ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)について【チェコソロバキア】

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)について【チェコソロバキ】
評価投稿数: 0
0

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)のバイオグアフィ

「ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)」は、1949年12月25日生まれのチェコソロバキア、ムラダー・ボレスラフ出身の女性歌手。

1967~1969年 17歳~19歳のころ

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーは、地元ムラダー・ボレスラフで看護を学ぶ高校を卒業後、歌手になるために、プラハの音楽院(Lidová konzervator)に入学。

その間に、劇場セマフォル(Semafor)に入団することに成功し、1968年に歌手として出演した。

劇場セマフォルの当時の2つのグループで、それぞれ彼女は歌手としての少し違う部分を見せた。バンド「スヒー(Suchý)」とバンド「シュリトル(Šlitr)」のグループでの仕事では、彼らの作った曲(彼女との最後の曲となったイジー・シュリトル(Jiří Šlitr)の曲“キスして(Líbej mne)”など)を歌い、「シメク(Šimek)」と「グロスマン(Grossmann)」のグループでは、イジー・グロスマン(Jiří Grossmann)が外国の曲のメロディーに、機知に富んだコミカルな歌詞を付けた曲を歌った。

1970~1972年 20歳~22歳のころ

1970年代の初め、ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーは、チェコのフェスティバル『ギェチンスカーの錨(Děčínská kotva)』や『ブラチスラヴァの竪琴(Bratislavská lyra)』で評価を得て、1972年にはポーランドの『ジャーナリスト賞(Cena novinář)』をソポト(Sopot)のフェスティバルで受賞した。

彼女の一番のヒット曲と言って思い出すのは、イジー・グロスマンとのデュエット(“Gimmi det ding”、“プパーンコフの愛の歌( Pupákova píseň lásky)”)、タイトルだけ書くと、“バレリーナ レンカ(Baletka Lenka)”、“青空の下で(Pod modrou oblohou)、“チバにバーはある( V Čibu je bál)” それに、“笑いは薬(Úsměv je lék)”がある。

劇場セマフォルでの人気は、チェコスロヴァキア放送での人気に繋がっていて、ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーの人気はあがった。

1970年代前半には、彼女は『金のうぐいす(Zlatý slavík)』のアンケート調査で、確固たる地位を確立していた。スプラフォン(Supraphon)社は、シングルだけでなく、LPデスク2枚(『ミルシュカ・ヴォボルニーコヴァー(Miluška Voborníková)』(1972);『接触(Doteky)』(1976))も出した。

歌手としてだけでなく、ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーは時々、女優としてカメラの前に立つこともあった。

今ではもう忘れられてしまったが、心理映画だった『私は空(JSEM NEBE)』(1970)、脇役ではあったが、有名なコメディー『オフサイドの女たち(ŽENY V OFSAJDU)』(1971)、それと『時計屋のサンゴの海へのハネムーン(HODINÁŘOVA SVATEBNÍ CESTA KORÁLOVÝM MOŘEM)』(1980)、大チャンスだったテレビドラマへの出演『道のライオン(LEV V ULICÍCH)』(1972)、そこで彼女はヴラジミール・メンシーク(Vladimír Menšík)とも共演した。

映画『メトラーチェク(METRÁČEK)』(1971)では、彼女は“隠された美(Krása skrývaná)”という曲を歌い、見た人の記憶に残った。

1970年代 その後…

1972年には、ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーは、歌手のペトル・スパーレニー(Petr Spálený)や彼のグループ、アポロビート(Apollobeat)で活動し始めた。

最初に、デュエット“夢に見る(Mně se zdá)” (1972)を歌い、劇場セマフォルでも一緒に舞台に立った。

そして翌年、ミルシェ・ヴォボルニーコヴァーは、スパーレニーの2番目の妻(再婚)となった。

1990年から、彼女は、イジー・グロスマンの劇団のメンバーになり、ミュージカル『ロミオとジュリエット、おばあさん(Romeo a Julie, Babička)』など幅広く活動し、今日まで、夫のペトル・スパーレニーのコンサートに時々出演している。

