ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)について
評価投稿数: 0
0

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)は、本名はナギェジュダ・バラバーノヴァー(Naděžda Balabánová)、1939年6月30日生まれである。

1957年には、看護師の資格も取っている。

しかし、学校を卒業した後、歌手と女優になる夢を叶えるために動き出した。

1959年、パルドドゥビツェ(Parduvice)の劇場で、デビュー。

その後、ラテルナ マギカ(Laterna Magika)という劇場で、ホフマン(Hoffmann)の物語の制作に携わり、1964年にはヤーン・ロハーチ(Ján Roháč)監督の指導で、『もし千本のクラリネットがあったら(Kdyby tisíc klarinetů)』の制作にも関わり、そして、劇場セマフォル(Semafor)にも入った。

彼女の歌手としての才能は、イージー・ブラフツェ( Jiří Brabce)やスカーラ(Skála)のいるカントリービート(Country Beat)と歌った“なぜか悲しい(Já záhadou se trápím)”や、イージー・グロスマン(Jiří Grossmann)とデゥエットした“私の大事な人(Drahý můj)”の最初のレコーディングでは、既に注目を集めていた。(全て1969年)

1973年、ウェンブリーで開かれたカントリーミュージックのコンサートで、彼女はイギリスの人々の前で初めてカントリービート(バンド名)と共に歌った。そして、一年後には、アメリカのナッシュビルでもその歌声を披露した。

その後の数年間、フデブニー ジバドロ カルリーン(Hudební divadlo Karlín)という音楽劇場で、V.ヒブシュ(V. Hybš)の率いるオーケストラと共演していたが、1983年、カントリービート(バンド)との活動に戻った。

アルバム『ナギャ(Naďa)』は、彼女の昔のヒット曲である、“天国に行くのを知っている(Vím, že přijdu do nebe )”や“私たちの周りを走っていた男の子(Ten kluk, co jezdil kolem nás)” なども新しいバージョンにして収録されている。

出典:Osobnosti.cz

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)のディスコグラフィ

1973年
24 hodin s Naďou Urbánkovou – LP

24 hodin s Naďou Urbánkovou – LP

1975年
CB Jiřího Brabce & Naďa LP

CB Jiřího Brabce & Naďa LP

1980年
Naďa Urbánková ‎– Naďa

Naďa – LP

1984年
Naďa Urbánková, Jiří Brabec & Country Beat ‎– Naďa

Naďa Urbánková, Jiří Brabec & Country Beat ‎– Naďa LP

2001年
Naďa Urbánková & Country Beat Jiřího Brabce ‎– Zlaté Hity

Naďa Urbánková & Country Beat Jiřího Brabce ‎– Zlaté Hity CD

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)の出演作品

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)の出演作品
1969-1960年

– 『糸の上のヒバリ(Skřivánci na niti)』 (1969) …. レンカ(Lenka)役
– 『独身男性のペンション(Pension pro svobodné pány)』 (1967) …. ダーマ(dáma)役
– 『アルフォンス カラーセクの7人の女(Sedm žen Alfonse Karáska)』 (1967) (TV) …. その他役
– 『厳重に監視された列車(Ostře sledované vlaky)』 (1966) …. ビクトリア・フレイエ(Viktoria Freie)役
– 『女子高の泥棒(Zločin v dívčí škole)』 (1965) …. 2. 『どのように女性はふろに入るか(Jak se koupe žena)』 – アレナ(Alena)役
– 『もし千本のクラリネットがあったら(Kdyby tisíc klarinetů)』 (1964) …. 養女役

1979-1970年

– 『時計職人のサンゴの海への新婚旅行(Hodinářova svatební cesta korálovým mořem)』 (1979) …. 歌手役
– 『人里離れた林の中(Na samotě u lesa)』 (1976) …. ズボノバー(Zvonová)役
– 『1コロナのロマンス(Romance za korunu)』 (1975) …. 本人役』
– 『ルシエと奇跡(Lucie a zázraky)』 (1970) …. ペトラ(Petra)役
– 『ラドゥーズとマフレナ(Radúz a Mahulena)』 (1970) (TV) …. マフレナの姉妹役

1989-1980年

– 『ありえない(Nemožná)』(1987年)…. 歌手役

1998年

『PERPLEXが16ミリメートルだった時(Když bylo PERPLEXU 16 milimetrů)』(1998年)…. 本人役

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)の番組での歌唱

ナギャ・ウルバーンコヴァー(Naďa Urbánková)の番組での歌唱

1969-1960年
– 『黒い一分(Čierna minúta)』 (1969)
– 『大人は何でもできる(Dospěláci můžou všechno)』 (1969)
– 『目撃者が夢に見た棺(Rakev ve snu viděti)』 (1968)
– 『ああ、戦争(Ach, ta vojna)』 (1968) (TV)

1979-197年
– 『今年の歌(Písničky roku)』 (1971) (TV)
– 『今年の歌(Písničky roku)』 (1970) (TV)
– 『花嫁(Nevěsta)』 (1970)

1989-1980年
– 『ファンディ、おー ファンディ(Fandy, ó Fandy)』 (1983)

2000年

-『浮き沈み(Vzlety a pády)』 (2000) (TV)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

Marie Rottrová - 千の顔の恋(Tisíc Tváří Lásky)【編集盤】

Marie Rottrová - 千の顔の恋(Tisíc Tváří Lásky...

Marie Rottrová - To mám tak ráda

Marie Rottrová - To mám tak ráda(第2弾編集盤)

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- シングル集1(Singly 1)

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- シングル集1(Singl...

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 私に少し草原を分けて(Dejte mi kousek louky)シングル集3

マルタ・クビショバー(Marta Kubišová)- 私に少し草原を分けて(D...

Marie Rottrová - Lásko, voníš deštěm(初めての編集盤)

Marie Rottrová - Lásko, voníš deštěm(初めて...

Flamingo

マリエ・ロトロヴァー(Marie Rottrová)とフラミンゴ(Flaming...