lásky  1982
  6. Stíny Výsluní  1984
  7. Věra Špinarová & Special – 85 ‎(LP, Album)   1985
  8. Věra Špinarová & Special – 7 ‎(LP, Album) 1987
  9. …A Pořád Tě Mám Ráda ‎(CD, Album)   1993
  10. Já Si Broukám ‎(CD, Album)  1994
  11. Za Vše Můžu Já  2001 „Když Se Láskám Stýská”     1996
  12. Čas Můj Za To Stál ‎(CD, Album)   2005
  13. Věra Špinarová & Adam Pavlík Band – Největší Hity LIVE ‎(CD + DVD-V)  2009
  14. Petra Janů, Věra Špinarová – LIVE V Lucerně ‎(CD, Album + DVD-V)  2015

 

 

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Marie Rottrová - To mám tak ráda

Marie Rottrová - To mám tak ráda(第2弾編集盤)

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 祈り(Modlitba)シングル集4

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 祈り(Modlitba)...

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- シングル集1(Singly 1)

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- シングル集1(Singl...

1968~1970 Václav Neckář & Golden Kids ‎– Motejl Modrejl

1968~1970 Václav Neckář & Golden Kids ‎–...

1968~1969 Helena Vondráčková - To se nikdo nedoví

1968~1969 Helena Vondráčková - To se nik...