出典:fdb.cz

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)について【チェコソロバキア】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)のディスコグラフィ

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)のシングル(EP)

ミルシェ・ヴォボルニーコヴァー(Miluše Voborníková)のシングル(EP)
  1. Semafor – Zuzana Buriánová / Miluše Voborníková A Jiří Grossmann – Co Jsem Všechno Ztratila / Pupákova Píseň Lásky ‎(7″, Mono)   1969
  2. Semafor – Zuzana Buriánová / Miluše Voborníková A Jiří Grossmann – Co Jsem Všechno Ztratila / Pupákova Píseň Lásky ‎(7″, Mono)  1969
  3. Já Tančím Před Tvými Dveřmi (I Am Gonna Love You Too) / Gimi Det Ding (Gimme Dat Ding) 1970
  4. Líbej Mne Víc / Svatba ‎(7″, Mono)  1970
  5. Miluše Voborníková / Aleš Ulm – Prej V Létě / Černej Les ‎(7″, Mono)  1970
  6. V Čibu Je Bál / Ptačí Styl   1971
  7. Pane Maharadža / Báječné Ráno ‎(7″, Mono)  1971
  8. Tak Se Hochu Dobře Měj / Zavolej ‎(7″, Mono)   1971
  9. Baletka Lenka / Laura ‎(7″)   1971
  10. Pod Modrou Oblohou / Staré Říční Proudy  1972
  11. Mně Se Zdá / Hej, Člověče, Nechoď Dál  1972
  12. Pláč / Přicházím, Odcházím Škvírou 1972
  13. Rozmarýn / Ten Nejmilejší  1972
  14. Čerta Na Zeď Nemaluj / Daj, Daj ‎(7″, Mono)  1972
  15. Já Nosím Vodu Pouštím / Spinkej, Děťátko Malý ‎(7″)  1972
  16. Kdo Má Smůlu / Ráda Mám Ráno Probuzené ‎(7″, Mono)  1972
  17. Láska Není Ring / Slimáci ‎(7″)   1973
  18. Petr Spálený, Miluše Voborníková – Bílá Víla ● Rád Ti Dám Svůj Šál ‎(7″, Mono)  1973
  19. Dobře, Že Tě Mámo Mám / Jako Královně Páže ‎(7″, Mono) Supraphon 0 43 1547 1973 M. Voborníková* / J. Robbová* – Haló, Pane Hajný / Strašáček ‎(7″, Mono)   1973
  20. Miluše Voborníková, Petr Spálený – Vychládá Nám Čaj / To Je Dávno ‎(7″, Mono)  1973
  21. Waterloo / Úsměv ‎(7″) Supraphon 0 43 1731 1974 Já A Honza A Honzův Brácha / Měj Mě Rád ‎(7″) 1974
  22. Waikiki Znám ● Vstávám  2 versions Supraphon 1976 Dřív Se Sny Rozplynou / Nepovídej ‎(7″)  1978
  23. Co Se Skrývá Za Tou Duhou / Můj Hlas Má Barvu Ponurou ‎(7″)  1979
  24. Až Se Jednou Budu Vdávat / Cirkus ‎(7″) 1979
  25. Dej Mi Lásku • Tvou Hru Nechci Hrát ‎(7″)  1981

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová) - 鐘が鳴るままに(Nechte zvony znít)シングル集2

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 鐘が鳴るままに(Nech...

1970 Heleny Vondráčkové - Ostrov Heleny Vondráčkové

1970 Heleny Vondráčkové - Ostrov Heleny ...

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 私に少し草原を分けて(Dejte mi kousek louky)シングル集3

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 私に少し草原を分けて(D...

2001 Marie Rottrová - 見て(Podívej)

2001 Marie Rottrová - 見て(Podívej)

マリエ・ロトロヴァー(Marie Rottorová)について【チェコソロバキア】

マリエ・ロトロヴァー(Marie Rottorová)について【チェコソロバキア...

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- タイガーブルース(Tajga blues)シングル集5

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- タイガーブルース(Taj...