1971 Maxine Weldon – Chilly Wind

1971 Maxine Weldon - Chilly Wind
評価投稿数: 0
0

マキシン・ウェルドン(Maxine Weldon)は、ソウル音楽への欲求を持っていたにも関わらず、ブルース、ジャズ、ゴスペル、またはその混合曲を歌っていた。

1971年に「メインストリーム・レコード(Mainstream Records)」からリリースされた彼女の2枚目のアルバム『Chilly Wind』がいい例だ(1枚目は1970年の『Right On』)。

マキシン・ウェルドンの作品を聴くうちに、決して磨かれすぎていないそのクオリティはアーニー・ウィルキンス(Ernie Wilkins)の力あってこそだということがわかった。

それは、70年代初期の「クードゥ・レーベル(Kudu)」におけるエスター・フィリップス(Esther Phillips)のいくつかの作品と似たものがある。

ソウルフルなヴォーカルを先頭に、トランペットをブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)とボビー・ブライアント(Bobby Bryant)が演奏。

テナーとフルートはハドリー・カリマン(Hadley Caliman)とアーニー・ワッツ(Ernie Watts)。トロンボーンをジョージ・ボハノン(George Bohannon)、ギターをフレディ・ロビンソン(Freddy Robinson)、そしてデヴィッド・アクセルロッド(David Axelrod)のドラム奏者だったアール・パーマー(Earl Palmer)などを含む面々がヒップ・ジャズや電子楽器を奏でている。

A面は、A②”I Think It’s Going to Rain Today”やA③”Ain’t Got Nobody”などヘビーなソウルが並ぶ。

変わってB面は、B①”Don’t Make Promises”やジャズ系バラードのB④”I’ll Remember Today”など、少々ポップなグルーヴも感じられる。

また、ニーナ・シモン(Nina Simone)をも揺るがした、B③”I (Who Have Nothing)”のヴォーカルとハモニカのみのバージョンも収められている。

その他の曲には、A①”Chilly Wind”、B⑤”Hey, That’s No Way to Say Goodbye”、A④”Country Son”、A⑤”Fire and Rain”、B②”It Don’t Matter to Me”などがある。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

A1 Chilly Wind
A2 I Think It´s Going To Rain Today
A3 Ain´t Got Nobody
A4 Country Son
A5 Fire And Rain

B1 Don´t Make Promises
B2 It Don´t Matter To Me
B3 I (Who Have Nothing)
B4 I´ll Remember Today
B5 Hey, That´s No Way To Say Goodbye

1971 Maxine Weldon – Chilly Windの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1973 Baby Washington & Don Gardner - Lay A Little Lovin' On Me

1973 Baby Washington & Don Gardner - Lay...

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックス時代】

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックス...

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Way

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Wa...

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemini

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemin...

Hodges, James & Smith

1973 Hodges, James & Smith - Incredible

1970 Della Reese - Black Is Beautifu

1970 Della Reese - Black Is Beautiful