1973 Hodges, James & Smith – Incredible

Hodges, James & Smith
評価投稿数: 0
0

「ホッジス, ジェイムス&スミス(Hodges, James & Smith=HJ&S)」は、かつてモータウンの黄金時代にA&R(アーティスト・アンド・レパートリー)部門でディレクターを務めた、プロデューサー兼ソングライターのウィリアム・ミッキー・スティーヴンソン(William “Mickey” Stevenson)のアイデアから誕生した女性グループだ。

彼女たちは元々、モータウンのアーティストだった、キャロリン(キャロライン)・クロフォード(Carolyn (Caroline) Crawford)の参加で作られたホッジス, ジェイムス, スミス&クロフォード(Hodges, James, Smith & Crawford)として知られていた。

それが後にパット・ホッジス(Pat Hodges)、デニータ・ジェームス(Denita James)、ジェシカ・スミス(Jessica Smith)の三人編成となる。

3人の生まれも育ちも、三者三様だが、メンバーはみんなWMスティーヴンソンによって1つのグループとして抜擢されたのだ。

バレエとタップダンスを学んでいたデニータは、1963年、フリップ(Flip)というレーベルから”I Have Feelings Too”(B面は”Wild Side”)でソロデビューしていた。地元のバンドでクラリネットを演奏した経験を持っているパットは、大学へ進学し学士号を取得した後、キーメン・レコード(Keymen Records)から”Playgirl”(B面は”Surprise Party”)という曲をソロリリースしており、ジェシカはゴスペルの出身である。

WMスティーヴンソンは「ホッジス, ジェイムス&スミス(HJ&S)」に対して大きなビジョンを持ち、彼女たちを一流のトップ・クラブで上演できるまでに育て上げた。

ホッジス, ジェイムス&スミスの方がやや強めのサウンドで、ソウルやR&B色が濃くはあったが、彼女たちみずからかかげるライバルのスプリームス(The Supremes)に引けを取らないほど、豪華なナイトクラブでHJ&Sのステージは敢行された。

ホッジス, ジェイムス&スミスの初めてのシングル曲は、ムピンゴ・レーベル(Mpingo Label)からの”Nobody”(B面は”I’m in Love”)で、キム・ウェストン(Kim Weston)のMGMレコードからのヒット曲のカバーである。

この曲は、後の70年代、20世紀フォックス・レコード(20th Century Records)から発売された彼女たちの2枚目のアルバムで、新たにエディットされている。

ホッジス, ジェイムス&スミスはヨーロッパ諸国でライブを重ね、20世紀フォックス・レコードから初のアルバム『Incredible』を1973年リーリースしたが、アルバムのタイトルのごとく起こった「驚くべきこと」は、かなりの速度でセールスの勢いが萎えたことだった。

かなり出来のいいアルバムだったにも関わらず、まともな評価が受けられなかったのだ。

20世紀フォックス・レコードからリリースされた他のアルバムに、1975年の『Power in Your Love』もあるが、このレコードはあっという間に消え失せてしまったために、ほとんどの人はそのタイトルを思い出せないだろう。

レコーディングでの成功は足りなかったものの、ホッジス, ジェイムス&スミスの情熱はまだ消えていなかった。

それでも彼女たちは地道にライブを続け、1976年、ロンドン・レコード(London Records)と契約する。

移籍後のアルバム『What’s on Your Mind』はややまともなプロモーションと評価を得られたが、それでも驚くほどのセールスには繋がらなかった。

しかし、モータウン系の”Don’t Take Away Your Love”や、サックスと絃楽器が際立つソウルサウンドで6分にも渡るダンスチューン”Since I Fell for You”など、1977年の間にリリースしたいくつかのシングルはかなりの順位にチャートインし、このシングル盤リリースのメドレーに便乗して、“I’m Falling in Love”は7月のR&B部門で24位となった。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

1. Turn The People On
2. I Should Stay
3. Signal Yout Intention
4. Medley: Rock Me Baby / Steamroller
5. Oh
6. Little By Little (Bit By Bit)
7. If You Wanna Love Me
8. Can’t Be Alone
9. You Take My Love For Granted
10. Love Was Just A Word

1973 Hodges, James & Smith – Incredibleの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969~1970 Bettye LaVette - Take Another Little Piece of My Heart

1969~1970 Bettye LaVette - Take Another ...

1970 Della Reese - Black Is Beautifu

1970 Della Reese - Black Is Beautiful

1972 Esther Phillips - Alone Again Naturally

1972 Esther Phillips - Alone Again Natur...

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1971 Esther Phillips - From a Whisper to a Scream

1971 Esther Phillips - From a Whisper to...

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックス時代】

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックス...