1974 Martha Reeves – Martha Reeves

1974 Martha Reeves - Martha Reeves
評価投稿数: 0
0

大ヒット曲”Heat Wave”、 “Dancing in the Street”、”Jimmy Mack”を含む23曲のシングルチャートによる見事な活躍の末、マーサ・リーヴス(Martha Reeves)はモータウンとマーサ&ザ・ヴァンデラス(Martha and the Vandellas)を去り、前契約からの引き抜きで起こった訴訟の後、MCAと契約。

1974年のソロデビューシングルは実に期待されたものだった。

プロデューサーであるリチャード・ペリー(Richard Perry)はプロジェクトの監督に名乗り上げ、彼が以前手掛けていたバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)とカーリー・サイモン(Carly Simon)に代わって花を咲かせることを望んでいた。

アルバムタイトルはシンプルに『Martha Reeves』と名付けられ、ホイト・アクストン(Hoyt Axton)、ヴァン・モリソン(Van Morrison)、ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)といった、本人も予期せぬソングライター陣に囲まれ、マーサ・リーヴスそのものの印象を確実に与える印象での出発となった。

確かにペリーのプロダクションスタイルは、モータウン特有のマスター陣とは目を見張るほどに異なっていたが、いずれにしても、マーサやレコード会社が期待するほどに商業的な成功はなく、唯一MCAでレコーディングされた作品となった。つまり、このアルバムは、30年もの間に際立つ存在なのだ。

彼女の声は一貫して素晴らしく、ペリーの作品は幾分抑制されている感じもある。出だしはジミー・クリフの”Many Rivers to Cross”で、マーサとオルガン越しにアヴァロン・コミュニティ合唱団の歌声がピアノ伴奏と共に歌われていて、ただ豪華としか言いようがない。

“Wild Night”はケニス・ギャンブル(Kenneth Gamble)、レオン・ハフ(Leon Huff)、ジョー・サイモン(Joe Simon)作のリチャード・ペリーによるプロデュース。これは、彼女の最初のソロシングルで、ややモータウンの名残りを感じさせる曲だ。管楽器のアレンジと指揮はジェームス・テイラー(James Taylor)で、強めのバックヴォーカルはクライディ・キング(Clydie King)が担当。ミュージシャンはモータウンの天才、ジェームス・ジェマーソン(James Jamerson)、ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)、デニス・コフィ(Dennis Coffey)、ジム・ケルトナー(Jim Keltner)、ディーン・パークス(Dean Parks)などの面々を含む。

実際のところ、このアルバムのビジネスには偉大なミュージシャンたちが登場する。そして、ジョー・サイモン(Joe Simons)の”Power of Love”や、B.B.キング(B.B.King)とグラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス(Gladys Knight and the Pips)も録音した”I Got to Use My Imagination”など、ほとんどの曲が偉大な曲のカバーにより構成されている。“My Man (You Changed My Tune)”でのマーサの声は素晴らしく、また、ホイト・アクストンの”Dixie Highway”は、ゴスペル感もミックスされている。

再リリースされたリミテッド・エディション(限定版)のアルバムには、以前は入手できなかったデビューシングルのB面”Stand by Me”と、ルビー・アンド・ザ・ロマンティックス(Ruby & The Romantics)の”Our Day Will Come”を含むボーナストラックの3曲が入っている。

なにかと見落とされがちな貴重な宝石であるが、モータウンとヴァンデラスファンにとってはごく自然なものだろう。

出典:CLASSIC AND RARE SOUL SISTERS 50S – 70S

【曲目】

1. Wild Night
2. You’ve Got Me For Company
3. Facsimile
4. Ain’t That Peculiar
5. Dixie Highway
6. Power Of Love
7. My Man (You Changed My Tune)
8. Sweet Misery
9. I’ve Got To Use My Imagination
10. Storm In My Soul
11. Many Rivers To Cross

1974 Martha Reeves – Martha Reevesの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969~1970 Bettye LaVette - Take Another Little Piece of My Heart

1969~1970 Bettye LaVette - Take Another ...

Annette Snell

1970~1977 アネット・スネル(Annette Snell)について

1973 Baby Washington & Don Gardner - Lay A Little Lovin' On Me

1973 Baby Washington & Don Gardner - Lay...

Hodges, James & Smith

1973 Hodges, James & Smith - Incredible

1970 Irene Reid - The World Needs What I...

1972 Esther Phillips - Alone Again Naturally

1972 Esther Phillips - Alone Again Natur...